1. トップ
  2. 大森南朋、ムロツヨシの先輩への気配りに関心「優しさがすごいね」

大森南朋、ムロツヨシの先輩への気配りに関心「優しさがすごいね」

  • 2019.7.3
  • 1013 views
「川柳居酒屋なつみ」にゲスト出演した大森南朋
2017年ザテレビジョン撮影

7月2日放送の「川柳居酒屋なつみ」(テレビ朝日系)で、ムロツヨシが酒の席での先輩との付き合い方を語る場面があった。

【写真を見る】“子供フィルター”で野球少年のようなあどけなさを見せる大森南朋

この日のゲストは、7月11日(木)スタートのドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)で主演を務める大森南朋。同作は、韓国の大ヒットドラマ「サイン」(2011年)を原作に、遺体から“真実”をあぶり出す法医学者たちと、不都合な“事実”を隠ぺいしようとする巨大権力の激しい攻防戦を描く法医学サスペンス。大森は、主人公の解剖医・柚木貴志を演じる。

大森は、「酒に酔いおなじ話を繰り返す」という川柳を披露し、年齢とともに同じ話をついついループさせてしまうことが増えたと告白。続けて、「次の日、昼前くらいに起きて自分が恥ずかしいやつに思える」と苦笑いを浮かべる。

対してムロは、「南朋さんの同じ話の繰り返しは見たくないですね、後輩としては」と応じた後、「同じ話を繰り返す先輩に対して“対処法”は持ってます」と語り始める。

話がループしていることを指摘せず、かといって初めて聞く素振りでもなく、「おっしゃってましたよね」と先輩の話に同調しつつ、「あの時ってああだったんですか?」などと話をふくらませて、「同じ話をしちゃったと思わせない、違う角度の質問を入れたりする」と、その“対処法”を解説するムロ。

耳を傾けていた大森は、「それ、優しさがすごいね」と感嘆の声を上げ、「だから『またムロと飲もう』って気持ちになるみたいな(笑)」とも付け加えていた。

次回の「川柳居酒屋なつみ」は7月9日(火)放送予定。(ザテレビジョン)

オリジナルサイトで読む