1. トップ
  2. 平手友梨奈が“船長ルック”に! 欅坂46、ズブ濡れの中「欅共和国」を完走!

平手友梨奈が“船長ルック”に! 欅坂46、ズブ濡れの中「欅共和国」を完走!

  • 2019.7.8
  • 875 views
船長ルックでパフォーマンスする平手
撮影=阿部岳人

【写真を見る】“船長ルック”の平手友梨奈が話題

欅坂46が7/5~7の3日間、山梨・富士急ハイランド・コニファーフォレストで、野外ライブ「欅共和国2019」を開催した。

「欅共和国」は2017年に“建国”。毎年7月に開催し、欅坂ファンにとっては夏の風物詩として定着しつつある。昨年までは、けやき坂46(現・日向坂46)と共に出演していたが、同グループが3月に改名&シングルデビューしたことで今年は欅坂46単独での公演に。

同イベントの開催直前、学業専念のため2018年5月から活動を休止していた原田葵が復帰されることが発表。さらに、6月下旬の音楽特番は体調不良で欠席していた平手友梨奈も復帰&2日目は「THE MUSIC DAY」(日本テレビ系)への中継出演も果たすなど、インターネット上ではファンの歓喜の声が溢れていた。

欅坂46が「欅共和国2019」を完走
撮影=上山陽介

公演最終日は、霧雨舞う中でのスタート。

オープニングは船をイメージしたメインステージに、欅坂メンバーが水兵を模したセーラールックな衣装で登場。ブラスバンドの演奏にのせ、手旗信号の要素を織り交ぜたダンスを披露しながら“開国”を告げた。

そして出航の汽笛と共に「Overture」が流れると、会場に集結した16,000人のファンの歓声がこだまする。

序盤はセカンドシングル「世界には愛しかない」をはじめ「手を繋いで帰ろうか」「青空が違う」「太陽は見上げる人を選ばない」と人気曲のオンパレード。ただでさえ汗まみれになるセットリストに、同イベントの醍醐味でもある放水マシンやバブルマシンを駆使した放水企画も重なり、メンバーだけでなく会場全体がびしょ濡れとなった。

続く「アンビバレント」では、欅坂が得意とする圧倒的なダンスパフォーマンスを見せつける。強まる雨も同グループのパフォーマンスの前では“演出”となり、濡れるメンバーたちはアーティスティックな様相に。

MCパートに入ると、キャプテンの菅井友香が「欅共和国へようこそー!こんなにたくさん入国してくださってありがとうございます」とあいさつ。所々コメントを噛んでしまう菅井“らしい”仕切りの中「今回のライブから葵ちゃんが復帰しましたー!」と活動を再開させた原田を紹介する。

原田も「久しぶりなのに、こんな大きいステージで緊張するんですが、精一杯頑張るので一緒に盛り上がってください!」とあいさつすると、ファンも温かい歓声で返す。

さらにこの日は、土生瑞穂22歳のバースデー。メンバーと会場からのバースデーソングとケーキのプレゼントに、土生も「最終日が誕生日で皆さんと過ごせるなんて幸せ者だな」と照れながらお礼を述べた。

欅坂46が「欅共和国2019」を完走
撮影=上山陽介

副キャプテン・守屋茜の「共和国の皆さん、もっと盛り上がりましょう!」という煽りで中盤戦へ。

「バレエと少年」「制服と太陽」「バスルームトラベル」のキュートな曲から「危なっかしい計画」「僕たちの戦争」「Student Dance」へと流れ会場の盛り上がりは最高潮を迎える。

雨空の奥でも完全に日が沈み、欅カラ―のペンライトの光が一層輝きを増す終盤。「避雷針」や「キミガイナイ」「語るなら未来を…」「風に吹かれても」で畳み掛けラストはデビューシングル「サイレントマジョリティー」。人気曲であり、グループの代名詞でもある同曲の披露でファンのボルテージは最後まで上がり続けた。

力強いダンスと共に花火が打ち上がる華々しいフィナーレのうちに「欅共和国」は大団円を迎え、メンバーは笑顔でステージを後に。1期生17人、2期生9人の26人で雨の中の“航海”を終えた。

欅坂46は夏のROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019(8/4日出演) をはじめ、「音楽の日 2019」(TBS系)などの音楽特番、そして全国アリーナツアーも控えている。欅坂との熱い夏は、まだ始まったばかりだ。 (ザテレビジョン)

元記事で読む