1. トップ
  2. 新井恵理那、涼やかな浴衣の“後ろ姿”に自信!「盆踊りで360°見られても…」

新井恵理那、涼やかな浴衣の“後ろ姿”に自信!「盆踊りで360°見られても…」

  • 2019.7.9
  • 4369 views
新井恵理那がイベントに登場した
KADOKAWA

フリーアナウンサーの新井恵理那が、7月8日に東京都内で開催された「ワコール×セント・フォース キレイなひとのビューティールーティン『時短ボディメイク』ガードル推進プロジェクト発表会」に登場した。

【写真を見る】360°美しい! ガードルとともに全身のボディラインを披露する新井恵理那

同プロジェクトは、多くの女性が抱える下腹部やお尻の形の悩み対策にガードルを着用することを提案し、自分のカラダをより好きになってもらえるようワコールとセント・フォースがタッグを組んで発足。

本プロジェクトのプロジェクトリーダーを務める新井は「ガードルをはいたからこそ着たい服」として夏を感じる涼やかな浴衣姿で登場。ガードルをはくことで“キレイに整えられた後ろ姿”をお披露目した。

“令和初の夏”に浴衣を着てしたいことを聞かれ、新井は「同じセント・フォースの友人とお祭りに行って盆踊りや金魚すくいをしたいですね。盆踊りで360°見られても後ろ姿に自信が持てたのでいいアピールになりますね」と笑顔を見せる。

また、ニホンモニター調査による「2019上半期タレント番組出演本数ランキング 女性キャラクター部門」で初めて第1位となったことについて「まさかという気持ちもありながら、たくさんチャンスを頂いて頑張ったなと達成感を感じています」と照れながらも感想を明かした。

さらに、20代の一般女性への調査結果が発表され、多くの人が下半身のラインに悩みを持っていることについて「私もボディラインが気になっているので、コンプレックスを持っている人たちの気持ちはすごく分かります」と共感した。

また、来場者から「忙しい中で実践している朝の時短テクは?」と質問されると「朝は時間をかけないよう、寝る前に翌日の服を決めてから寝るようにしています」と回答。

最後に「私のようにこれまでガードルをはいたことのない人にも試してもらいたいです。ボディラインが整うことで、気分も上がるのでチャレンジしてほしい」とアピールした。(ザテレビジョン)

元記事で読む