1. トップ
  2. レシピ
  3. 野菜スープの人気レシピ特集☆ダイエット中・忙しい日こそ栄養をしっかり摂ろう

野菜スープの人気レシピ特集☆ダイエット中・忙しい日こそ栄養をしっかり摂ろう

  • 2019.7.6
  • 28838 views

野菜スープは栄養もたっぷり摂れるので、ダイエット中の人や忙しい人におすすめのレシピです。

野菜スープにはシンプルでヘルシーなものから、卵や玉ねぎなどの具材を使った本格野菜スープまで幅広くあります。

また、風邪を引いた時に温かくて栄養のあるものを、簡単に作れるのです。

野菜スープはアレンジも効くので、自分の好みのレシピに変えていきましょう♪

コンソメベースの野菜スープレシピ

コンソメベースの野菜スープレシピは、ほんのり優しくトマトやキャベツなどを入れてコトコト煮詰めていきましょう。

コンソメベースの野菜スープは根強い人気があるので、お好みの野菜をたくさん入れて作ってみましょう。

食欲がなくさっぱりといただきたいときは、コンソメがとても良く合います。

フルーツトマトの丸ごとスープ

コンソメスープを使って簡単フルーツトマトの丸ごとスープはいかがでしょうか。

セロリを細かくカットして、煮込み湯むきしたフルーツトマトを一緒に煮込み仕上げに胡椒をかけていただきます。

フルーツトマトを崩しながら食べましょう。

簡単♪キャベツナスープ

コンソメスープに野菜の旨味が染み渡り、優しい味に仕上がります。

ツナ缶でほんのり塩気をつけて味にコクを出していきます。

材料

ツナ缶 1缶 キャベツ 1/4個 玉ねぎ 1/2個 黄パプリカ 1/4個 コンソメスープの素 1個 水 500ml 味噌 小さじ1 パセリ お好みで

レシピ

①キャベツは一口大に、玉ねぎはスライスし、黄パプリカは小さめの角切りにします。

②鍋に水、コンソメスープの素を入れ中火にかけます。溶けてきたところで、油を切ったツナ、キャベツ、玉ねぎ、黄パプリカを入れて蓋をずらして5分ほど弱火にかけましょう。

③野菜が柔らかくなってきたら、一旦火を消し味噌を溶き入れて完成です。

味噌を入れるときは味をみて調整してくださいね。

バター香るちくわとコーンの食べるコンソメスープ

ちくわとジャガイモ、キャベツをコンソメスープを入れて煮込んでいきます。

仕上げにバターをほんの少し入れてコクを出してください。

コンソメスープの具沢山

ニンニク、人参、スープセロリを使った、具沢山の野菜スープです。

コンソメ味で、仕上げに粉チーズを加えていただきます。

根菜コンソメスープ

冷蔵庫にある野菜を使って、簡単にコンソメスープを作ります。

人参、玉ねぎ、白菜、蓮根、カブしめじ、豆苗、生姜、無添加コンソメを入れて少し塩を足して完成です。

パンプキンスープ

コンソメが効いた野菜スープは、甘みがあってとても美味しいレシピです。

甘いかぼちゃを使うとさらに美味しいですよ。

材料

かぼちゃ 1/4個 玉ねぎ 1/2個 バター 25g 水 300ml 牛乳 200ml 【A】コンソメ、砂糖 小さじ2 【A】塩 2つまみ 生クリーム 50ml

レシピ

①かぼちゃはラップに包んで3分レンチンし、冷めたら10等分くらいに切って皮を包丁でおとします。

②玉ねぎをスライスしてバターをフライパンに入れ弱め中火でよく炒めます。

③玉ねぎがかなりくたっとしたら、かぼちゃと水を入れて強火にし沸騰したら中火にします。

④水分がなくなるまで煮たら火を止め、ハンドブレンダーで全体なめらかにしたら、牛乳を入れ火をつけて途中混ぜてください。

⑤ふつふつしたら、【A】で味付けし、仕上げに生クリームを入れて混ぜて完成です。

お好みで茹でたブロッコリーを入れて、彩りを豊かにしましょう。

本格オニオンスープ

玉ねぎをじっくりと炒めて、コンソメスープでトロトロになるまで煮込みます。玉ねぎの甘さがとても優しい味わいになりますよ。

たっぷりブラックペッパーをかけてもいいですね。

具たくさんコンソメスープ

玉ねぎとトマト、コンソメを入れて少し醤油をたし、もずくを入れて溶き卵を入れます。

一煮立ちしたらレタスもたっぷり加えてごま油と、お酢を入れて完成です。色々な味わいが楽しめておすすめのレシピです。

たっぷりきのことベーコンのコンソメスープ

コンソメスープにキノコの旨味と、ベーコンの旨味が出てとても美味しくなります。

味付けはほとんどしなくても十分に美味しい野菜スープレシピです。

たっぷり野菜とウインナーのトマトコンソメスープ

ソーセージは野菜スープに入れると程よい塩気が出て美味しさが増します。

たっぷりの野菜を一緒に煮込んでいただきましょう。

じんわりあったか根菜ポトフ

コンソメスープが少し濁るくらい野菜や鶏の出しが出ているレシピです。

具材は少し大きめに切り食べ応えを出していきましょう。

材料

レンコン 1/2個 ごぼう 1/2本 じゃがいも(メークイン) 3個 人参 1/2本 玉ねぎ 1/2個 青ねぎ 1/4本 鶏肉の手羽元 6本 ウインナー 6本 出汁 1000ml(かつおだしパックで抽出) コンソメ 1個 塩こしょう 適量

レシピ

①鶏の手羽元はポリ袋に入れ、酒、塩(※分量外)を振りかけて10分ほどおきます。レンコン、ごぼう、じゃがいも、人参は乱切りに、玉ねぎはくし切り、青ねぎは小口切りにしましょう。

②出汁をあたため、じゃがいもと青ねぎ以外 の野菜を入れます。ふつふつしてきたところで、手羽元、ウインナーを加え蓋をして弱火で20分ほど煮てください。

③コンソメ、じゃがいもを入れ10分ほど煮込み、塩こしょうで味を整えれば完成です。

仕上げに青ネギを散らしていただきましょう。ごぼうの皮はアルミを丸めて擦れば簡単にむけますよ。

オーソドックスなバター香るコンソメスープ

シンプルに味わいたいときは、キャベツ、ウインナーだけの具材を使ってコンソメスープでいただきます。

少しバターを足して香りよくしていきましょう。

トマトベースの野菜スープレシピ

トマトベースの野菜スープレシピは、じっくりとトマトを煮込むことで旨味が染み込みます。

トマトの酸味が効いているので、食欲がない人でもペロリと食べられますよ。

トマトを早く消費したい時にも便利なレシピで、たくさん作って次の日の朝食などにも活用してみてください。

具だくさんツナトマトスープ

トマトベースで食べる野菜スープを作りましょう。

かぼちゃやしめじ、白菜などをたっぷり入れてボリューム満点です。

少し辛い?!トマトと卵のスーラータンスープ

トマトが入ったスープは酸味があってともて美味しくなります。

さらにお酢を足せば疲れた体を癒してくれますよ。

材料(4人分)

トマト 1個 春雨 10g しめじ 1/2株 溶き卵 2個分 【A】酢 大さじ2〜2.5 【A】醤油 大さじ2 【A】みりん 大さじ1 【A】鶏がらスープの素 小さじ2.5 【A】ラー油 小さじ1/2〜1 塩 2つまみ 万能ネギ 適量(小口切り) 水溶き片栗粉 大さじ2

レシピ

①トマトは湯むきをして食べやすい大きさに切り、しめじは石づきを落としてほぐしておきます。

②鍋に700mlの湯を沸かし、【A】を入れたらトマトと春雨としめじを入れ1分程煮込み、塩で味を整えて一度火を止めます。

③水溶き片栗粉でとろみを付けたら、再び強火にかけ、20秒ほどグツグツさせます。強火のまま溶き卵をゆっくり回しいれ、すぐに火を止め器に盛り付け、万能ネギを散らして完成です。

お好みでラー油を足して辛さを調整しましょう。

キャベツとベーコンのトマトチーズスープ

粉チーズとスライスチーズのダブル使いなので、濃厚な野菜スープになります。トマトの酸味がたまりません。

ミートボールのトマトスープ

ハンバーくのタネが余ったときは、次の日に野菜スープに入れてみましょう。

玉ねぎや椎茸など自分の好きな野菜を入れていただきます。

脂肪燃焼スープ

キャベツ、玉ねぎ、パプリカ、トマト缶、セロリ、コンソメを入れてコトコト煮詰めます。

唐辛子を加えても美味しくなりますよ。

あさりのトマトスープ

あさりを殻つきのままトマトスープに入れて、たくさんの野菜と一緒に煮込んでいきましょう。

あさりの出しが効いてとても美味しいですよ。

落とし卵のトマトスープ

トマトスープと卵はとても相性がよく、栄養バランスも良いでおすすめのレシピです。

ブロッコリーやお揚げなど入れて具沢山野菜スープにしましょう。

お豆たっぷりミネストローネ

豆は体にいいのでたくさん入れていきましょう。

具材を同じ大きさに切るのがポイントです。

材料 (3~4人分)

ミックスビーンズ 200g トマト缶 1缶(400g) 玉ねぎ 1個 人参 1/2本 ピーマン 3個 ベーコン 4枚 マッシュルーム 4つ コンソメ 1つ 水 400ml にんにく ひとかけ オリーブオイル 大さじ1 パセリ お好みで

レシピ

①玉ねぎ、人参、ピーマン、マッシュルームはさいの目に、ベーコンは拍子切りに、にんにくはみじん切りにします。

②鍋にオリーブオイル、にんにくを入れて弱火にし、にんにくに火が通ったところで、玉ねぎ、人参、ベーコンを入れて炒めます。その後ピーマン、マッシュルームを入れて炒め、豆を混ぜ合わせます。

③トマト缶、水、コンソメを入れ、蓋を少しずらしてのせ20分ほど煮て完成です。

野菜スープにパセリを散らして彩りを加えましょう。

生姜たっぷりの野菜スープ

たっぷりのにんじん、ピーマン、キャベツ、しめじ、ベーコンをストウブで蒸し焼きにします。

そのあとにコンソメスープ・生姜を入れてコトコト煮て、トマト缶を加えて完成です。

そのまま食べても美味しい野菜スープですが、ペースト状にしても美味しいですよ。

トマトとレタスのスープ

トマトとレタスを煮込み、少しコンソメを入れて仕上げに溶き卵を回し入れて完成です。

塩胡椒で味を整えましょう。

トマトチキンスープ

チキンを使って食べる野菜スープにしてみてはいかがですか?

トマト、セロリ、にんじん、たまねぎ、大豆、キャベツを入れて野菜たっぷりスープにします。

肉団子と大豆と野菜いっぱいトマトスープ

前日に余った肉団子と大豆、野菜をたっぷり入れてトマトスープで煮込んでいきます。

食べ応えがあるので、メインとしても重宝するレシピです。

海老となすのトマトクリームスープ

エビとナスを素揚げし、トマトスープの中に入れて、仕上げに生クリームでまろやかにします。

朝食にもぴったりで元気になるレシピです。

白いんげん豆とカブのスープ

白いんげんは体に良く、積極的に食べたい食材です。

トマトベースの野菜スープにカブを入れて柔らかく煮込みましょう。

パンにつけても美味しいレシピです。

和風ベースの野菜スープレシピ

和風ベースの野菜スープレシピは、和風だしを使用しているのでとても優しい味わいで美味しいですよ。

昆布だしやかつおダシなどでベースを作り、健康的な野菜スープを作りましょう。

忙しい人はだしの素でも、十分に美味しいレシピが作れるので試してみてください。

グリンピースのクリーミーすりながし汁

グリーンピースは子供に不人気ですが、スープにしてしまえばとても美味しくたくさん食べられますね。

和風だしでグリーンピースを裏ごしして味付けをして完成です。

鶏肉入り!具だくさん味噌けんちん

具沢山の野菜スープは味噌を入れて美味しくいただきましょう。

けんちんスープは満足できる健康スープとしておすすめです。

材料

鶏もも肉 1枚 大根 1/3本 人参 1/2本 レンコン 1/2個 玉ねぎ 1/2個 ごぼう 1本 しいたけ 2枚 油揚げ 1/2枚 青ねぎ 3本 だし汁 1,000ml 味噌 大さじ3 七味 お好みで 【A】塩 ひとつまみ 【A】酒 大さじ1(あれば液体麹)

レシピ

①鶏肉は大きめの一口大にし【A】につけます。

②大根、人参、レンコンはいちょう切りに、玉ねぎは千切り、ごぼうは斜め切り、油揚げは拍子切り、青ねぎは小口切りにします。

③だし汁をあたため沸騰したら、大根、人参、レンコン、玉ねぎ、ごぼうを入れ、中火にかけふたを傾けアクを取りながら15分煮込みます。

④油揚げ、鶏肉を入れ、10分ほど煮込み再びアクを取ります。

⑤火を止めて味噌を溶きいれ、再度火にかけあたためて完成です。

仕上げに青ねぎを散らしていただきます。

鶏手羽先のスープ

手羽先を軽く焼き目をつけて、和風だしで煮込んでいきます。

ニラや人参などを入れて優しい味わいていただきます。

手羽先がほろほろになるまで煮込んでください。

キノコとネギと卵のスープ

キノコのダシが出ていて、美味しいスープになります。

ダシダを使えば簡単であっさりといただけるレシピです。

冷蔵庫のあまりものでほっこり白菜スープ

冷蔵庫に白菜があれば、残り物でスープを作っていきましょう。

和風だしを入れてほんのりと塩気をつけていただきます。

豚肉と豆腐のピリ辛スープ

少しピリ辛にしていただくスープも脂肪燃焼になるのでおすすめです。

豆腐と豚肉が入っているので栄養も満点ですね。

材料

豚薄切り肉 120g 豆腐 1/2丁 長ネギ 1/3本 ニラ 1/2束 椎茸 2個 塩 少々 【A】鶏がらスープの素 小さじ1.5 【A】オイスターソース 小さじ2 【A】コチュジャン 小さじ2

レシピ

①豚肉は食べやすい大きさに切り、豆腐は6等分に、長ネギはななめ切り、ニラは3cm幅に切り、椎茸はスライスします。

②鍋に700mlの湯を沸かし、【A】を入れて豆腐、豚肉、椎茸を入れて3分ほど中火で煮込みます。

③春雨を入れて1分ほどしたら、ニラとネギも加えてさっと煮るます。仕上げに塩で味を調えたら完成です。

お好みでチリペッパーをかけていただきましょう。

夏鍋!鶏塩スープ煮

鶏の出汁と塩だけで味付けした優しいスープです。

水菜をたっぷり加えていただきましょう。

ヘルシーミートボールの和風肉だんごスープ温玉添え

ミートボールを和風出汁でじっくりと煮込んでいただきます。

キャベツや卵を入れて具沢山にしましょう。

器ごとチン!キャベツの塩バターラー油スープ

器に入れてレンジで加熱するだけの簡単レシピです。

忙しい時の朝食などにもぴったりですね。

材料

【A】鶏がらスープ 大さじ1 【A】水 300ml 【A】豚バラ肉 50g 【A】キャベツ 2〜3枚 バター 小さじ1 ラー油

レシピ

①耐熱性の丼に顆粒鶏がらスープ、水、豚バラ、ちぎったキャベツを乗せ、ふわっとラップで600Wで6分加熱します。

②よく混ぜてバター小さじ1、ラー油、あればゴマと黒胡椒をかけて完成です。

とても簡単なのでぜひ試してみてください。このレシピに冷凍うどんを加えると昼食にもなりますよ。

鶏むね肉と焼きねぎの鍋風さっぱりスープ煮

ネギをフライパンで焦げ目をつけ、鶏もも肉と一緒に和風だしで煮込みます。

白菜や好きな野菜を入れて野菜スープとしていただきましょう。

和風クラムチャウダー

蓮根、牛蒡、大根、舞茸、人参を炒め、白味噌を隠し味として使います。

牛乳に溶かして美味しくいただきます。あさりから出る美味しいダシがたまりません。

鶏肉と白菜とキノコのスープ煮

具沢山の野菜スープは食べるスープとして食卓で活躍できます。

鶏もも肉の旨味が効いているレシピです。

材料(3〜4人分)

鶏もも肉 180g 白菜 1/6個 えのき 1/2株 しめじ 1/2株 人参 30g 【A】酒 大さじ2 【A】みりん 大さじ2 【A】醤油 大さじ2 【A】白だし 大さじ2(ヤマキの割烹白だし)

レシピ

①鶏もも肉は下処理をして食べやすい大きさに切ります。白菜はざく切りに、えのきとしめじは石づきを落としましょう。人参は薄くスライスします。

②鍋に700mlの水と人参を入れ火にかけ、沸騰したら【A】を入れ中火にし、その他の具材を全部入れます。アクが出たら取り除きながら、5分ほど煮て完成です。

簡単にできて体にも優しいのでおすすめです。

カレーベースの野菜スープレシピ

カレーベースの野菜スープレシピは、いつものスープに飽きたという人にぴったりです。

辛さは自分で調整できるので、お好みの辛さにしてみてください。

カレールウを使った簡単レシピもあるので、あと一品汁物が欲しい時に便利なレシピですよ。

クスクス入りカレースープ

ジャガイモ、人参、ズッキーニ、玉ねぎ、茄子、ミックスビーンズ、クスクスも入れてカレー風味の野菜スープに仕上げます。

カレー風味は失敗がないので、困った時に役立つレシピです。

クリーミーカレースープ

レトルトカレーを使用してスープ仕立てにします。

好きな野菜を入れてペースト状にしてもいいですね。

具沢山スープカレー

スープカレーの中に豚肉ジャガイモ、人参、なす、ブロッコリー、しめじ、スナップエンドウ、玉ねぎ、ピーマンなど入れて煮込みます。

これだけで栄養バランスも取れて、メインにもなる野菜スープです。

たっぷりお野菜とミックスビーンズのカレーチーズスープ

たっぷりの豆と野菜スープはカレー風味で味付けをしましょう。

簡単レシピなので少し多めに作るのもいいですね。

材料

じゃがいも、人参、ズッキーニ、茄子 適量 ミックスビーンズ 適量 ベーコン 適量 カレーパウダー 適量 とろけるちーず 適量 コンソメ 1個 塩 胡椒

レシピ

①野菜は全てさいの目切りに、ベーコンは3cm幅に切りましょう。

②鍋にオリーブオイルを入れ野菜とベーコンと最後にミックスビーンズを入れて炒めます。

③水を入れて温まったらコンソメを入れ、カレーパウダーを適量入れます。

④味をみて塩、胡椒で調整し、最後にとろけるチーズを入れて完成です。

お豆たっぷりの野菜スープカレーなので、お腹にもたまりダイエットのレシピとして最適です。

具沢山カレー風味おかずスープ

たっぷりの野菜を煮込み、コンソメなどで味付けをし、カレー粉でほんのりカレー風味にします。

それぞれの旨味がスープに出るので、とても美味しい味わいになりますよ。

コク旨カレークリームスープ

牛乳も生クリームも使わずkiriクリームチーズでまろやかさを出しています。

ほんのりとカレー粉を足して味にアクセントをつけましょう。

豆乳ベースの野菜スープレシピ

豆乳ベースの野菜スープレシピは、健康的でとても美味しいのでおすすめのメニューです。

豆乳を使うと滑らかな味わいになり、ダイエットをしている人も積極的に摂りたいものです。

豆乳は女子にとっても体に良いので、毎日アレンジして食事に加えると良いです。

野菜との相性もバッチリで、野菜の旨味が豆乳に染み込んで自然な甘さになります。

生とうもろこしとじゃがいもの冷製ポタージュ

まだまだ暑い日には冷静野菜スープにしていただきましょう。

生とうもろこしはそのまま食べてお美味しく、程よい甘みが特徴です。

ブレンダーにかけて豆乳で少しさっぱりとさせましょう。

あさりの豆乳スープ

いつものクラムチャウダーを豆乳に変えるだけで、ヘルシーなレシピになります。

あさりのダシが十分に染み渡り、満足できるレシピです。

食べる野菜スープ

スープは雑穀、小豆、大豆、アマランサス、さつまいも、生姜無添加コンソメと豆乳で煮込みます。

シンプルではありますが、栄養価も高く、朝食にぴったりのレシピです。

食べる豆乳スープ

干し椎茸の出汁、塩、ごま油だけで作る豆乳スープです。

具材いは鶏団子、春雨、椎茸、白菜を入れて煮込んでいきましょう。

コーンスープ豆乳仕立て

いつものコーススープに使う牛乳を豆乳に変えていただきます。

材料

コーンスープ缶 1缶 豆乳 300ml ブラックペッパー パセリ

レシピ

①鍋に缶を開け、豆乳を入れて温めます。

②温まったら、ブラックペッパー、パセリを添えて完成です。

豆乳を入れたら煮立たせないように気をつけてくださいね。

酒粕とカブの豆乳スープ

酒粕を使って野菜スープを作ってみましょう。

豆乳で伸ばして美味しくヘルシーにいただきます。

野菜スープレシピで健康なカラダに!

野菜スープレシピのアレンジはたくさんあり、通常であればかさが増して食べきれないものでも、スープにするとたくさん食べられます。

栄養価も高い野菜スープを作り、自分だけのお気に入りを見つけてください。

野菜スープのレシピは朝、昼、晩と時間を選ばずに食べられますので、毎日一回は食べていきたいレシピですね♪

早速今日からでも野菜スープレシピを作ってみましょう!

元記事を読む