周りと差がつく!タイダイ柄ベースのフラワーネイル♡

どちらも人気の高いデザインである、タイダイ柄とフラワー柄。これらを組み合わせると、お洒落度高めで素敵なネイルが完成します。タイダイ柄ベースにフラワー柄を重ねてアートするネイルデザインにはどのようなものがあるのか、さっそく見ていきましょう。セルフでアートしやすいデザインもたくさんありますので、ぜひチャレンジしてくださいね!

タイダイ柄ベースにシンプルなフラワーアートをプラス

絞り染めをした布のような質感を再現した、タイダイ柄。これをベースにしたネイルにフラワー柄を重ねたデザインとしてまずおすすめしたいのが、細めのラインでフラワー柄をアートするネイルです。

例えば、お好みのカラー2~3種類くらいでタイダイアートをしたネイルに、細めのホワイトラインでフラワー柄の輪郭をアートするデザインはいかがでしょうか。上に重ねたフラワーアートからベースのタイダイ柄が透けて見える、とても素敵なネイルに仕上がりますよ♪

ホワイトやベージュといった主張しない色でフラワー柄をアートして上品に仕上げたり、ブラックやネイビー、ボルドーといった色でアートしてシックな仕上がりにしたり。フラワーアートに使う色も工夫してみてください。

セルフでも簡単!丸ホロを使ってアートするデザイン

セルフネイラーさんには、丸ホロを使ったアートもおすすめです。

ベースデザインとなるタイダイ柄アートをした上に、花びらに見たてた丸ホロを数枚、円形に並べてみましょう。タイダイ柄のバルーンフレンチをベースデザインとして、ホワイトの丸ホロを4枚並べたフラワーモチーフを複数重ねたり、爪全体にタイダイ柄アートをした上に丸ホロのフラワーモチーフを1個プラスしたり。色々なデザインが考えられますね。

アートするフラワーモチーフの雰囲気は、丸ホロのサイズや色、枚数によってかなり変わってきますので、お好みに合わせてアレンジしてみてくださいね。

タイダイ柄ベース×押し花で作るデザインも可愛い!

タイダイ柄ベース×フラワーネイルは、押し花を使ってアートするのもおすすめです。

タイダイ柄をベースに、小さな押し花を爪全体にバランスよく埋め込んだり、茎付きの押し花を1輪だけプラスしてシンプルなデザインにしたり。同じ押し花を使うデザインでも、その量や配置によってPOPにも上品にも仕上げられるでしょう。

ポイントでブリオンやメタルスタッズ、ストーンをプラスしたり、ワイヤーで作った枠の中に押し花を埋め込んだり、爪のまわりにラメをプラスしたり、といったアレンジも素敵です。



Itnail編集部

元記事を読む
提供元: Itnailの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。