山、海、温泉、ヘルシー食材…女子にうれしいモノがいっぱい♡ 東京の離島・八丈島でパワーチャージ! #Omezaトーク

八丈富士の写真

これまで、隠岐の島(島根)、五島・福江島(長崎)、天草諸島(熊本)、桜島、種子島、屋久島、奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島(以上鹿児島)、沖縄本島…と、国内旅行は主に西日本の島を好んで旅をしていました。
東京の島は近すぎるということもあり、あまり興味を持ったことがなく、たまたまANAのマイルが貯まっていたので、せっかくならANAしか就航していない場所へ行こうと、消去法で選んだ場所が八丈島でした。

ちなみに、都内から八丈島へのアクセスは、下記2つになります。

1)飛行機:羽田空港⇒八丈島空港 ANAのみ運航/1日3往復/片道55分
2)船:東京・竹芝桟橋⇒八丈島・底土港または八重根港 東海汽船のみ運航/1日1往復/片道約10時間20分

飛行機で行くと、フライト時間は55分なのであっという間なのですが、天気がよければ、窓から伊豆大島や三宅島、御蔵島などの伊豆諸島の島々も眺められ、フライトそのものも楽しめます。

三宅島と、飛行機の窓から見た八丈島
写真左:飛行機の窓から見えた三宅島 写真右:八丈島(手前)と八丈小島(奥)

八丈島は、東山の三原山(標高701メートル)と、西山の八丈富士(標高854メートル)の2つの海底火山が接合した火山島で、ひょうたんの形をしていることから「ひょうたん島」とも呼ばれています。かつてNHKで放送されていた人形劇「ひょっこりひょうたん島」のモデルとも言われているそう。

また、それぞれの山に別々の生態系が存在する、世界的にも珍しい地形で、三原山は温泉も湧き出る豊富なお水と照葉樹林の森を、八丈富士は伊豆諸島最高峰のダイナミックな景観をトレッキングで楽しめます。

残念ながら、これまで4回も行っているのに、ほとんどが悪天候で(涙)、トレッキングも海水浴もできていないのですが、それを差し引いても、何度でも行きたくなるくらい、八丈島には魅力がいっぱいあります。
そこで、いくつか八丈島の魅力をご紹介しましょう!

(1)温泉がとにかくスゴイ!

八丈島には、町営の温泉施設が全部で7つもあり、露天風呂から断崖絶壁を一望できる「みはらしの湯」、森の中で滝を眺めながら入れる「裏見ヶ滝温泉」、高台から海を眺めながらサクッと入れる「足湯きらめき」など、各施設それぞれに味わいがあります。
7施設中、4施設が有料で、3施設は無料。
全部入りたいけど毎回入浴料を払うと結構な金額になりそう…なんて心配は無用!
フリーパス「温泉一日周遊券」を購入すれば、なんと600円で全部入れちゃうんです!
ちなみに、私は免許を持っていないので、ひとりで行くときは2日間バス乗り放題&温泉入り放題の「2日間バス・温泉共通券BU・S・PA(バスパ)」1,000円を購入しています。こうなると、ひたすら観光・入浴・観光・入浴のくり返し(笑)。
八丈島の温泉は、火山島だけあって、源泉かけ流しで湯量は豊富です。泉質は、ナトリウムの塩化物強塩温泉で、無色・透明でなめらかな感触で泉質もバツグン! 効果・効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、うちみ、冷え性、疲労回復、きりきず、火傷、慢性皮膚病、慢性婦人病…などさまざま。さすがに、1日3回も入るとお肌がツルツル、すべすべになります。

そうはいっても、「草津とか箱根とか近場でよくない?」という人もいると思いますが、さらに何がスゴイかというと、露天風呂から見られる景色のスケールが違うんです。
残念ながら、お風呂は撮影禁止なので、休憩室と足湯から眺められた景色を一部ご紹介しますね。ご興味ある人は、ぜひこちらのHPから見てみてください。⇒ http://www.hachijo.gr.jp/hotspring/

緑と海の写真、足湯の写真、海の写真
左:「みはらしの湯」、中央:足湯きらめき、右:足湯きらめきからの眺め

(2)食事がヘルシー!

八丈島の名物といえば、まっさきにあげられるのが、スーパーフード「明日葉」。
町中の道端や林道、山の中、至る所に生えていて簡単に採れるそうです。
食べ方は、天ぷらや炒めもの、お浸し、和えものにするのが主流のよう。
栄養価が高く、とくに、βカロテンが豊富に含まれ、ほうれん草やケールよりも多く含まれています。βカロテンには、抗発ガン作用や動脈硬化の予防、体内でビタミンAに変換されると、髪、視力、粘膜や皮膚、喉や肺などの呼吸器までも守る働きがあるといわれています。
また、「カルコン」と呼ばれるフラボノイドには、抗酸化作用やがんを抑える作用が、「クマリン」には抗菌作用やアルツハイマーの予防に効果があるといわれているそうです。おまけに、食物繊維が豊富で、美容にもいいのだとか。

明日葉の天ぷら
明日葉の天ぷら

また、明日葉以外にも、栄養豊かな土地で収穫されたイモ類や野菜、黒潮で獲れる新鮮な魚や海藻類など、自然の恵みを感じられる食材が多く、どれもヘルシーなので、安心していただけます。
八丈島には、ファーストフード店とコンビニエンスストアチェーンが1件もなく、また、スーパーも商店も遅くまで営業をしていないので、無駄な夜食買いをする心配もありません。
極端に言うと、八丈島に行ってしまえば、もう健康的な生活を送る以外、道はないのです(笑)。

小鉢が多数ある和食の写真
郷土料理がいただける「いそざきえん」さん(http://www.hachijo.gr.jp/restaurant/isozakien/)。島の味覚を堪能できるのでオススメ!

(3)絶景のインスタ映えスポットが多い!

自然豊かな八丈島は、絶景スポットも多く点在しています。インスタ映えすると、若い女性たちも最近は多く訪れるのだとか。
そんな絶景スポットの一部を写真でご紹介していきましょう。

八丈富士の写真、木のテーブルとイスの写真

こちらは、八丈富士の中腹から山頂までを「八丈富士ふれあい牧場」から見たところ。牧場自体も雲よりも高いところにあり、運がよければ写真のように雲海テラス状態になることも。ちなみに、期間限定ですが、こちらの八丈ジャージーソフトクリームとヨーグルト、牛乳がおいしいです♪

八丈富士の写真、木のテーブルとイスの写真

島の至るところから、海に沈んでいく夕日を眺めることができます。
こちらは、「南原千畳岩海岸」から見た、八丈小島と夕日のコラボ。ゆっくりと少しずつ太陽が沈んでいく様は、感慨深いものがあります。
ちなみに、海岸沿いを走るマラソン大会やヨガ講座も開催されているので、スポーツやエクササイズなどを楽しみたい人も多く訪れるそうですよ。

大里の玉石垣の写真

こちらは、玉石垣の六方積みという手法で規則正しく積み上げられている「大里の玉石垣」。島の歴史や文化が感じられる観光スポットで、インスタ映えスポットとして、女子にも人気が高いそうです。

(4)その他

ほかには、町中にハイビスカスをはじめ、南国を感じさせる美しい花が至るところに咲いていたり、季節によっては蛍を見たりすることもできます。

ハイビスカスの写真、蛍の写真

いかがでしたでしょうか?
わざわざ沖縄に行かなくても、たった55分飛行機に乗れば、南国ムードと絶景に出会え、おまけに温泉でキレイになれたり、自然豊かな食材でヘルシーになれたりしちゃいます。

そうそう、言い忘れていましたが、八丈島は坂道が非常に多いので、歩けば歩くほど、足腰を鍛えることも可能(笑)。体力に自信のある人は、自転車を借りて島半周(1週はかなりきついと思われます)してみてもいいかもしれません。

夏休みの予定がまだ決まっていない人は、ぜひ八丈島に行かれてみてください♪

(編集 けーこ)

Omeza トークとは…
FYTTE 編集部員が、みなさんの朝のお目覚ましになるようなダイエット・美容・健康小ネタをお届けするコラムです。

元記事を読む
提供元: fytteの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。