1. トップ
  2. 登坂広臣、中条あやみからの指摘に赤面「恥ずかしかった(笑)」

登坂広臣、中条あやみからの指摘に赤面「恥ずかしかった(笑)」

  • 2019.7.2
  • 270 views
映画「雪の華」撮影当時の思い出を振り返る中条あやみ、登坂広臣、橋本光二郎監督(写真左から)
(C)2019映画「雪の華」製作委員会

登坂広臣と中条あやみが主演を務めたラブストーリー、映画「雪の華」が7月3日(水)にブルーレイ&DVDとしてリリースされる。余命を宣告された美雪(中条)と、ガラス工芸家を目指す青年・悠輔(登坂)が1カ月間限定の恋人として過ごしていく姿を描いた物語。プレミアム・エディションには、映像特典のために撮り下ろされた「プレミアム・トークinカフェ“Voice”」が収録されており、発売を記念してその一部が公開された。

【写真を見る】見つめ合う登坂広臣と中条あやみ

映像では、本作で登坂が演じる悠輔が働くカフェ“Voice”に、登坂、中条、橋本光二郎監督が集まり、撮影秘話を語る様子が映し出されている。

登坂の印象を聞かれた中条は「みんなでご飯に行ったりした時に、登坂さんはご飯についていつもノーコメント。割といつも『うん、うん』みたいな(笑)」と、気になっていたことを明かす。登坂は「プライベートなのにいちいち食リポみたいなのやかましいでしょ!?(笑)」とツッコみ、和やかなムードに。

続けて登坂は、自身の恥ずかしいぶっちゃけエピソードも披露。フィンランドでの撮影の合間、“サーモンスープ”がおいしいレストランを探し、中条やスタッフを誘ってランチへ出掛けた時のこと。

店に到着し、メニューを見ながら自慢げに「ここの(サーモンスープ)おいしいらしいよ」と登坂が言うと、中条から「こないだ夜に(登坂さん含めみんなで)来ましたよ…!同じメニューを頼んでましたよ」と、指摘を受けたという。

「恥ずかしかった(笑)。すごい赤っ恥をかきました」と、赤面する登坂に中条は「すっごいドヤ顔だった(笑)」と振り返り、終始楽し気なトークを交わした。

特典映像には、今回公開された映像の他、本編シーンを見ながら撮影の舞台裏や役作りについて登坂や中条、橋本監督自身が解説するなどの撮り下ろし映像が約60分収録されている。(ザテレビジョン)

元記事で読む