1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. URBAN RESEARCHオリジナルデザインの「来民渋うちわ」発売

URBAN RESEARCHオリジナルデザインの「来民渋うちわ」発売

  • 2019.7.4
  • 827 views

「URBAN RESEARCH (アーバンリサーチ)」では、昨年に引き続き、京都・香川と並び、うちわの日本三大産地として知られていた熊本県山鹿市来民の「渋うちわ」を、アーバンリサーチオリジナルグラフィックで作成し、7月6日(土)より順次販売する。

「渋うちわ」は柿渋を塗りコーティングした和紙を使用するのが特長。青い未熟のがら柿(豆柿)から採った柿渋は、うちわに塗ることにより和紙を丈夫にし、長持ちさせ、さらに防虫効果の役目も果たすという。

また、年月とともに深みを増す、独特の色彩の美しさは唯一無二!

アーバンリサーチオリジナルグラフィックの「来民渋うちわ」は、明治22年に創業し、現在も変わらず伝統的な手法でうちわづくりを行なっている「栗川商店」が制作。昨年のデザインに加え、新たな柄も展開する。来民でしか作られない「来民渋うちわ」は、町の名の通り“民が来る”と言う意味で商売が繁盛すると言われているのだそう。

発売は、「アーバンリサーチ」KYOTO・COCOSA熊本店にて7月6日(土)から、「アーバンリサーチ オンラインストア」にて7月12日(金)12:30~となり、「アーバンリサーチオリジナル 仏扇渋うちわ」12種、「栗川商店 仏扇渋うちわ」8種の全20種を取り扱う。価格はいずれも1296円(税込)。

浴衣で楽しむ夏祭りはもちろん、自宅でのインテリアとしても映えるモダンなデザインのうちわを、ぜひゲットして。

元記事で読む
の記事をもっとみる