1. トップ
  2. ライバルは「南キャン山里とオードリー若林」? ブラマヨ吉田 “黒い視点”のエッセイ集が好評

ライバルは「南キャン山里とオードリー若林」? ブラマヨ吉田 “黒い視点”のエッセイ集が好評

  • 2019.7.7
  • 1946 views
よしだ・たかし=1973年6月27日生まれ、京都府出身。1998年、NSC大阪校の同期生(13期)だった小杉竜一と漫才コンビ「ブラックマヨネーズ」を結成
KADOKAWA

最新著書「黒いマヨネーズ」について「書籍化は連載してる頃から狙ってたんです」という吉田敬。「本にならないと割に合わへんと思ってたんで(笑)」

ブラックマヨネーズ・吉田敬の最新エッセイ集「黒いマヨネーズ」が好評だ。2019年2月に刊行されて以来、ジワジワと口コミで評判が広がり、増刷を重ねている。

本書は、幻冬舎の文芸誌「パピルス」(現在休刊)と「小説幻冬」で、足掛け約5年にわたって書き続けた連載エッセイの中から、選りすぐりの58編を収録。自身の幼少期、思春期のエピソードや、家族にまつわるエピソードのほか、政治、スポーツ、お笑いなど、さまざまな分野についての評論も展開。テレビのフリートークでもおなじみの、吉田ならではの熱くて笑える持論を堪能できる一冊だ。

今回ザテレビジョンでは、そんなベストセラー作家の仲間入りを果たした吉田敬を直撃。本書「黒いマヨネーズ」に対する相方・小杉竜一ら周囲の反響や、連載時の苦労話、そして今後の執筆活動の予定などを聞いた。

エッセイの連載中は全くもって楽しくなかったです(笑)

吉田敬の最新エッセイ集「黒いマヨネーズ」は幻冬舎より発売中
KADOKAWA

――いきなり抽象的な質問で恐縮ですが、吉田さんにとって、「黒いマヨネーズ」とは?

吉田敬:僕の中では、吉田敬という人間を象徴するものが三つあるんです。一つ目が、「M-1」での漫才(テレビ朝日系「M-1グランプリ2005」優勝)。二つ目は、「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で恋愛論を語った回(2016年8月11日放送「アメトーーク!presents ブラマヨ吉田の恋愛トーーク」)。そして三つ目が、この「黒いマヨネーズ」…そう言っていいくらい、すごく大きな存在ですね。

――「黒いマヨネーズ」は、月刊誌の連載エッセイのおよそ5年分をまとめたものですが、連載当時、毎月エッセイを執筆するのは大変だったのでは?

吉田:はい、全くもって楽しくなかったです(笑)。家で酒を飲みながらテレビを見たりしてても、頭のどこかではずっとエッセイのアイデアを探してましたから。何か思い付いたら、小さいメモ用紙に書き留めたりして、原案みたいなものは毎日練っていた感じでしたね。

当時は毎月25日くらいが連載の締め切りで、25日が近づいてくると、書き溜めた原案を基に原稿を書き始めるんですけど、提出し終わった後はいつも、解放感がハンパなかったです。「来月の10日までは、俺はもう、なんも考えへん!」って決めてました(笑)。

――そこまで苦悶しながらも、書き続けることができたのは?

吉田:例えば、テレビの場合、収録した後に編集っていう作業があるやないですか。そうすると、番組の中であんまり僕が面白く映ってなくても、「編集のせいや」って言えるわけですよ(笑)。視聴率がイマイチでも、どこかで「俺だけのせいじゃない」って言い訳できるんです。でもエッセイの場合は、一切言い訳が利かへん。何もかも自分の責任やから、「ここでアカンかったら、俺という人間はもうアカン」っていうくらい追い込まれるんですよね。だから毎回、何時間もかけて書いてましたし、その分、僕らしさが一番出ているんじゃないかなと思ってるんですけど。

実家の近所の本屋さんに「黒いマヨネーズ」が置いてなかったときは腹が立ちました

最新著書「黒いマヨネーズ」について「書籍化は連載してる頃から狙ってたんです」という吉田敬。「本にならないと割に合わへんと思ってたんで(笑)」
KADOKAWA

――漫才のネタは、相方の小杉竜一さんと二人で書かれているそうですが、同じ書く作業でも、やはりエッセイとは違うものなんでしょうか。

吉田敬:漫才のネタは、僕と小杉の間に大学ノートを置いて、本当に二人で一緒に書いてる感じなんで、エッセイとは全然違いますね。漫才を書いてるときは、小杉のアイデア1個でノってきて、どんどん面白くなっていくこともあるんですけど、エッセイは全部、自分発信ですからね。それだけに、毎月25日に向けてのストレスがキツかったわけで。

で、そのストレスがたまりにたまって、「もうやめたい、限界や」っていう頃にちょうど、本一冊になるくらいの量に達したんです。実は書籍化っていうのは連載してる頃から狙ってたんですよね。本にならないと割に合わへんと思ってたんで(笑)。

――毎回のテーマはどのように決めていたんでしょうか。

吉田:時事的なものを書くと、本になったときにどうしても古さが出てしまうから、流行りじゃないテーマで書くっていうのは意識してました。

一時期、エッセイのために考えてたことをしゃべりのネタに作り替えて、トークライブのツアーをやろうかなと思ったこともあるんですけど(笑)、ちょっと我慢できずに、エッセイにしちゃいましたね。

――読者の反響も大きいようですね。

吉田:実家の近所に、よく利用してるそこそこ大きい本屋さんがあるんですけど、その店に「黒いマヨネーズ」が置いてなかったときは腹立ちましたね。ここが吉田の地元やっていうのはその本屋さんも知ってると思うんですよ。そしたら、この店は一番に俺を愛さなアカンやろ、と(笑)。

あと、家族でショッピングモールに行ったときも、そこの本屋さんに「黒いマヨネーズ」が置いてなかったんですよ。だから、嫁に頼んで店員さんに聞いてもらったんです。そしたら、「『売り切れです』って言われた」と。「次の入荷はありますか?」って聞いたら、店員さんが「もちろんあります」って答えてくれたんですって。それを聞いて、めっちゃうれしかったんですけど、そのことを嫁がうれしそうに話してくれたのが、余計にうれしくて。一応、ちゃんと再入荷してるのか、というか、何冊入荷したのか、今度確認しに行こうと思ってるんですけどね(笑)。

小杉の感想は聞けてないけど、最近、俺にちょっと優しくなったのは感じてます

吉田敬の毒のある文体は、他の作家からの影響は全く受けていないのだそう。「それが才能と言われるなら、受け入れたいです!(笑)」
KADOKAWA

――身近な方々の反響はいかがですか。例えば、エッセイにも登場する烏龍パークの橋本武志さんといった後輩芸人の皆さんの反応は?

吉田敬:あ、橋本は読んでないですね、たぶん。何か言うてくるかなと思ってたんですけど。むしろ、あえて読まないようにしてるのかもしれないです、俺みたいな考え方にならんように。橋本は、「ブラマヨの吉田さんみたいなこと言うやん」的なことを結構言われるらしいんで。

――また、相方の小杉竜一さんのエピソードも出てきますね。

吉田:僕はこの本、誰にもあげてないんですよ。誰かにあげて、その人がTwitterとかで宣伝せえへんかったら、殺したくなるのが自分で分かってるんで(笑)。もらった方もプレッシャーじゃないですか。それも嫌やったんで、小杉にもあげんとこうと思ってたんです。でも、どうやら小杉は自分で買ったらしくて。本の中には、小杉には読まれたくない部分もあるんで、まだ感想は聞けてないですね。でも最近、小杉が俺に対してちょっと優しくなったのは感じてます。

――(笑)。「浮気と不倫の違い」のような、吉田さんならではのユニークな持論も出てきますが、奥さまの反応は?

吉田:連載してるとき、書き終わるとまず嫁に読んでもらってたんですよ。それで嫁が「おもろいやん、これ」って笑ってくれたら、このネタはなんとか行けるかなって思ったりして。で、不倫の回も見せたんですけど、普通に笑ってましたね。ただ、「誕生日プレゼントに嫁からNintendo Switchをもらったけど、あまりうれしくなかった」って書いた回だけは、怖くていまだに見せてません。嫁は既に全部読んだ気でいるから、これからもずっと、この回だけは読まずにいてほしいです。

――(笑)。吉田さんがエッセイを執筆をする上で、文体に影響を受けたり、参考にしたりされた作家はいますか?

吉田:それはほんまにいないんですよね。そういえば前に一度、本を読んでるときに、文章が4、5行くらいずっと句読点なしで書かれてあって、「こういう書き方があるんや」って感心したことはあります。誰が書いた本なのかは覚えてないんですけど。普段は主にミステリー小説を読んでるんですけど、自分が文章を書くときに参考にしようとか、あんまりそういう読み方はしてないかもしれないですね。

――独自に編み出した文体だと。

吉田:そうです! それが才能と言われるなら、受け入れたいです!(笑)

エッセイの仕事はしばらく休もうかなと。いいアイデアが浮かびそうになったら、焼酎で押さえ込みます(笑)

小説にも興味があるという吉田敬。「今の仕事がもうちょっと暇になったら、真剣に考え始めるかもしれないです」とのこと
KADOKAWA

――例えば、他の芸人さんの著書を読んだりすることは?

吉田敬:この世界に入る前は、(島田)紳助さんの書かれた本とか、松本人志さんの「遺書」とか、もちろんいろいろ読みましたけど、自分が芸人になってからは、他の芸人の本は読まないようにしてるんです。もし、僕が考えているのと同じようなことが書かれてたとして、一度それを読んでしまったら、その考えを言ったり書いたりしにくくなるじゃないですか。パクったと思われるのも嫌やし。

――では、作家としてライバル視している芸人さんもいない?

吉田:はい、全くいないです。ただ、本屋さんに行くと、(南海キャンディーズ・)山里(亮太)と(オードリー・)若林(正恭)の本がやたら置いてあるんで、「何やねん、こいつら」とは思ってますけど。まぁでも、あの二人に対するライバル心というよりは、「俺の本を置かずに、山里と若林の本ばっかり置きやがって」という本屋さんに対するいら立ちですね(笑)。

――現在は、雑誌連載のお仕事はされていないようですが、今後の執筆活動の予定は? 例えば、小説に挑戦してみたいといった目論見は?

吉田敬:小説はやっぱり、いつかは…ってぼんやり思うんですけど、僕はパソコンが使えないんですね。小説となったら、絶対パソコンは使えた方がいいじゃないですか。だから小説を書きたいという衝動に駆られても、「そしたら、パソコン習わなアカンな」っていう段階でいつも終わってます(笑)。小説は全く未知の世界なので、どれくらいしんどいのかも分からないですけど、チャレンジはいつでもできますからね。今の仕事がもうちょっと暇になったら、真剣に考え始めるかもしれないです。

――今後、書きたいテーマを温めていたりは?

吉田:パッと思い付くこともあるんですけど、今はあんまり深く考えへんようにしてるんですよ。この「黒いマヨネーズ」で一回燃え尽きてるんで。「こういうテーマを思い付いたんで、また連載の仕事やらせてください」なんて言ったら、またあの地獄が始まってしまう。それはちょっと耐えられそうにないんで。だから、もうしばらくは休もうかなと。何かいいアイデアが湧き上がりそうになったら、焼酎で押さえ込みます(笑)。

著作活動は「『黒いマヨネーズ』で一回燃え尽きた」という吉田敬。書きたいテーマが浮かんでも、今は深く考えないようにしているとか
KADOKAWA

(ザテレビジョン)

元記事を読む