1. トップ
  2. 藤原竜也が真矢ミキに恨み節!?「全部かっさらっていった」『Diner』撮影秘話を披露

藤原竜也が真矢ミキに恨み節!?「全部かっさらっていった」『Diner』撮影秘話を披露

  • 2019.7.5
  • 198 views
藤原竜也、まさかの恨み節!?
KADOKAWA

【写真を見る】玉城ティナ、涼やかなシースルーのドレス姿の全身ショットほか、豪華キャスト登壇の舞台挨拶<写真12点>

藤原竜也主演、蜷川実花監督で放つ映画『Diner ダイナー』の初日舞台挨拶が、7月5日に丸の内ピカデリーで開催。藤原、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、真矢ミキ、奥田瑛二、蜷川実花監督が登壇した。藤原は「後半で12時間ずっと雨に打たれてて。そこに真矢先輩が入ってきて、全部かっさらってもっていった」と恨み節を披露して笑いを取った。

無礼図(ブレイズ)役の真矢ミキ
KADOKAWA

真矢は「そんなことないです」とタジタジになりながらも、藤原は「ず~っと雨に打たれてて。監督が『どしゃぶりの雨なんだけど、花を降らせたい』と。僕は『雨と花びらってどうなんですか、監督!』とは一切聞かず、やらせていただきました」と激白。

メガホンをとった蜷川実花監督
KADOKAWA

蜷川監督は「途中で花びらがなくなるって言われたんですが『なくなるまでやって!』と言って、すごい量を降らせました」と、してやったりの笑顔を見せた。藤原はさらに「大変でしたよ、僕は。それに真矢さんが立ち回りすると、全スタッフから拍手が起こるんです。待て待てと。『俺、12時間、朝からやってるけど、拍手1個もないじゃないか』と」と苦笑い。

オオバカナコ役の玉城ティナ
KADOKAWA

真矢が「いや、私は年齢がいってるから、持ち上げないと死んじゃうじゃないかということで」と謙遜すれば、蜷川監督も「竜也の大変なところは、できて当たり前とみんなが思い過ぎちゃってるところ。アクションもものすごく上手なので、『あ、できたね』となるからね」と藤原を諭した。

スキン役の窪田正孝
KADOKAWA

7月7日の七夕が目前ということで、各ゲストが願い事を披露した。藤原は「Diner2 ALLメキシコロケ!!」と、窪田も「ダイナー世界へ!」と書き、蜷川監督を喜ばせた。

全員でフォトセッション
KADOKAWA

『Diner ダイナー』は、平山夢明の小説「ダイナー」の映画化作品。藤原が、殺し屋専用の食堂「ダイナー」に“王”として君臨するボンベロ役を、玉城が物語のカギを握る少女カナコ役を、窪田たち豪華キャストが最狂の殺し屋たちを演じる。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

元記事で読む