1. トップ
  2. ファッション
  3. ホワイトデニムで着こなす爽やかなフレンチカジュアル

ホワイトデニムで着こなす爽やかなフレンチカジュアル

  • 2019.7.9
  • 3020 views

ピュアな印象のホワイトデニムはフレンチっぽい上品さがマスト

春夏コーデにもってこいのホワイトデニムは、トップスや小物使いでフレッシュな着こなしを楽しめる。だけど、いろいろ試せるアイテムなはずなのになぜだかワンパターンになりがち。ということで脱コンサバ、いつものコーディネートをランクアップできるスタイルを提案。夏のデニムスタイルを謳歌しよう。

 

ホワイトデニムで着こなす爽やかなフレンチカジュアル
出典 FUDGE.jp
ホワイトデニムと好相性のボーダーで洗練のフレンチマリンが完成

クリーンなホワイトデニムは、爽やかなブルー系のボーダーでフレッシュさを意識。ブラック小物を散りばめてハンサムに仕上げるのがポイント。くるりと巻いたスカーフでパリジェンヌらしいエスプリを効かせて。 コーディネートのコツはフレンチ系アイテムでとことんしなやかでクリーンに。バレエシューズ、スカーフなどの 小物でほんのりフェミニティを薫らせて。

 

デニムパンツ ¥33000/TOMWOOD(ステディ スタディ)、トップス¥6900/AIGLE(エーグルカスタマーサービス)、 シューズ ¥140000/LE YUCCA’S(ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店)、バッグ ¥25000/RUE DEVERNEUIL(ディプトリクス)、スカーフ ¥13000/A Piece of Chic(グラストンベリーショールーム)、ベルト ¥13000/UNDECORATED (アンデコレイテッド)、ソックス¥2600 / PANTHERELLA(真下商事)

 

アンデコレイテッド 03-3794-4037

エーグルカスタマーサービス 0120-810-378

グラストンベリーショールーム 03-6231-0213

ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店 03-6418-0900

ステディ スタディ 03-5469-7110

ディプトリクス 03‒5464-8736

真下商事 03-6412-7081

 

 

合わせるべきワードローブをご紹介
ホワイトデニムで着こなす爽やかなフレンチカジュアル
出典 FUDGE.jp

ボーイにもガールにも、シンプルなカジュアルにも必要な1枚。持って徳しかない!シャツ ¥18000 / SCYE BASICS(マスターピース ショールーム)

マスターピース ショールーム 03-5414-3531

 

 

ホワイトデニムで着こなす爽やかなフレンチカジュアル
出典 FUDGE.jp

さらりと着れちゃう、雰囲気2倍増しアイテム。スモック トップス ¥15000/SETTO(ブルーウォール)

ブルーウォール 086-476-3008

 

 

ホワイトデニムで着こなす爽やかなフレンチカジュアル
出典 FUDGE.jp

無地のカーディガンを持っているなら、次は上品ボーダーを狙うべし。カーディガン ¥14000/kha:ki(カーキ)カーキ 06-4390-7008

 

ホワイトデニムで着こなす爽やかなフレンチカジュアル
出典 FUDGE.jp

もう何年も愛され続けているセーラーシャツは、今買ってずっと着られる逸品です。セーラーシャツ¥25000/Nigel Cabourn(アウターリミッツ)

アウターリミッツ 03-5413-6957

 

 

ホワイトデニムで着こなす爽やかなフレンチカジュアル
出典 FUDGE.jp

女性らしさと可愛らしさを兼ね備えるアイテムは、お気に入りになること間違いなし。ハット ¥14000/Nigel Cabourn (アウターリミッツ)

アウターリミッツ 03-5413-6957

 

 

ホワイトデニムで着こなす爽やかなフレンチカジュアル
出典 FUDGE.jp

一生で一度は履いてみたい憧れのレッドシューズを今。シューズ ¥37000/Repetto(ルック ブティック事業部)

ルック ブティック事業部 03-3794-9139

 

 

Photograph : Taniguchi Daisuke

styling : Watanabe Itsuka

hair & make-up : Ohgimoto Naoyuki

model : Vlada

text : Noguchi Misako

 

 

FUDGE 2019年5月号 Vol.191より

 

 

元記事を読む