1. トップ
  2. 矢口真里、モー娘。時代の恐怖体験を語る「胸ガシッてつかまれて…」

矢口真里、モー娘。時代の恐怖体験を語る「胸ガシッてつかまれて…」

  • 2019.7.11
  • 2912 views
恐怖の痴漢体験を語った矢口真里
KADOKAWA

7月10日放送の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(フジテレビ系)に元モーニング娘。の飯田圭織、矢口真里、保田圭がゲスト出演。人気絶頂時に体験した恐怖の出来事を明かした。

【写真を見る】石橋貴明&メンディーが矢口真里のお腹を触る!?

164万枚を売り上げたヒット曲「LOVEマシーン」など、モーニング娘。の絶頂期をともに過ごした飯田、保田、矢口の3人。

「北海道出身なので15、16歳から一人暮らししていた」という飯田は、帰宅後の恐怖体験を告白。仕事を終えて自室に戻ると電話のベルが鳴ったと話す飯田は、「そしたらファクスが流れてきて『おかえり』って…」と当時の経緯を振り返った。

また、矢口も過去に遭遇した痴漢について「夜道を歩いてて胸ガシッてつかまれて、浮いたんですよ体が」と説明する。近くにはドアを開けたままの黒いワンボックスカーが停まっており、「絶対連れ込まれる」と矢口は直感。

とっさにサングラスを外して素顔をさらし、「私、私、私!ニュースになる、ニュースになる!」と矢口がアピールすると、相手が逃げ出して事なきを得たという。

その後、MCの梅沢富美男が保田にも「なんかなかったんですか?」と尋ねると、保田は「全然ないです!」と即答し、スタジオの笑いを誘っていた。

放送後のSNS上にはファンたちから「モー娘。OGのトーク力はやっぱり素晴らしい」「昔のPVがたくさん流れて懐かしかったー」「現役メンバーの新曲も取り上げてほしかったな」といったメッセージが投稿されていた。

次回の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」は7月17日(水)放送予定。(ザテレビジョン)

元記事を読む