『Diner ダイナー』公開!蜷川実花が語る創造への想い「好きなものが魅力的に写ると信じている」

撮影:TSUBASA TSUTSUI

【写真を見る】蜷川ワールド全開の『Diner ダイナー』劇中カット

写真家・蜷川実花が本日(7月5日)公開の映画『Diner ダイナー』で『ヘルタースケルター』(2012年)以来、7年ぶりに映画監督を務めている。蜷川といえば鮮やかな色彩とこだわり抜かれた映像美に定評があるが、今回は彼女史上初のバイオレンス・サスペンスに挑戦。本作によってまた新境地を開いた蜷川だが、あらゆる作品において常に彼女を“新しい世界”へと奮い立たせるその原動力とは…? 「本作では新しいことにたくさん挑戦した」と少女のように楽しげに語る蜷川の創造の源をインタビューで探った。

「挑戦するハードルが高いほど、想像以上の場所へ行ける」

映画『Diner ダイナー』主演の藤原竜也
KADOKAWA

『Diner ダイナー』は平山夢明の小説が原作で、主人公で元殺し屋の天才シェフ・ボンベロには藤原竜也をキャスティング。そして、その脇を固める狂気に満ちた殺し屋には、窪田正孝、本郷奏多など豪華な俳優陣が集結し、スリリングな“殺し合いゲーム”を劇中で繰り広げる。まさに美(映像)×食(料理)×死(殺し合いゲーム)が織りなす超刺激的なエンターテインメントムービーとなったわけだが、どのような経緯から本作の着手に至ったのだろうか。

【蜷川実花】「プロデューサーから『こういう話の原作があるんだけど、それで映画を撮ってみない?』とお声がけいただいたのがきっかけでした。今までの2作は自分から『この作品を撮りたい!』というところから企画がスタートしていたので、本作は最初の段階から作戦の練り方が全然違ったんですよね。けど、原作を読ませてもらったら、すごく面白いなと思ったし、これまで私が手がけてきた作品とまったく異なる世界観で、なおかつ男性的な話であることに魅力を感じました」

本作は蜷川作品史上初の男性が主人公。重ねて、彼女にとって初のサスペンス&バイオレンス&アクション作でもある。今までとは毛色が違う、あえて自身の得意ではないジャンルに飛び込んでいく意義についてこう語る。

【蜷川実花】「過去を振り返ってみると自分の中で超えなきゃいけないハードルが高ければ高いほど、想像以上のところまでたどり着けたと思えることが多々あったんです。それに得意なことばかりやっていても、そこから先には進めない気がして。結果的に『Diner ダイナー』では“これでもか!”というほど自分の得意技を盛り込むことができましたし、ヴィジュアル的にもすごく妖艶で快楽的で、私らしい世界観を表現させてもらっています。本作は良い意味で原作との距離感があったからこそ、その隙間をどう埋めていくのかを考える作業が楽しかったし、自分に課したハードルが高かったからこそ、想像を超えた化学反応が起こせたのかなと思います」

「常に世界で戦えることを考えて作品を撮っている」

映画『Diner ダイナー』
KADOKAWA

映画はタイトル通り食堂が舞台。そこに運ばれてくる料理はまるでアートのように斬新で美しく、豪華な出演者にも引けを取らない程の存在感を発揮している。真っ黒なバンズと真っ赤なソースが毒々しいハンバーガー、タピオカと海老と果物が合わさった宝石のようなデザート…。刺激的な見た目ばかりに関心がいきがちだが、ビジュアル一つひとつの裏には常に世界を目指す蜷川の熱い想いがある。

【蜷川実花】「私は映画に限らず作品を作るときは常に世界で戦えることを念頭に置いています。今回の作品で日本らしいアイデンティティーを持たせられるならどこに力を注ぐべきか悶々としていたとき、『Diner ダイナー』の横尾忠則さんの画集を見て、個の世界観なら新しい価値観を作れると思い、依頼させていただきました。快くお引き受けいただき、食堂の装飾美術を横尾さんにお願いすることができました。その後、料理はどうするとなったとき、本作でフードクリエイションを担当した諏訪綾子さんの作品が頭をよぎったんです。諏訪さんの作品は以前、私も食べたことがあってまるで美術品のような、人の好奇心を刺激する料理を作る方だなという印象がありました」

諏訪氏や横尾氏といった信頼しているクリエイターに、蜷川が直接伝えたオーダーとは?

【蜷川実花】「本作への参加をお願いする際は『思う存分に自由にやってください。力を出しきってください』とお伝えしたのを覚えています。そうやって皆さんの力をお借りすることで、作品もより濃厚になるし、同時に世界で戦えるという手応えも感じました」

クリエイターの力を引き出すのも監督の務め。完成を目の当たりして、蜷川はどう感じたのだろうか。

【蜷川実花】「お2人だけでなく、フラワーデコレーションの東信さんや、ウォッカボトルを作成してくれた名和晃平さんなど、本当に信頼できる方々が力を貸してくれました。皆さんにお任せすれば、横尾さんも諏訪さん絶対に良いものが出来上がると信じていたので、思う存分に創作してもらったんです。私はただクリエイターが力を100%発揮できない環境にならないようにしただけですね」

「あえて危険な方を選ぶ」蜷川実花の仕事論、自分を信じ突き進むために必要なこととは?

【写真を見る】蜷川ワールド全開の『Diner ダイナー』劇中カット
KADOKAWA

取材中も繰り返し「得意なことばかりしていると先に進めない気がして」と語る蜷川。その言葉を体現するかのように近年の活動は写真家だけにとどまらず、映画監督、アーティストのMVの監督、そして2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の理事も務めている。蜷川を突き動かす原動力について尋ねると、笑い混じりにこう答える。

【蜷川実花】「何ですかね~(笑)? でも、過去に自分がやってきたことの焼き直しはしたくないし、もし目の前にふたつの道があったら危険なほうの道を選んじゃうタイプ。常に挑戦していたい…というよりも、飽きっぽい性分なのもあるのかも。私はきっと新しいことをやっていないと枯れてしまう病気なんだと思います。自分を心から信じきっている自分と、どんなに良い評価を受けてもダメ出ししてくれるふたりの自分が常にいるんです。だからこそ、いつもストイックでいられるのかもしれない」

しかしながら、完全に“自分を信じきる”というのはそう簡単なことではない。

【蜷川実花】「たしかに“自分を信じきる”というのは、それだけの努力を重ねていないとできないことだと思います。だから、結果仕事ばっかになっちゃうんですよね。自分で言うのも恐れ多いですが、仕事面ではアスリート並みにストイックな生活をしていると思います。つまり…実はとても真面目に仕事をしています(笑)」

「日々過密スケジュールに追われている」と笑いながら話すも、その表情は実に楽しげだ。蜷川は常に自分を追い込むのが好きだという。

【蜷川実花】「ひと言でいえば私は追い込み好きなんです。だから、スケジュールを入れて無理やり追い込んじゃっています。とくにこの1年の仕事量は尋常じゃなくて、さすがにやり過ぎだなって反省しているくらい(笑)。でも、やっぱり追い込まれるからこそ生まれてくるものもあるんです」

“好きなもの”が魅力的に写ると信じている

撮影:TSUBASA TSUTSUI

最後に、“映える”写真を撮るコツを蜷川に尋ねた。写真のプロである彼女の口から出たその答えは驚くほどシンプルだった。

【蜷川実花】「好きなものを撮るのが一番良いですよ。そもそも写真を撮る行為って“好きなことを残したい”“楽しさを誰かと共有したい”という気持ちから来ると思うんです。私もiPhoneでよく撮りますけど、特別なテクニックって何もないし、色味の調整もインスタに搭載されている機能で少し変えるくらい。じゃあ私の写真と一般的な写真の何が違うのか、と言ったら純粋に好きなものを撮っているか否かだと思うんです。私自身、好きなものは魅力的に写ると信じていますし、写真を撮るときは気持ちがどれだけ入っているかを重視しています」

最後に、写真を撮る際のアドバイスを聞いてみると、シンプルな答えが返ってきた。

【蜷川実花】「『大好きなものを夢中になって撮ってください』。シンプルだけど自分が好きなものを撮る。本当にそれだけなんです。結局は原点に回帰するんですよね」(東京ウォーカー(全国版)・近藤加奈子)

元記事を読む
提供元: ウォーカープラスの記事一覧はこちら

FEATURE

あなたにおすすめの記事
映画監督・蜷川実花が大切にする「自分を信じきる力」と「ダメを探す冷静さ」
殺し屋専用のダイナーを舞台に、狂気と刺激に満ちたスリリングかつ予測不可能なストーリーを展開する映画『Diner ダイナー』。『ヘルタースケルター』(12)以来、3本目の監督作を手掛けた蜷川実花さんに、映画製作のことからご自身の生き方についてまでたっぷり語っていただきました。
TRILL
蜷川実花と蜷川宏子が母娘でコラボ、極彩色の写真×キルトを融合させた企画展が福井で
企画展「蜷川実花・蜷川宏子 二人展ー 写真とキルトが生み出す極彩色の世界 ー」が、福井・金津創作の森 アートコアで開催。会期は、2019年7月20(土)から9月29日(日)まで。 mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery “写真×キルト”母娘でコラボレーション 写真家、デザイナーとしてだけでなく、『Diner ダイナー』『人間失格 太宰治と3人の女たち』など、映画監督としても近年活躍している蜷川実花と、母親であり、人気キルト作家として活動する蜷川宏子がコラボレーション。母・宏子が一針一針縫い進めた、チャーミングなアイディアに満ちたパッチワークキルト作品と、娘・実花による艶やかな写真を融合させた作品群が会場を彩る。 艶やかな満開の花々、まばゆいばかりの極彩色、絢爛豪華な世界観。作品には、そんな蜷川実花特有の印象的な色彩感覚が映し出されると同時に、それらが母・宏子から受け継がれたものであるということに気付かされる。異分野でありながらも、同じDNAを引き継いだ2人が織りなす“蜷川母娘の世界観”を是非会場で堪能してみてはいかがだろう。 オープニングトークも開催 なお開催日初日は、蜷川実花と蜷川宏子本人が登壇し、オープニングトークを開催。参加は無料で、先着200名限定となっている。 詳細 【詳細】会期:2019年7月20(土)~9月29日(日)時間:10:00~17:00(最終入場16:30)会場:金津創作の森 アートコア 休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)観覧料:一般 800円(600円)、高校生・大学生 400円(300円)、中学生以下無料65歳以上・障がい者 各半額、障がい者の介護者(当該障がい者1人につき1人) 無料※( )は20名以上の団体料金。※リピート割:半券で2回目が「半額」料金適用。受付で係員の指示に従うこと。65歳以上・障がい者は半額料金のため、リピート割の適用不可。■蜷川実花・蜷川宏子 オープニングトーク日時:7月20日(土)13:00~14:00会場:アートコア ミュージアム-2料金:無料(要入場整理券)定員:定員200名 全席自由※当日11:00から「入場整理券」をアートコア アプローチ(屋外)で配布。先着200名。詳しくは公式HP参照。©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
ファッションプレス
映画監督・蜷川実花さんが生きづらさを感じる女性たちに伝えたいこととは?
写真家、映画監督、マルチな才能で活躍されている蜷川実花さんへのインタビュー。父・蜷川幸雄さんから教えられたことはまさに、今息苦しさを感じる女性たちに伝えたいことなのだそう。第一線で活躍し続ける実花さんのブレない芯の強さとは?
TRILL
沢尻エリカとの“共演”に蜷川実花「本当に照れて照れて」
沢尻エリカと佐藤健が出演しているサントリーチューハイ「ほろよい」の新CMに、それぞれと親交のある蜷川実花と高橋優が出演す...
ザテレビジョン
ファン必見!ハローキティー×蜷川実花のコラボパフェが登場
資生堂パーラーでは、サンリオの人気キャラクター・ハローキティと、写真家・映画監督の蜷川実花さんのディレクションブランド「M / mika ninagawa」とのコラボレーションによるスペシャルパフェ「ハローキティ スペシャルパフェ」2106円(税込)を、7月19日(金)~11月下旬の期間限定で販売する。 対象店舗は「サロン・ド・カフェ」ラゾーナ川崎店・自由が丘店・日本橋店・横浜髙島屋店・横浜そごう店・JRセントラルタワーズ名古屋店・神椿の全7店舗。 「ハローキティ スペシャルパフェ」は、ハローキティとゆかりの深い“りんご”をキーアイテムに、ハローキティのかわいらしさと、蜷川実花さんの世界観を表現。 グラス底のりんごジャム、りんごゼリー、紅玉を使ったりんごソースと伝統のバニラアイスクリームやストロベリーソースとのマリアージュによる絶妙なバランスとやさしい味わいが楽しめる。 トッピングには、マーブルチョコレート製のピンクムーンやりんご型ゼリー、フラワー型のチョコレート、いちごやリボンなどが盛り付けられ、乙女心をくすぐる可愛さにうっとりすること間違いなし! パフェは蜷川実花さんの写真を用いたオリジナルランチョンマット(紙製)にて提供されるので、ワクワクした気分をさらに高めてくれる。 なお、2種類用意されたランチョンマットは時期によって提供される種類が異なるので、詳細は店舗にてお問い合わせを。 “可愛い”をぎゅっと詰め込んだスペシャルパフェをいち早く味わってみて! ©1976, 2019 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G600807
ストレートプレス
小栗旬、驚異のシンクロ率…! 蜷川実花撮影で“太宰治のポーズ”を再現
太宰治の遺作「人間失格」を映像化した、小栗旬主演映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」が9月13日(金)に公開。今回、予...
ザテレビジョン
玉城ティナ、憧れの蜷川実花監督作で「濃いキャラクターの方々に絡まれた(笑)」
主演・藤原竜也、監督・蜷川実花で贈るタッグを組んだ映画「Diner ダイナー」が7月5日(金)に公開。元殺し屋の天才シェ...
ザテレビジョン
「ドリス ヴァン ノッテン」が2020年春夏メンズで蜷川実花 × YOSHIROTTENの作品を使用 日本人アーティスト初
「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN、以下ドリス)」は、パリで発表した2020年春夏メンズ・コレクションで、写真家の蜷川実花とグラフィックアーティストのYOSHIROTTENが制作した作品をファブリックデザインに用いた。同ブランドがコレクションで日本のアーティストとコラボレーションしたのは今回が初めて。
WWD
蜷川実花監督、藤原竜也への思いを語る「私にとっても大切な人」
7月5日(金)より公開の映画「Diner ダイナー」が第22回上海国際映画祭公式上映に招待され、蜷川実花監督が6月19日...
ザテレビジョン
ハローキティ×蜷川実花が夢コラボ!資生堂パーラー サロン・ド・カフェに華やかキュートなパフェがお目見え♡
資生堂パーラー サロン・ド・カフェ ラゾーナ川崎店をはじめとする7店舗に、ハローキティ×M / mika ninagawaとのコラボパフェがお目見え♡ 7月19日(金)より期間限定で販売がスタートします♪ キティ誕生45周年のお祝いパフェ 資生堂パーラー サロン・ド・カフェ7店舗にお目見えするのは、ハローキティ誕生45周年のお祝いパフェ『ハローキティ スペシャルパフェ』(2,106
isuta
資生堂パーラーからハローキティ&蜷川実花とのコラボパフェが登場 - りんごが主役の華やかな一杯
資生堂パーラーから、誕生45周年を迎えるハローキティ、写真家・映画監督の蜷川実花が手掛けるブランド「エム / ミカニナガワ(M / mika ninagawa)」とのトリプルコラボレーションによる「ハローキティ スペシャルパフェ」が登場。2019年7月19日(金)から11月下旬までの期間、ラゾーナ川崎店・自由が丘店など7店舗で提供される。 ©1976, 2019 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G600807 ハローキティの誕生45周年を記念して考案された「ハローキティ スペシャルパフェ」は、キュートなハローキティと、蜷川実花の世界観を表現した華やかなスペシャルパフェ。りんご3個分の体重、りんご5個分の身長、好きな食べものはママの作ったアップルパイ、というハローキティにちなんで、りんごがキー食材となっている。 グラス底からりんごジャム、りんごゼリー、紅玉を使ったりんごソースと伝統のバニラアイスクリーム、ストロベリーソースと、りんごを主役にした絶妙なバランスとやさしい味わいがポイント。仕上げにマーブルチョコレート製のピンクムーン、りんご型ゼリー、いちご、リボン・ハート・フラワー型のチョコレートを飾れば完成だ。 また、本メニューには蜷川実花の写真を用いた紙製のオリジナルランチョンマットが付属。9月末頃まではホワイト、以降はレッドをベースにした異なるデザインとなっている。 【商品情報】 資生堂パーラー×ハローキティ×エム / ミカニナガワ 「ハローキティ スペシャルパフェ」 販売期間:2019年7月19日(金)〜11月下旬 価格:2,106円(税込) 販売店舗:資生堂パーラー サロン・ド・カフェ ラゾーナ川崎店・自由が丘店・日本橋店・横浜髙島屋店・横浜そごう店・名古屋店、神椿 ©1976, 2019 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. G600807
ファッションプレス
藤原竜也、師の娘・蜷川実花監督との初タッグに感慨「僕の人生にとって貴重な時間」
藤原竜也主演、蜷川実花監督で放つ映画『Diner ダイナー』(7月5日公開)のジャパンプレミアが、6月6日に東京国際フォ...
Movie Walker
藤原竜也×蜷川実花の“最狂”映画「ダイナー」に川栄李奈、コムアイ、板野友美、木村佳乃ら
藤原竜也主演、蜷川実花監督による7月5日(金)公開の映画「Diner ダイナー」の追加キャストが発表された。発表されたの...
ザテレビジョン
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。