1. トップ
  2. 水野美紀主演「奪い愛、夏」がAbemaTVで放送決定! 小池徹平&松本まりかと“三角関係”に

水野美紀主演「奪い愛、夏」がAbemaTVで放送決定! 小池徹平&松本まりかと“三角関係”に

  • 2019.7.4
  • 438 views
「奪い愛、夏」がAbemaTVで放送決定
(C)AbemaTV

水野美紀主演、鈴木おさむ脚本のオリジナルドラマ「奪い愛、夏」が、8月8日(木)よりAbemaTVで放送されることが分かった。

【写真を見る】前作よりも狂気度200%アップ…! 水野美紀の“怪演”にゾクゾク

倉科カナ主演で2017年1月期にテレビ朝日系の金曜ナイトドラマ枠で放送された「奪い愛、冬」の制作チームも脚本作りに全面協力し、全く新しいオリジナル版としてオンエアされる。

登場人物たちの壮絶な“奪い合い”や、水野演じる蘭の「うずくのぉ~!」「ここにいるよぉ~!」「むしってやる!」といった強烈なセリフが大きな話題を振りまき、毎週放送のたびにSNSを中心に盛り上がりを見せた「奪い愛、冬」。

デザイン会社勤務の池内光(倉科)、その婚約者・康太(三浦翔平)、光の元彼・森山(大谷亮平)、森山の妻・蘭(水野)らが、奪い合う恋愛=“奪い愛”によって変貌していく姿を描き、ドロドロしているけどキュンとする“ドロキュン”恋愛ドラマとして注目を集めた。

新たに放送される「奪い愛、夏」は、主演の水野と共に、鬼気迫る演技に定評のある小池徹平、松本まりかの“豪華怪優陣”が一挙に集結し、危険な愛のトライアングルに挑む、クレイジー“狂愛”ドラマとなる。

気になるストーリーは…

「1億円で私と結婚しなさい!!」敏腕女社長・花園桜(水野)からの突然の提案。だが、桐山椿(小池)には同じ広報部に勤める彼女・空野杏(松本)がいた。

桜の執拗な監視の目をくぐり抜けながら彼女との逢瀬を重ねるも、その関係に気付いた桜が、とんでもない行動を取り始める…というストーリー。

脚本を務める鈴木は「水野美紀さんの究極の怪演が戻ってきます! しかも地上波ではないので、ずっとトップスピード、真夏のLOVEホラーです! 毎回、お化け屋敷に入るつもりで見てください! そして『ここにいるよー』も爆発します。本当に面白いです! 一夏の激しい興奮を!」とコメントを寄せた。

さらに、「なになになに?」「え!まさか…」と既に話題となっている水野演じる花園桜のInstagramアカウント「監視日記(自分だけ)」。

今後も桜のちょっぴり不気味な日常や、背筋がゾワッとするような心境の吐露などが日々更新されていくという。

また、Instagramよりもさらに本心をむき出しにして更新される、匿名で更新のアメーバブログ 「 マッチングアプリを運営する女社長のブログ 」も開設された。

ドラマ本編のみならず、こちらにも注目しておきたいところだ。

水野美紀「またやるのか~!(笑)」

出演に当たり、水野は「またやるのか~!と思ってまずは笑いました(笑)。そして、またあの怪演が出来ると思って、とても嬉しかったです。

この調子で『奪い愛』シリーズは、永遠にシリーズ化できそうだし、していきたいなと思います(笑)」と喜びを語る。

脚本の印象を「鈴木おさむさんが今回も、色んな意味で遊んでいるなと思いました。そして、おさむさんの『遊び』を私達役者全員で掛け合わせて最高に面白くしようと思いました。

私の演じる主人公"桜"の印象は、まさに『狂女』です。この世にいたら、絶対に関わりたくない女性ですが(笑)。脚本を読んだ瞬間から桜のインスピレーションが頭に浮かび、初回から絶好調で役が仕上がっています」と明かす。

さらに、ファンに向けて「今回の『奪い愛、夏』は、 前作とつながる部分はありつつも、全く新しい物語でパワーアップして、ストーリーが展開されます。1話さえ見たら『こういうことか!』と思いますので、ゼロから見る心づもりで、まずは初回を必ず見ていただけたらと思います。

また、ストーリー以外では、女社長である"桜"の『帽子』にこだわっているので、ぜひ注目していただけるとうれしいです」とメッセージを送った。

小池徹平コメント

――出演オファーを受けた時、どう思われましたか?

水野美紀さん、松本まりかさんとの三角関係と聞いて、なぜかすぐに、すごくイメージが湧きました。

また、鈴木おさむさんの脚本と聞いて「これは、むちゃくちゃになるだろうな」とかなり楽しみになりました(笑)。

水野さんとは10代の時にご一緒したぶりでご無沙汰しており、少し恥ずかしいなと思いながらも、お互い年齢を重ねた上での演技の変化を楽しみたいなと思いました。

――脚本を読んだ印象は?

脚本の鈴木おさむさんが良い意味で遊んでいる、遊びゴコロ・面白さ満載の脚本で、すごく好きだなと思いました。

僕の役の"椿"には共感はしにくいですが(笑)、固定概念なく演技を楽しんだもの勝ちだと思いましたし、おさむさんにも「真面目にやるというより、楽しんでね」と言われたので、全部全力で受け止めてやってみよう!と思いました。

――視聴者に向けて見どころ・メッセージ。

前作のファンの方は、前回に続き予期できない「ハッ」と驚くようなシーンにも期待していただきたいですし今回、新たなメンバーで色んな意味が詰め込まれている「純愛」を演じているので、そこにご期待ください。

松本まりかコメント

――出演オファーを受けた時、どう思われましたか?

衝撃的でした!

あの「奪い愛、冬」のチームが結集し、あの水野美紀さんがパワーアップして帰って来て、あの小池徹平さんとの三角関係と聞いて、怖ろしいほど濃密すぎてクラっときました。

――脚本を読んだ印象は?

すごい。みんな普通じゃない。生き切ってる。だけど彼らを狂わせたのは「愛」という普遍への執着。だから誰しもがその「愛の沼」に溺れるかもしれないリアル。事実より最高に奇なりです(笑)。

――視聴者に向けて見どころ・メッセージ。

ロミジュリのように危険な恋愛にドキドキし、ホラーに震え、極限状態で笑うしかないところでなぜか涙が止まらない、そんなこの夏一番のカオスで刺激的なドラマになるんじゃないかなと思っています。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む