1. トップ
  2. 櫻井翔、有働由美子と参院選特番キャスターに「選挙後につながる議論ができたら」

櫻井翔、有働由美子と参院選特番キャスターに「選挙後につながる議論ができたら」

  • 2019.7.8
  • 387 views
7月21日(日)放送の選挙特番を担当する櫻井翔&有働由美子
(C)NTV

7月21日(日)に放送される「NNN参院選特別番組 zero選挙2019 ~アナタに迫る!新時代の大問題~」(夜7:58-深夜2:10、日本テレビ系)で、有働由美子と櫻井翔がキャスターを務める。「アナタに迫る!新時代の大問題」をコンセプトに、激戦の選挙結果を速報した上で、「少子高齢化」「年金問題」「外国人労働者」など、暮らしを直撃する身近な問題にも切り込む。このたび、キャスターを務める2人から選挙特番への意気込みが到着した。

【写真を見る】「平成」から「令和」に変わる瞬間も櫻井翔と有働由美子が担当

有働由美子メインキャスターコメント

――どのようなことを大切にして番組を届けますか?

これからの時代をつくっていくのは、まさに「news zero」を見てくださっている若い世代の方々です。そうした年代の方々に伝わりやすい選挙の放送、報道って何だろう、と考えながら取り組みます。

――櫻井翔さんに期待することは?

櫻井さんの発言は影響力があります。櫻井さんの考え方も非常に勉強になります。あと、とてもしっかりしているので、年下ですが頼りがいのあるzeroの先輩です。

――若い世代に伝えたいことは?

日々の生活が忙しいと考えることを放棄しちゃうと思うんです。でも、こういう選挙の日だからこそ、何か考えようという気持ちになっていただきたいです。それは日本のためにもご自身のためにも、無駄ではないということを分かってもらえればと思います。番組では、あえて若い世代の人たちにも自分の意見をぶつけてみようと思っています。

今回は、「令和」という時代をつくる世代のための選挙です。ただし選挙はあくまでも大きなきっかけにすぎません。そういう方々と一緒に議論し、出てきたさまざまな考え方を今後も「news zero」で引き続き考えていきたいです。

――「新時代の大問題」の中でも注目している問題は?

さまざまな問題があると思うんですけど、「少子高齢化」は今の若い人たちの負担になります。若い人が本当に生きやすい社会の一助になればと思っています。

また、「働き方改革」というのは、一番世代間格差が出るのではないでしょうか。若い人たちが希望する働き方を邪魔しているのは、実は頑張るだけで働くことを乗り切ってきた私たち世代ではないかとも思っています。

こういう問題は、本当にひざを突き合わせて話し合いたいので、選挙の夜に話せるといいと思います。

櫻井翔キャスターコメント

――今回の選挙特番への意気込みは?

同世代の代弁者としての自分の質問を、時に政治家、時に実際にスタジオにいらっしゃる識者の方に直接投げ掛ける中で、その議論の中から、これからの課題が浮かび上がってくるようにしたいです。

――選挙特番を担当するのは9回目になりますね?

今回で選挙特番を担当するのは9回目ですが、「前回の経験を生かして」というより、一回一回、時代の節目に立ち会っている感覚で臨んでいます。今回は今回として捉えながら何か選挙後につながるような議論ができたらいいなと思います。

――番組を通して、視聴者の方に考えてほしいことは?

僕と同世代やもっと若い世代の人たちに、社会の危機意識や問題意識を感じてもらい、関心を持つきっかけになればうれしいです。

――初めて選挙特番を担当する有働さんにメッセージをお願いします。

有働さんはインタビューの中で、相手をリラックスさせつい口を開かせてしまう…ということが多いように感じるので、ぜひ、いろいろな政治家の方の本音が垣間見える番組になれば…と思っています。

――番組を通じて伝えたいことは?

(今回の参院選の任期である次の6年の間には)東京オリンピックもあり、万博も控えていて、社会の仕組みや在り方が劇的に変わっていく6年になっていくでしょうから、そこを占う第一歩として、まずはとにかく選挙に関心を持ってもらいたいです。この番組が、若者の投票率が上がる一助となるのなら、それは光栄なことだと思います。(ザテレビジョン)

元記事を読む