1. トップ
  2. 村上信五、陸上・山縣亮太選手の背筋に「こんもりしてタクシーの真ん中みたい」と興奮

村上信五、陸上・山縣亮太選手の背筋に「こんもりしてタクシーの真ん中みたい」と興奮

  • 2019.7.3
  • 1827 views
7月5日(金)放送の「村上信五∞情熱の鼓動」では、陸上・山縣亮太選手に密着
(C)フジテレビ

7月5日(金)に放送される「村上信五∞情熱の鼓動」(夜1:25-2:25、フジテレビ)に、陸上・山縣亮太選手が登場する。

【写真を見る】番組ナビゲーターの村上信五、リトグリとの共演時には鋭いツッコミも

同番組は、村上信五がナビゲーターを務め、東京2020オリンピック・パラリンピックで活躍が期待されるアスリートたちに密着。これまで、競泳・瀬戸大也選手や卓球・張本智和選手、バレーボール・古賀紗理那選手らに、村上が迫ってきた。

村上が対談のために訪れたのは、山縣選手が社会人となった今も練習拠点にしている母校・慶應義塾大学競走部のトレーニングルーム。

初対面の2人だったが、会って早々に山縣選手の体が大きいことに気がついた村上が、「我々のセオリーでいくと、(体が大きいと)邪魔になるんじゃないか…?」と率直に問いかけると、「よく言われます」と答えが。

さらに村上は山縣選手の上半身に触れ、「でもめちゃくちゃ締まってる。脂肪というか無駄なところは全然ない。腹筋もめちゃくちゃ割れてる、背筋こんもりしてタクシーの真ん中みたいになってる」と例え、場を和ませる。

村上「100メートルの見方が変わりますね」

対談では、山縣選手に100メートル走の歩数が決まっているかを尋ねると、「調子によりますが良い時は47.5歩」という細かく、正確な答えがあり驚く。練習の時に歩数を数えているということも分かり、山縣選手が“精密機械”と呼ばれる由縁を垣間見る。

しかも、100メートル走の最後は減速するという事実に陸上の奥深さを知り、「100メートルの見方が変わりますね」と村上は感心しきり。

さらに番組では、日頃の練習の様子や、合宿中に魚をさばいて自炊する意外な姿も披露。世界レベルのスプリンターでありながら、技術コーチをつけずに練習し、“異色のランナー”と言われながらも、走りを極めようとする山縣選手。その探究心が男子4×100メートルリレーでの歴史的快挙を生んだ。

「どうしたらもっと速く走れるのか?」を追求し続ける山縣選手の強さの秘密に村上が迫る。

今回の対談は、5月下旬に収録。それからおよそ1カ月後に行われた日本選手権を肺の病気のため、出場断念を余儀なくされた山縣選手。9月の世界選手権へ向け、復帰が望まれる。(ザテレビジョン)

元記事で読む