1. トップ
  2. 唐沢寿明のイジりに竜星涼が反論!戸田恵子、新木優子、チョコプラらも集結!映画『トイ・ストーリー4』舞台あいさつ

唐沢寿明のイジりに竜星涼が反論!戸田恵子、新木優子、チョコプラらも集結!映画『トイ・ストーリー4』舞台あいさつ

  • 2019.7.5
  • 308 views
映画『トイ・ストーリー4』のジャパンプレミアに出演者が集った
KADOKAWA

【写真】唐沢寿明が竜星涼をいじる一幕も

映画『トイ・ストーリー4』のジャパンプレミアが7月4日に東京・六本木にて開催され、同シリーズの日本版で声優を担当してきた唐沢寿明、戸田恵子に加え、本作にて「トイ・ストーリー」ファミリーデビューする竜星涼、新木優子、チョコレートプラネットの2人、さらには日本語版主題歌を担当しているダイアモンド☆ユカイが登場した。

『トイ・ストーリー4』は、大人気「トイ・ストーリー」シリーズの第4作。ウッディやバズらの新たな持ち主ボニーのお気に入りのおもちゃフォーキーが自分をゴミだと思い込み逃げ出してしまったことをきっかけに、ボニーのためにフォーキーを探す冒険に出発し、今まで見たことのない新しい世界を感じるといった物語。アメリカでは公開2週間連続ナンバーワンを記録し、すでに興行収入542億円を超えており、「絶対泣ける」「間違いなく、シリーズ最高傑作だ」と絶賛されている。

あいにくの雨により、レッドカーペットは中止。しかし、集まったファンは、そのようなことも忘れさせるほどの熱狂でキャストたちを迎え入れた。

唐沢寿明
KADOKAWA

初代トイ・ストーリー時代から23年間ウッディを務める唐澤は、今作につい「新しくておもしろいキャラクターばかり出て来るんでね。楽しいと思いますね。キャラクター一人ひとりのキャラが濃く、バックグラウンドもしっかりしている。ぜひ期待してください」と、舞台挨拶後に本作を楽しむために集まったファンに向けてコメント。

また、「トイ・ストーリー」の魅力について、「トイ・ストーリーって、1から見てもそうなんですけど、子どもが成長していく物語なんですよね。4もそれぞれのキャラクターが成長していくストーリーや、子どもが自立していく姿が詰まっていて、これまで以上に大人から子どもまで、幅広い方々が楽しめる作品になっていると思います」と本作を太鼓判。

戸田恵子
KADOKAWA

トイ・ストーリー2以来の出演となったボー・ピープ役の戸田は「長い月日を経て、また同じボー・ピープ役として起用してくれたことが、本当に嬉しかった。今回の作品の中で、ボー・ピープは、見ない間になにがあったのってびっくりしちゃうくらいたくましくなっているので、ぜひその変貌っぷりを楽しんでください。私自身も、ボー・ピープやほかのキャラクターたちの生き生きとした姿を見て、すごくエネルギーをもらったので!」と自信が演じたボー・ピープについて嬉しそうに紹介していた。

ダイアモンド☆ユカイ
KADOKAWA

初代トイ・ストーリーから日本語版主題歌を担当しているダイヤモンド☆ユカイは「唐澤さんが言ったように、時代とともに成長して、大人からこども、老若男女が楽しめる作品です。僕自身、この主題歌を最初に歌ったときは、誰が見ても勇気づけられるそんな作品だと思っています」とコメント、さらに23年ぶりに収録しなおした主題歌について「23年前は、バンドを解散してすぐだったこともあって、「ロックンローラーがディズニー?」って思ったんだけど、今や僕のイベントで歌っても、みんながハッピーな顔をする、僕を語る上で外せない曲となりました。いまだに「え?唐澤さんの曲でしょ?」っていわれたりするんだけどね」と話し、会場の笑いを誘った。

【写真】唐沢寿明が竜星涼をいじる一幕も
KADOKAWA

一方、今回新しくトイ・ストーリーファミリーとなった竜星涼は「まずはオーマイガーっていう気持ちでした。僕26歳なんですけど、まさに作品とともに育ったので、本当に嬉しかったですね」とコメント。唐澤から、「竜星くんってフォギーに似てるから、起用されたんだよね?」とのイジりに「いや、ちゃんと声優として評価されて選ばれたはずです!」とたじたじになりながら返答。一方、同じく今回初出演となった新木優子は「この作品とともに成長したと思っているから、うれしかったですね。そして、なによりも声だけとはいえ、唐澤さんや所さんや戸田さんのような、大先輩と一緒にお芝居できたのが本当に光栄でした」と嬉しそうに語った。

新木優子
KADOKAWA

さらに、今回コンビでの出演となったチョコレートプラネットの2人は「正直、今日が来るまでいつドッキリですと言われるかドキドキしてました。うれしさが無限のかなたに行きましたね」(長田)「うん。会場の方が納得されているのでよしとしましょう。チョコレートプラネット、苦節14年、一番大きな仕事なので、2019年の残りは惰性でやってこうかな」(松尾)と感想を述べた。

最後に唐澤は「このシリーズを1から見ている皆さんは、4を見ると驚きの連続だと思います。その部分を楽しんでほしいので、少なくとも2回は足を運んでいただければ幸いです!本当に面白い作品になっていますので!」とファンにメッセージを送り会場を後にした。映画『トイ・ストーリー4』は、7月12日(金)に公開。(東京ウォーカー(全国版)・於ありさ)

元記事で読む
の記事をもっとみる