結婚の決め手となった相手の「〇〇力」3選!大事なのは顔よりお金よりこれ!?

山里亮太さんと蒼井優さんの衝撃の結婚会見からはや1ヶ月。「美女と野獣カップル」などと報道されていましたが、見た目では測れない、お互いの魅力に惚れ合っている様子が伝わってきました。

結婚の決め手は人それぞれ違うもの。経験者はみなさん、相手のどんなところに惹かれて結婚に至ったのでしょうか?

■乗り越える「突破力」

A子さん(32歳・芸能事務所)が結婚相手に求めたのは、どんな状況になってもたくましく乗り越える突破力。

「経済力も加わると最高ですが、たとえそうでなくても、時代の流れを読んだり、ひらめきやアイデアで困難をくぐり抜けたりできる能力があればそのほうが心強いなと思うんです」

そんなA子さんの旦那さまはフリーランスのプログラマー。予定していた案件がキャンセルになったり、相手からの支払いが遅れたりするなど、収入が不安定な時期もあったそう。

「彼はそういうときにこそ次々とアイデアを話してくるんです。夢物語のようなものもいくつかありましたが、ピンチになればなるほど発想力が膨らむことに驚き、安心もできました」

旦那さまのアイデアでピンチを乗り越えたA子さん夫婦。その後、旦那さまは会社を設立し、獲得した得意先とも長期的な契約を結べることになったそう。

■笑って許す「包容力」

「わがままという自覚があります」というB子さん(28歳・会社受付)。そのため、理想の結婚相手は自分のことを笑って許してくれるような器の大きい人だったそう。

「夫は外資系の保険会社勤務で、私よりも10歳年上。営業職とは思えないほど穏やかで、すぐに好きになりました。男性から告白されることはそれなりにありましたが、夫だけは私からアプローチしました。“プロポーズして~!”といつも心で訴えていましたね」

B子さんの理想通り、寛容だった彼。これまで一度もケンカをしたことがないそう。

「私の機嫌が悪いときも“そうかそうか”となだめられ、この前は夫のカードでちょっと高価なバッグを買ったのですが、お咎めなし。最近は彼の大らかっぷりが逆に心配になってきました」

口うるさく小言を言われるのは嫌ですが、何も言われないのもまた不安になるものなんですね……。

■いつも楽しい「お笑い力」

C子さん(33歳・保育士)は大のお笑い好き。笑いの絶えない家庭を築くのが夢でした。

「息の合った漫才のような、ユーモアのあるやりとりができる相手が理想でした。今の夫とはそこがしっくりきて。しかもお笑いの本場、大阪出身の彼。ボケもオチもツッコミも絶妙で、話していてとにかく楽しかったので“結婚しちゃう?いいねいいね”みたいなノリでした」

出会いから半年で入籍し、現在は2人の息子さんにも恵まれたC子さん夫婦。思い描いていた通り、笑いにあふれた生活を送っているそうです。

「まだ幼い息子たちに“話にオチがないぞー”“今のツッコミは甘い!”など、夫がダメ出ししている場面をよく見かけるのですが、さすがにそれは求めすぎだなあ、と思う今日この頃です」

■ぴったりハマるピースを見つけて

結婚相手に求めるものは実にさまざま。最高のパートナーに出会うために、まずは自分の理想像や生き方も整理しておくといいかもしれません。

ライタープロフィール
mayu110
人間観察とショッピングが大好きな韓国通ライター。日本と韓国を股にかけ、ミーハーな視点で人々の恋愛事情を探ります。

元記事を読む
提供元: cocoloni PROLOの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。