お兄ちゃんの葛藤! 赤ちゃん返りした上の子を成長させるヒント3つ

【ママからのご相談】

現在、年少の男の子がいるママです。先日、第2子を授かっていることが分かったのですが、息子に知らせたところ、早くも赤ちゃん返りが始まってしまいました。 出産するまでどのように関わっていけばいいか悩んでいます。どのように接していけばいいのでしょうか。

●A. 妊娠中は、お兄ちゃんになる準備期間!

ご相談ありがとうございます。フリーライターのmikiです。

ご妊娠おめでとうございます。いつもならできることを、「イヤ」といって拒否したり、オムツを卒業しているのに突然、おもらしして、「オムツしたい」と言い出したり。いわゆる、“赤ちゃん返り”を経験するという話を耳にします。

今まで、お母さんを独占していたのが、赤ちゃんが生まれた途端、お母さんは赤ちゃんに付きっきりになってしまうのですから、「お母さんを赤ちゃんに取られた」という気持ちが芽生えてしまうのかもしれません。

物理的に考えても赤ちゃんとお兄ちゃんのお世話を平等に、というわけにはいきませんから妊娠している今の期間を、“お兄ちゃん準備期間”としてみてはいかがでしょうか。そこで“お兄ちゃん準備期間”にしておいてよかったことを2人~5人のお子さんがいる先輩ママたちに聞いてみました。

●お兄ちゃん・お姉ちゃんになるためのヒント3つ

●(1)基本生活を自分一人できるように練習

年少さんの男の子であるなら、朝起きてから1日の流れの中でお子さん自身できることを一人でできるよう練習しておくのもポイントです。基本的な流れを書き出して、“自分でできるもの”“お母さんのお手伝いが必要なもの”について親子で話し合ってみましょう。

●(2)ぬいぐるみなどを使ってお兄ちゃん体験

お気に入りのぬいぐるみや人形を使ってお兄ちゃん・お姉ちゃんの疑似体験をさせてみましょう。オムツを替えたり、ミルクを飲ませたり、きちんとお世話する必要はありませんが、お世話体験することで一回りも二回りも成長することでしょう。

『あくまで“体験”ですので、駄目だしはせずに“ほめること”が大事。ほめてほめてほめまくりましょう!』

●(3)思いっきり甘えさせる時間をつくる

お兄ちゃん・お姉ちゃんになるための時間も大事ですが、これまで以上にママと濃密な時間を過ごすことも忘れずに。

『自身の体調と相談しながら2人だけの時間を楽しんで思い出作りをしましょう』

●プレッシャーをかけず時間をかけてゆっくりと

ついつい、「お兄ちゃん・お姉ちゃんになるんだから!」と言ってしまいがちですが、幼いながらもプレッシャーは感じてしまうもの。少しずつ時間をかけてお兄ちゃん・お姉ちゃんになる準備をしていきたいですね。

●ライター/miki(フリーライター)

幼稚園に通う4歳の男の子を育てるフリーライター。新聞記者を経て、フリーランスに。情報誌やインターネット、専門誌などで、これまでにアーティストのインタビューや教育記事、コラム、農業まで幅広く取材、執筆。子どもが大好きで、学習塾で小学生から高校生まで指導した経験も。また、転勤族の妻として東京、鹿児島、福岡などで暮らし、現在は宮城県在住。これまでに10回以上の引越し経験も持つ。ファッションとグルメと旅行を愛するママです。

元記事を読む
提供元: パピマミの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理