1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 展覧会「ロイス・ワインバーガー展」“見えない自然”に迫る植物を使った絵画など、東京ワタリウム美術館で

展覧会「ロイス・ワインバーガー展」“見えない自然”に迫る植物を使った絵画など、東京ワタリウム美術館で

  • 2019.7.10
  • 548 views

展覧会「ロイス・ワインバーガー展」“見えない自然”に迫る植物を使った絵画など、東京ワタリウム美術館で

展覧会「見える自然/見えない自然 ロイス・ワインバーガー展」が、東京・ワタリウム美術館で開催される。期間は、2019年7月13日(土)から10月20日(日)まで。

undefined
www.fashion-press.net

自然と人工物の対比を表現するアーティスト、ロイス・ワインバーガー。自然の生態や環境に対する根本的な疑問を投げかける彼の作品は、植物を素材とした絵画、写真、彫刻、映像、文章など多岐にわたり、世界各地で展覧会が行われている。

ワタリウム美術館は、1999年開催の「エンプティ・ガーデン展」でロイス・ワインバーガーの初期作品を紹介。それから20年の歳月を経た本展では、現在彼が取り組む「見えない自然」をテーマとした絵画、写真、彫刻を中心に120点を展示する。

ロイス・ワインバーガー作品の特徴は、アクティビストのような鍛え上げられた思想が背景にありつつ、どこか自由な発想とユーモアを持ち合わせている点にある。

最初は、自身で荒地植物や絶滅種の植物を育てて各地に植えるというフィールドワークからスタート。そして90年後半には、除草剤を取り除いて線路を庭にした《植物を越えるものは植物と一体である》や、アスファルトを剥がして庭をつくった《燃焼と歩行》など、自然を人間の干渉から解放するという独自の表現を展開してきた。

今回取り上げる「見えない自然」とは、都市の緑地化といった目に見える形ものではなく、人間1人ひとりの中にある“精神の自然”。ロイス・ワインバーガーは、目に見える自然を用いて、どうやって自然の如くダイナミックで自由な“精神の自然”を表現しているのだろうか。ぜひ会場に足を運び、自身の目で確かめてみてほしい。

【詳細】
展覧会「見える自然/見えない自然 ロイス・ワインバーガー展」
開催期間:2019年7月13日(土)~10月20日(日)
時間:11:00~19:00(毎週水曜日は21:00まで)
休館日:月曜日(7月15日、8月12日、9月16日、9月23日、10月14日は開館)
会場:ワタリウム美術館(東京都渋谷区神宮前3-7-6)
TEL:03-3402-3001
入館料:大人 1,000円 / 学生(25歳以下) 800円

オリジナルサイトで読む