1. トップ
  2. 黒羽麻璃央×小越勇輝×濱正悟、ドラマ「コーヒー&バニラ」を語る!『どんだけキスするの!?』

黒羽麻璃央×小越勇輝×濱正悟、ドラマ「コーヒー&バニラ」を語る!『どんだけキスするの!?』

  • 2019.7.1
  • 748 views
ドラマ特区「コーヒー&バニラ」で共演する(左から)濱正悟、黒羽麻璃央、小越勇輝
KADOKAWA

超肉食系で深見(桜田通)のライバル社長・阿久津孝晃を演じる黒羽麻璃央

7月4日(木)からスタートするドラマ特区「コーヒー&バニラ」(毎週木曜夜0:59-1:29、MBSほか)。本作は、シリーズ累計450万部(電子版含む)を突破している同名人気コミックをドラマ化した作品。

田舎から上京し大学デビューを果たしたばかりの恋愛初心者の女子大学生・白城リサ(福原遥)と、何もかもが完璧な若手社長・深見宏斗(桜田通)との“激甘溺愛”ラブストーリーを描く。

リサと深見を取り巻くメーンキャストとして出演する、超肉食系で深見のライバル社長・阿久津孝晃を演じる黒羽麻璃央、リサの大学の同級生で、リサに思いを寄せている犬系男子・吉木翼を演じる小越勇輝、深見を公私共に支える美しい秘書・市柳雪を演じる濱正悟の3人にインタビューを実施。それぞれの役どころや、原作などについて話を聞いた。

超肉食系で深見(桜田通)のライバル社長・阿久津孝晃を演じる黒羽麻璃央
KADOKAWA

――ご自身が演じる役について、教えてください。

黒羽:今まで演じたことがない役ですし、現実にいたら引いてしまうようなキャラクターですが、ドラマや漫画だからこそ許されるような役であり、女性が理想とする男性像の1人だと思うので吹っ切って演じられたらいいと思います。今は、「どうしましょうね?役作り(笑)」という感じです。

小越:すごくフレンドリーで明るい役で…こういうキャラクターって「なんでここで出てくるの!」って思うことがあるんです。でも、自分の役だからか読んでいて憎めない感じがしたので、そこは大事にしたいなと思います。うっとうしいなと思われないようにしつつ、人懐っこい感じが出せたらいいなと思います。

濱:社長思いで全面サポートする中でいろんな方と会って、時折シュールな表情を見せるところが面白いと思うので、演じていくのが楽しみです。

また、描かれてないですけど、読書好きみたいなことが書いてあるのでオタク気質な感じなのかなと思います。内に秘めてる熱いものとかもあったりして、社長のリサに対する表情とか行動を見て感じている部分を役にしていきたいなと思いました。

――台本を読んでみていかがですか?

小越:僕は少女漫画を読む機会がちょこちょこあったんですけど、今回自分が関わるということで照れくささが…。

黒羽:少女漫画ってこういうのがベースですか…?これ結構ハード目…ですよね?

小越:俺も台本読みながら「わっ」(顔を両手で覆いながら)ってなっちゃう。

黒羽:「見ちゃいけないものを見てしまった!」みたいなね(笑)。刺激の強い作品ですし、阿久津もそういう描写はあるので…台本は最終回までは読んでませんが、どこまでやりきるんだろうなっていうのが今から楽しみです。

小越:僕は学生で20歳の役ですけど、お二人(深見、阿久津)が30歳の役ですので…オトナには勝てないですよね…オトナの魅力を知っちゃったらなかなか同級生とかいけなくない?分かんないけど…。

濱:年上の男性は余裕があるのですてきですよね。

「もうどんだけキスするの!?そんなキスする?」(小越)

――原作を読んだ感想を教えてください。

小越:照れくさかったのと、展開の速さに驚きました。普段少年漫画を読むことが多いので、全然違う視点や感覚で読めて、完全には分からないですけど、女性が読む感覚が分かったような気がします。「もうどんだけキスするの!?そんなキスする?」と思いましたね(笑)。

リサ(福原遥)の大学の同級生で、リサに思いを寄せている犬系男子・吉木翼を演じる小越勇輝
KADOKAWA

濱:同じく少女漫画を読んだことがなかったので、結構新鮮な気持ちで読めました。あの甘々な感じがドラマでどこまで描かれるんだろうという楽しみと、雪を演じることを意識しながら読んだんですが、あまり波が激しくないのでどうやって表現すればいいのかを考えながら読みました。他の皆さんの役も格好良いなと思って。

阿久津となつき(喜多乃愛)の関係も結構好きです。別冊の漫画「コーヒー&バニラ black」も普通にじっくり読んじゃって(笑)。少女漫画にハマってしまったのかな…。

イケメン社長・深見(桜田通)にバックハグをされるリサ(福原遥)
(c)「コーヒー&バニラ」製作委員会・MBS

――同性として深見をどう思いますか?

黒羽:スマートで余裕があるし、何させても画になるし…憧れのボーダーラインを超えています。

小越:いや、ずるいですよね、勝てないですよ。何とか自分でどうにかしてやろうかと思っても、その隙がないというか、悔しいとも思えないくらい完璧だから。

黒羽:めちゃくちゃ息が臭いとか、そういうことがない限り無理ですよね(笑)。

小越:そしたらいける!(笑)

濱:完璧なので神のような存在ですよね。原作を読んでて、何か起きるんじゃないかと思ったら、最後に深見さんが何かをやってくれるじゃないですか。そこの部分での信頼もありますし、セクシーなところが男性として憧れます。

――「コーヒー&バニラ」の中で、演じてみたい役はありますか?

黒羽:それはもう深見じゃないですかね。ヒーローへの変身願望と同じ感覚で、実在したらえげつない人なんで。

小越:僕も同じですね。撮影でカメラの前に立つ前までの過程で、家でどう練習しようとか、あたふたしちゃうと思いますね。

濱:迷いますけど、阿久津は憧れますね。たばこの吸い方が格好良いんですよ。

黒羽、小越:そこですか!?(笑)

濱:はい。ベッドの上でも、女性を抱きながらたばこを吸ってるじゃないですか。やっぱり煙というものは色気がありますよね。

深見(桜田通)を公私共に支える美しい秘書・市柳雪を演じる濱正悟
KADOKAWA

――ドラマの撮影に期待していることや楽しみにしていることはありますか?

黒羽:阿久津のような、強引さや“オレ様”な感じがある男の子も「いいな」と思ってもらえるように、一癖も二癖もある人間を演じられたらいいなと思ってますので。ドラマ版も楽しんでいただけるように頑張ります。

小越:すごくバタバタッと決まって、バタバタッと始まる感じなので、この作品がドラマ化することが想像しきれないんですけど、原作を読んだ時の自分の感覚だったり、読者の女性の方も、読みながらワクワクドキドキする感覚があると思うので、ドラマでもその感覚を伝えられたらと思います。逆に興奮して寝られなくなっちゃったりとか(笑)。

濱:ガッツリ原作のある作品を演じるのは初めてなので、原作の世界観も大切にしつつ、ドラマならではの良さも出せるように頑張りたいなという所存です。

――最後に、ドラマを楽しみにしている方にメッセージをお願いします。

黒羽:深見さんに負けません!

小越:また全然違ったキャラクターを出せると思うので、「面白いやつ出てきたな」と思ってもらえるように頑張りたいと思います。

濱:社長をサポートしつつ、雪の魅力も出せていけたらなと思います。

第1話「キス&ナイト」あらすじ

モテ系女子大生の白城リサは、周りから高嶺の花扱いされるけど、実は恋愛経験ナシ。「恋をするならとろけるような甘い甘い恋がしたい」リサがそんな夢を見ていたある日、しつこいナンパに困っていた彼女の前に現れたのは、スーツが似合うすてきなオトナ男子・深見宏斗だった。

深見(桜田通)とリサ(福原遥)。ドラマ特区「コーヒー&バニラ」より
(c)「コーヒー&バニラ」製作委員会・MBS

スマートな振る舞いでリサを助けてくれた深見。お礼も兼ねて、そのまま食事に行くことになるが、はじめてのキスに、はじめての…。ちょっとビターで、極甘な至極の溺愛ラブストーリーが始まる。(ザテレビジョン)

元記事で読む