結婚はうれしいけど実家がしんどい…「普通の家庭」で育った彼との温度差

恋愛経験をある程度積み重ねてきて、酸いも甘いも知っているオトナだからこそ、パートナーにあえて「言わない」ことをあえて拾って、恋愛コラムニストの桐谷ヨウさんにアドバイスをいただく連載「◯◯って言わない女子」。

ヨウさーん! 今回はこんなつぶやきを発見しましたよーー!!

【今回のつぶやき】

「平和な家庭で育ったあなたには分からないよね」

3年付き合った彼との結婚の話が出ています。お互いの両親へのあいさつも済ませました。最近、実家とも連絡を取ることが増えたのですが、母親との会話について彼から怒られることが多いです。

“毒親”とまではいかないけれど、子供っぽい母親に振り回されることも多く、つい母親にきつく当たってしまうこともあります。ときどきしんどく感じてしまうこともあります。

お互い言いたいことを言った後はケロっとしているので、それが我が家の普通といえば普通なのですが、ホームドラマに出てくるような平和な家庭に育った彼から見たら怖く映るようで「親なんだからもっと優しく接したら?」「こっちが大人にならなきゃ」と言われます。うちが昭和のホームドラマだとしたら彼の家は平成のホームドラマというか、それだけの違いなのかなあと……。

うちもいろいろあって今の形に落ち着いたというか、お互い言いたいことを言い合ってぶつかり合ったほうが親子関係がうまくいくと気付いたので、それを彼にも説明したのですが、なかなか分かってくれません。他人の家庭のことは放っておいてよとも思うのですが、これから家族になるのだから、そのあたりも擦り合わせないといけないのかなあと悩んでいます。

家族は基本的にウザい存在

こんばんは、最近は“人旦那”が板についてきたヨウさんです。

これは難しい話ですね。放っといてくれよ! って気持ちはすごく分かります。

自分の親のうっとうしさをよく知らないくせに助言されてもイラッとするし、相手がホームドラマに出てくるような平和な家庭だとしたらなおさらですよねー。お前に何が分かる! と言いたくなる(笑)。

まぁこういうのに答えはないですが、似たようなシチュエーションはどこの夫婦にもありそうです。

で、俺の考えを話しますね。

根本的に親は「いつまでたってもウザい」「よかれと思ってありがた迷惑をしてくる」存在です。

俺の実家はご相談者さまの表現を借りると“平和で普通の家庭”だったと思います。怒鳴り合ったり手を出す・出されるような経験もなかったです。

ただし、親からの干渉は強めでしたし、この年になっても自分たちの世代の流儀や幸福感(おまけに田舎の!)を悪気なく押し付けてきます。

自分は“親もひとりの人間だ”と気付くようになってから自然と距離感を保つようになりましたが、その距離感は親からするとドライに映るようで、もっとベタベタした関係を求めたいようです。これは田舎の人あるあるかもしれない。とまぁ、面倒くさいです。

両親・兄弟は尊敬してますし、多大なる感謝もしています。だけど、まずキャラや性格が大きく違います。家族で社交的なのは俺くらいだし。

また、価値観も大きく違います。早く結婚して早く子供を生んで、安定した会社(公務員)で……なんてことを結構本気で思ってそうです。よって俺の生き方もふわふわして見えるのでしょう。

さて、妻の家族は。妻は俺よりも“平和で普通ではない家庭”寄りだったのかもしれません。傍目に見て、妻は親が大事に育ててくれたことに感謝していますが、ときどき鬱陶(うっとう)しそうではあります。俺から見てですけど。まぁ、どこもそんなもんなんでしょう。

“外野”が本質的なことを言うこともある

さて、ご質問に戻ります。自分が育ってきた環境は人それぞれです。両親がそろっている人がいれば、片親の人もいたり、親が何人もいる人だっています。両親がそろっている人でも、良好な関係や険悪な関係の人だっています。

要は「自分が育ってきた環境以外のことは、よく分からん」ということです。

よって干渉するのはアホです。ただし、俺が思っていることは2つあります。

1つに「よく分かってない人はたまに本質的なことを言う」ということです。よく知っている人からすると的外れに聞こえがちだけど、冷静になってみると「確かにそうかもな……」という発言をする人は結構います。自分が好きになるような感性がイケてる人ならなおさらです。

自分対親のことは誰だって冷静になれないものです。俺だってそうです。その点、自分のパートナーは外からその関係性を見ている。その人が言う言葉は、自分よりも俯瞰的に物事を見れているはずです。少なくとも“過剰な反応”に対しては、間違いなく。

「知らねーくせに口出しするんじゃねーよ」と思うのは簡単です。自分の怒りがおさまらないことだって多々あるでしょう。ただ、外から見るとそう見えている……という事実は、きちんと受け止めるべき事柄です。

それぞれの親とどう関係を結んでいくのか

もう1つに「夫婦とそれぞれの親」の3グループ間でどのような関係を結んでいくかは、夫婦のゲームです。

なるべく自分の親とパートナーを接触させないスタイルはありでしょうし、せっかくだから交流を楽しむのだってありです。いずれにせよ、自分の態度がパートナーの顔を生かすかもしれないし、つぶすかもしれない。それは認識しておく必要があります。

で、双方の親の面倒くささをどういうふうに切り抜けるかを、一緒に楽しめたらそれは面白いじゃないですか。うちのとこはうちのとこ、で双方が合わせるのはつまらないというか。

その過程でパートナーが親に対して、何を感じているか……何が好きで、何がウザいと思っているのか。そういうのが分かってくるんだと思います。

双方との親を一緒に乗り越えていく。その過程でお互いのことをより知るチャンスがきっとあります。自分とパートナーの関係性だけでは見えてこない、パートナーのパーソナリティがたちあらわれてくるはずです。

そう考えてみると、面白くないですか?

応援しています。

(イラスト:つぼゆり)

元記事を読む
提供元: ウートピの記事一覧はこちら

FEATURE

あなたにおすすめの記事
結婚に失敗したと思う理由・原因とは?後悔している人に知ってほしい15のこと
お付き合いを始めた頃は、相手の嫌なところなんて見つからないほど相手に惚れ込んでいたのに…。結婚をして数年が経つ頃、誰だって時に『この結婚は失敗だったかも』と感じることもありますよね。相手との状況次第で熱が冷めたり燃え上がったりするのが夫婦ですが、後悔ばかりが先走り『結婚は失敗だった』と悲観している人は注意が必要です。
folk
恋を楽しみたい私。結婚を意識している彼。どうすりゃうまくいく?【ひとみしょうのお悩み解決】
恋を楽しみたい私。結婚を意識している彼。どうすりゃうまくいく?【ひとみしょうのお悩み解決】
Grapps
結婚後も恋愛感情を持続させるコツ4つ
結婚したら、恋愛感情ではなく家族愛になっていくもの……。 そんなふうに言われていますが、それって本当?そもそも恋愛感情と家族愛は、まったく質がちがうもの。 ということは、工夫次第で両立させることだって可能であるはずです。...
愛カツ
今が一番幸せ!既婚女性が結婚を決めたポイント
既婚女性に結婚を決めたポイントについて聞いたところ、性格が合う、思いやりがある、誠実、収入……など定番の条件が挙がりました。 少数派の意見の中に、ちょっと意外だけどこれは真理かも……!と思われる理由があることに気がつきま...
愛カツ
彼のスペック、愛車、育ち、実家の資産までマウンティングされる恐怖!女性がやりがちなマウンティングをご紹介
彼のスペック、愛車、育ち、実家の資産までマウンティングされる恐怖!女性がやりがちなマウンティングをご紹介
Grapps
婚活がうまくいかない女性必見!結婚で妥協すべきところ・してはダメなところ
婚活がうまくいかない女性必見!結婚で妥協すべきところ・してはダメなところ
Grapps
男子が「結婚はやっぱりやめよう」と考えてしまう女子の特徴
大好きな彼との結婚を意識し始めたのに、彼の態度が変わってきてしまった…。 女子が多くの不安を感じてしまうシチュエーションです。 そこで今回は、そんなシチュエーションにならないように、男子が「やっぱりこの子との結婚やめよう...
愛カツ
「価値観の違い」で別れる前に!結婚前に合わせておくべき3つの考え方
「価値観の違い」で別れる前に!結婚前に合わせておくべき3つの考え方
Grapps
プロポーズGET!! 結婚を意識させるスーパー裏技・4つ
付き合いが長くなると、結婚も意識しますよね。 理想は、やっぱり彼からのプロポーズ!でも、彼氏が結婚を考えてくれているのかどうか、ときおり不安になるもの。 結婚を意識させるためには、どんなテクニックを使えるでしょう?自身に...
愛カツ
ダラダラ同棲して結婚のタイミングを逃すカップルの特徴9パターン
好きな人と寝食を共にできる「同棲」は楽しいものですが、ゴールインに至ることなく別れると、再スタートが大変になってしまうのも事実でしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「ダラダラ同棲して結婚のタイミングを逃すカップルの特徴」をご紹介します。
オトメスゴレン
男子が「結婚を意識した相手にだけとる態度」3選
長く付き合えば付き合うほど、彼は結婚のこと考えてくれているのかな、私たちの未来ってどうなるんだろう……。と不安になることも増えるでしょう。 かといって「結婚のことどう考えてるの?」なんてストレートに聞いちゃうと、まるで結...
愛カツ
結婚前提で「愛される女子」になるための3ステップ
就職して数年も経つと、やはり「結婚」を意識しますよね。 今回は結婚前提で「愛される女子」になるための方法について考えてみましょう。 どんな女子が結婚前提で愛される」のか、「次に付き合う人と結婚したいな」と思っている人のヒ...
愛カツ
バツイチ男性と付き合う時の心得9つ!恋愛&結婚の前に知っておきたいこと
恋愛に年齢や立場なんて関係ありません。例え相手がバツイチ男性であっても、好きになる気持ちはどうする事も出来ないものですよね。ですが、アラフォー同士でもバツイチ男性と付き合う事は、普通の恋愛よりも少し難しさを感じるでしょう。今回は、初婚女性がバツイチ男性と付き合う時や結婚を意識した時に大切にしたい心得を9つご紹介します。
folk
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。