1. トップ
  2. 石原さとみ「待ち時間にタイトルをつけるなら“イジり”(笑)」<Heaven?~ご苦楽レストラン~>

石原さとみ「待ち時間にタイトルをつけるなら“イジり”(笑)」<Heaven?~ご苦楽レストラン~>

  • 2019.7.6
  • 506 views
「Heaven?~ご苦楽レストラン~」に出演する石原さとみ、福士蒼汰、志尊淳
KADOKAWA

【写真を見る】真っ白な衣装に包まれた石原さとみ!これは女神…(「Heaven?」第1話より)

石原さとみ主演、福士蒼汰、志尊淳共演で描かれる7月9日(火)スタートのフレンチレストランコメディー「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)。同作の撮影現場での様子などについて、3人が語った。

ドラマ「Heaven?―」は「動物のお医者さん」などを生み出した佐々木倫子の漫画をベースにした作品。石原は己の欲求を叶えるためだけのフレンチレストランを開くオーナーの黒須仮名子、福士は笑顔が苦手だが真面目な上級ウェイターの伊賀観、志尊はなぜか憎めないウェイターアシスタントの川合太一を演じる。

「Heaven?~ご苦楽レストラン~」 (C)TBS
KADOKAWA

ドラマの舞台は、仮名子がオープンを計画しているフレンチレストラン「ロワン・ディシー〈この世の果て〉」。伊賀と川合は仮名子にスカウトされて、開店準備から働くことになるが、そこは「オーナーの、オーナーによる、オーナーのため」の奇想天外な店だった。

「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第1話より (C)TBS
KADOKAWA

『オーナーまんまだな!』って

――仮名子、伊賀、川合、それぞれのキャラクターについて伺いたいのですが、まず仮名子はどんな人物ですか?

福士「オーナー(仮名子)は、やりたい放題の人です。1人で突っ走っていってしまう。だから、周囲がフォローしようぜとなるので、組織としてはいい形ができているのではないかと思います」

石原「そういう伊賀くんを見ていると、“人って責任感を持つとこんなに成長するんだ!”と感じると思います。スカウトした店ではそうでもなかったのですが、人に指示もできるようになるんだって。第1話は伊賀くんの成長の話ですからね」

志尊「伊賀くんには寛大さをとても感じます。でも、すごくかわいそうだなとも思います」

「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第1話より (C)TBS
KADOKAWA

石原「伊賀くんって、全部を自分の責任にするんですよね。自己責任力が高いというか…。“僕がいけない、オーナーは頼れないって分かってたのに”“僕がいけない、川合くんに指示ができなかったからだ”って、自分を責めるプロ(笑)。だから、成長が早いのかもしれないですね」

福士「聞いていて、だんたんかわいそうになってきました(笑)。演じている時は自分のことなので、そう思ったことはなかったですが…」

石原「そーおー?かわいそうとは1ミリも思わないんだけどなー」

福士「それはオーナーだからですよ(笑)!」

石原「川合くんは…」

福士「何でしょうねー」

志尊「特に何もないみたいです(笑)」

――すでに撮影に入られているせいか、こうしてお話ししているとまるでそれぞれの役とお話をしているような感覚にもなります。それぞれに本当にぴったりの配役ですよね。

石原「原作をしっかりと読み込まれてから、キャスティングをしていただいていますからね」

福士「石原さんは勝村(政信)さんに『オーナーまんまだな!』って言われてましたもんね!」

石原「えー、でも、それはみんなそうでしょ!全員まんまだよ!」

「Heaven?~ご苦楽レストラン~」に出演する石原さとみ、福士蒼汰、志尊淳
KADOKAWA

待ち時間にタイトルをつけるとしたら、『イジり』です

――お三方の空気感もすでに出来上がっていますが、先ほどお名前の挙がった店長・堤役の勝村政信さん、シェフ・小澤役の段田安則さん、ソムリエ・山縣役の岸部一徳さんが加わると、現場はどんな雰囲気なのですか?

福士「大先輩もいらっしゃいますが、現場はまるで小学校の仲良しメンバーのような感じです。イジる人とイジられる人がいて、たまに加わる人がいて、俯瞰している人がいる。まず勝村さんが志尊くんや僕をイジるので、こういう人、クラスにいたなーって(笑)。岸部さんは俯瞰していて、たまにフフって笑っていらっしゃいます」

石原「6人の待ち時間にタイトルをつけるとしたら、『イジり』です。私も先輩方をいじりますし、先輩も後輩をイジる。勝村さんは主に志尊くんをイジりますけど、イジり返しは倍なんです。最近、勝村さんと福士くんは立場が対等なんじゃないかという感じになってきていて、むしろ勝村さんが…(笑)」

「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第1話より (C)TBS
KADOKAWA

志尊「劣勢になってきています(笑)」

石原「福士くんが『イジりのマウント取った!』みたいな(笑)。私はみなさんにあだ名をつけたりしています。福士さんは福くんで、志尊くんは毎シーン変わってます」

志尊「異名がたくさんあるんです(笑)」

石原「だから、3つ前ぐらいはもう覚えていなくて(笑)」

志尊「僕は関係性が家族みたいだなって思います。皆さん、大先輩で普通ならお話しすることも難しいのに、ノリから生まれたイジりを寛大に受け止めてくださって、温かく見守ってくださる。それを形にすると家族みたいだなって。お父さんとお母さんは、段田さんと岸部さんで…」

石原「どっちがお母さん?」

志尊「岸部さんがお母さんで、段田さんがお父さん。勝村さんが長男で」

石原「長男だね」

志尊「石原さんが長女で、福士くんが次男で、…僕は犬(笑)?」

石原「分かるわー(笑)」

気になる第1話のあらすじは?

「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第1話より (C)TBS
KADOKAWA

フレンチレストランで働いていた伊賀観(福士蒼汰)は、真面目な性格で営業スマイルができないため、仲間からも客からもまったく評価されていなかった。

しかしそんな彼を高く評価する女性が現れる。その謎の女性は黒須仮名子(石原さとみ)。彼女は近々オープンするという自分のフレンチレストランに伊賀をスカウトする。

「スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたはいいサービスマンになるわ。きっと」

その言葉に心を打たれ、彼女の店で働くことを決意する伊賀。

だがそのレストランは駅からも繁華街からも住宅地からも遠く離れた墓地の中に佇む店で、しかも彼女が集めた従業員は、元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一(志尊淳)、牛丼店の店長を5年務めていた店長・堤計太郎(勝村政信)、人に言えない秘密を抱えている不運の天才シェフ・小澤幸應(段田安則)、資格取得が趣味の元・銀行員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)と、小澤以外はフレンチ未経験の素人ばかり。

仮名子はなぜそんな彼らを集めたのか? はたして店は無事にオープンできるのか?

かつてない、“至極のフレンチレストランコメディー”の幕が開く!

【写真を見る】真っ白な衣装に包まれた石原さとみ!これは女神…(「Heaven?」第1話より)
(C)TBS
「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第1話より (C)TBS
KADOKAWA
「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第1話より (C)TBS
KADOKAWA
「Heaven?~ご苦楽レストラン~」 (C)TBS
KADOKAWA

(ザテレビジョン)

元記事を読む