1. トップ
  2. 石原さとみ主演ドラマのダイジェストをAI(人工知能)が作成

石原さとみ主演ドラマのダイジェストをAI(人工知能)が作成

  • 2019.7.9
  • 170 views
7月9日(火)スタートの「Heaven?~ご苦楽レストラン~」
(C)TBS

7月9日(火)に放送スタートする石原さとみ主演の新ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(毎週火曜夜10:00ー10:57※初回は夜10:00-11:07、TBS系)で、AI(人工知能)を活用したドラマのダイジェスト動画“ドラジェ”が配信されることが決定した。

【写真を見る】石原さとみとEXITの貴重なコラボ

“ドラジェ”とは、“ドラマ”と“ダイジェスト”をもじった造語で、博報堂DYメディアパートナーズと東京理科大学(理工学部・大和田研究室)が共同開発。AIを活用したドラマのダイジェスト動画を自動生成するシステムを利用したサービスだ。

“ドラジェ”は、登場人物のせりふやテロップなど、ドラマのメタデータを自然言語処理することで、各シーンの重要度を判定。それらをアウトプットすることでダイジェスト動画を作成することが可能になったという。

今回、同ドラマでは、そのシステムを利用して、ドラマの主要人物である黒須仮名子(石原さとみ)、伊賀観(福士蒼汰)、川合太一(志尊淳)それぞれにフィーチャーしたダイジェスト動画「AIドラマダイジェスト“ドラジェ”」を作成し、ドラマの放送翌日以降に、TBS公式YouTubeで配信する。

各話の映像を集約するAIを活用したダイジェスト動画は一体どんなものになるのか、 放送を重ねるごとにAIはどのくらい学習して動画のクオリティーを上げていくのか、ドラマの本編と併せて楽しめる連動企画となっている。

本作は、1999年から2003年まで「週刊スピリッツ」(小学館)で連載された、佐々木倫子による漫画「Heaven? ご苦楽レストラン」が原作。

「ロワン・ディシー<この世の果て>」という名のフレンチレストランを舞台に、「自分が心ゆくままにお酒や食事を楽しみたい」という欲求をかなえるためにレストランを開いた風変わりなオーナー・黒須仮名子(石原)と、個性あふれる従業員たちとの間で繰り広げられるコメディードラマ。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む