1. トップ
  2. 「ぞっとしない」って、怖いの?怖くないの?どっち?

「ぞっとしない」って、怖いの?怖くないの?どっち?

  • 2019.7.18
  • 3598 views

「怪談話はぞっとしない」と言えば、言った人は怖がりなの?怖がりじゃないの?

「ぞっとしない」って怖いの? 怖くないの?

夏の風物詩でもある、怪談話。怖い話に震え上がることで涼をとる、という発想は日本的でとても風流ですよね。現代俳句協会編『現代俳句歳時記』にも、夏の季語として怪談の定番「百物語」や「幽霊」が載っています。しかし、同じく現代俳句協会のホームページのほうには、「幽霊」は春夏秋冬新年以外の「雑」というジャンルの季語として掲載されており、夏の季語としては扱われていません。

俳句には、このように分類があいまいな季語がしばしば存在するようで、素人が俳句に挑戦しようとしたら、どう扱うべきか迷ってしまいますね(笑)。そこはセンスで、というところなのでしょうか?

しかし、センスでは片づけられないのが、古来から言われてきた「正しい意味」が確固として辞書に載っている日本語です。大人の女性としては、誤用は避けたいですよね?

Shame(残念な)女性でなくRespect(尊敬される)女性でいるために、意味をカン違いしやすい日本語について、いま一度おさらいして参りましょう。

というわけで、クイズです。

【問題1】

「ぞっとしない」という言葉の意味で正しいのは、以下のどちらでしょうか?

1:おそろしくない

2:おもしろくない

「誤用しやすい」という前提を深読みすると、おのずと回答が決まってしまいそうですが(笑)、大切なのはきちんと理解することですよね? 次のページもお付き合いくださいね(笑)。

どちらが正解か…想像はつきますよね?

正解は… 2:おもしろくない です。

こちらは文化庁の平成28年度『国語に関する世論調査』で、正解率がたったの2割強だった設問です。

「ぞっとしない」は、「面白くない。感心しない。」という意味です。

「ぞっとしない」の意味を辞書でひくと、以下のように記載されています。

特に驚いたり感心したりするほどではない。あまり感心しない。いい気持ちがしない。

「ぞっとする」という言葉が、「恐怖を感じる」という意味で使われるので、「ぞっとしない」はその否定形で「怖くない」という意味かとカン違いしてしまいそうですが、実は「面白くない。感心しない」という意味なのです。

ちなみに「ぞっと」という言葉を同じ辞書で調べると、以下の意味が載っています。

(1)恐ろしさで身の毛がよだつさま,極度の恐怖から,からだがふるえあがるような感じのするさまを表す語。

(2)美しいものに出あったりして,強い感動が身内を走り抜けるさまを表す語。

(3)寒さでからだがふるえあがるさまを表す語。

非常にまぎらわしいですが、「ぞっとする」の「ぞっと」は、「ふるえるような」感情を広義に表現するのに対し、「ぞっとしない」という言い回しは、上記の辞書でいうところの(2)の意味だけを強く否定する表現、ということになります。「ぞっと+しない」=強い感動が+ない、という意味になるということですね。この解釈は、ほかの複数の辞書でも同様です。

ですので、タイトルにあるように「怪談話はぞっとしない」と言う人がいたら、その人は「怪談話なんてつまらないものだ」と言っているわけで、その人が怖がりか? 怖がりではないか? という判断は、これだけではできません。

本当につまらないと思っているのか、実は怖がりなので怪談話を避けたくてこういう言い方をしているのかは、「ぞっとしない」という言葉ひとつでは、読み取れないのです。

…というところで、もう一問、クイズです。

【問題2】

「怖(こわ)い」と「恐(こわい)」は、どのような違いがあるでしょうか? 以下の3つの選択肢から選んでください。

1:厳密には意味が違う。

2:片方は実は誤った漢字である。

3:片方だけが常用漢字である。

正解はどれでしょうか? こちらは迷う方も多そうですね?

どちらもよく使用されていますが…?

正解は… 3:片方だけが常用漢字である。 です!

「怖い」は常用漢字で、「恐い」は常用漢字ではありません。

「怖い」だけ常用漢字なのです。

違いはその一点のみで、意味はまったく同じ「恐怖を感じる」です。

「恐い」という表記も日常的に使われてはいますが、常用漢字なのは「怖い」のほうですので、どちらを使うか迷った場合は「怖い」を選択しておくと無難かもしれません。

しかし「怖」と「恐」、漢字一文字の意味となると、少々違ってきます。

どちらの漢字も「こわい=危険を感じて不安になる」という意味は持っていますが、「恐」のほうだけ「つつしむ。かしこまる」という意味も併せ持っているのです。「恐縮する」「恐れ多い」という表現がありますよね?

日本語はとても奥が深いですね。大人の女性として、うっかり間違えると怖い(笑)ですよ!

元記事で読む