1. トップ
  2. イルカとの2ショット撮影に挑んだ佐藤勝利「1回で人生観変わりました」【視聴熱TOP3】

イルカとの2ショット撮影に挑んだ佐藤勝利「1回で人生観変わりました」【視聴熱TOP3】

  • 2019.7.8
  • 665 views
SexyZone・佐藤勝利が“イルカと人間の2ショット”撮影に挑戦
KADOKAWA

【画像を見る】7月7日の「視聴熱」バラエティー デイリーランキングTOP3

webサイト「ザテレビジョン」では、7月7日の「視聴熱(※)」バラエティー デイリーランキングを発表した。

1位「関ジャム 完全燃SHOW」(毎週日曜夜11:10-0:05、テレビ朝日系)9774pt

7月7日は「ディズニー映画音楽の秘密」を放送。ゲストには声優・山寺宏一、制作に携わる目黒敦、市之瀬洋一が登場し、キャスティング、声優オーディション、日本語版歌詞についてなど、制作の裏側を解説した。

これまでほとんど語られたことがなかった制作過程について、目黒と市之瀬が参加している日本語版の制作は公開の1年以上前に声優オーディションが完全非公開で準備・実施されていることが明らかに。

すると、関ジャニ∞・大倉忠義は「じゃぁ、僕らも今オーディション?」と言い、進行を務める村上信五が「されてない!」「番組兼オーディションじゃないから」と返して、スタジオは笑いに包まれた。

アニメ「アラジン」の日本語版でジーニーの声を担当した山寺は、「オリジナル版のノリを再現」するのが重要と明かした。ロビン・ウィリアムズが担当したオリジナル版での、ジーニーが歌う挿入歌「フレンド・ライク・ミー」について、「ジャズとかいろんな音楽の融合みたいな曲で、テンポも早いので、ロビン・ウィリアムズがどんな表現をしたかったのかを推し量って、歌った」とのこと。

一方、公開中の実写版「アラジン」でもウィル・スミスが演じたジーニーの声を担当しているが、「また全然違うんですよね。ウィル・スミスはラッパーだし、そのノリがいろんなところに出ていて」と、メロディーになっていない部分もくみとって歌うのに苦労したと語った。

ジャムセッションでは、「フレンド・ライク・ミー」をボーカル・山寺、ギター・安田章大、ベース・丸山隆平で披露した。

【画像を見る】7月7日の「視聴熱」バラエティー デイリーランキングTOP3
KADOKAWA

2位「乃木坂工事中」(毎週日曜夜0:00-0:30、テレビ東京系)5389pt

7月7日の放送は「コレなら語れるグランプリ2019」と題し、乃木坂46メンバーが講師となって、自分だけが興味のある狭いジャンルの知識を披露する企画が5年ぶりに復活した。

「牛肉」をテーマにした齋藤飛鳥は、牛肉を食べるためにロンドン、石垣島、香港などに出かけているという。石垣島での旅は、石垣牛の焼き肉、石垣牛の牧場巡り、石垣牛乳アイス、石垣牛に餌やり、そして石垣牛のステーキを食べるというプランを明かした齋藤。バナナマン・設楽統から「えぐいね、見てそれを食うみたいな…」とツッコまれると、「ちゃんとありがとう、おいしく食べるよ」と感謝を示しているという。

また、長らく日本への輸入が禁止されていたアルゼンチンビーフのため、香港に行った齋藤は、「今まで食べてきたお肉のなかでダントツおいしい」と評価。そこで、昨年、日本への輸入が解禁されたこの肉を、正解したら試食できるクイズを実施した。

齋藤、白石麻衣、設楽が、牧草主体で飼育されたグラスフェッドビーフ、最高級松坂牛、一般的な牛肉を食べ比べるというものだったが、全員不正解。

急きょ開催されたじゃんけん大会で勝った渡辺みり愛が試食できることになるが、齋藤ら3人はルールを無視してアルゼンチンビーフを食べてしまった。さらに齋藤は、渡辺が食べている横で、こっそりともう一切れを口に。その姿に「かわいい」の声が寄せられた。

3位「アオハルTV」(毎週日曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)5370pt

7月7日の放送は、SexyZone・佐藤勝利が“イルカと人間の2ショット”撮影に挑み、話題に。

世界中の海でクジラやマンタなどと泳ぎ、写真に収めてきたダイビング講師の寺山秀樹さんでも実現できていないという“イルカと人間の2ショット”。

佐藤は、4カ月前までまったく泳げなかったが、本番組でカナヅチを克服。その後のトレーニングで見違えるほどに成長した姿に、MCのヒロミは「次は海だな」と提案しており、それが実現することになった。

まずは潜水プールで練習を始めた佐藤は、苦戦するのではという予想を裏切り、フィンスイムや耳抜きを相次いでクリア。

だが、素潜りで最も重要とされる、身体をナイフのように折り曲げて水面から垂直に潜っていくジャックナイフという方法に苦しんだ。しかし、寺山さんの秘策である下着のパンツを使った練習でできるようになった。

そして、東京の離島・御蔵島へ。探し続け、ようやく野生のイルカの群れを発見するが、なかなかイルカに追いつけなかった。それでも、いったん船に戻った佐藤は、近くで泳げたことに感動を隠し切れない様子。

その中にいた背びれが半分欠けたイルカの女の子“ジョー”。いよいよタイムリミットが近づき、佐藤が再会を願っていると、船の近くにイルカの姿を発見。佐藤が海に入るとジョーが現れ、自ら佐藤の近くに寄ってきて、さらにイルカの大群もいた。

ジョーとの撮影に成功した佐藤は「1回で人生観変わりました」と話した。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやドラマランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

元記事を読む