1. トップ
  2. レシピ
  3. サッパリと美味しいおかずレシピ5選、食べて食欲も気力もアップ!

サッパリと美味しいおかずレシピ5選、食べて食欲も気力もアップ!

  • 2019.6.30
  • 40993 views

雨が降る日が多く、スッキリと晴れない日々が続いていますね。こういう日に食べたいのは「サッパリ」とした美味しいもの。ジメジメとした季節にサッパリとした料理を食べて、リフレッシュしたいですね。

そこで今回は、サッパリと美味しいおかずレシピを5つご紹介。この夏、大活躍しそうなレシピばかりです。

■レモンの酸味がたまらない、サッパリレモン蒸し鶏



火を使いたくない蒸し暑い日にも、気楽に作れるのがこちらのレシピ。電子レンジだけで簡単にサッパリとしたレモン蒸し鶏を作れます。レモンは皮も使用するので、香り高く、酸味も増し、今の季節に最適です。

仕上げにスプラウトを散らし、お好みでレモン汁をかけてからいただきましょう。スプラウトの代わりに、貝われ菜や刻みネギを散らすのも良さそうです。プチトマトやブロッコリーを添えるのもオススメ。輪切りしたレモンを1枚飾るとより華やかに。 鶏肉とレモンのコンビネーションがたまらない美味しさ。何度もリピートしたくなります!

■どんな主食にも合う、簡単に作れる大根とツナのサッパリマリネ



時間がないときでも、パパッと作れるおかずがあったらいいですよね。この大根とツナのサッパリマリネなら、切って、混ぜて、盛るだけでとっても簡単!

作り方は、大根と水菜をボウルに入れ、塩をまぶして5分程置き、水気がでてきたら水気を絞ります。そして、ドレッシングのボウルに塩をまぶして置いた大根と水菜、ツナを入れて軽く混ぜ、器に盛れば完成です。

大根のサクサクした食感が食欲をそそります。このレシピでは手作りの甘酢を使用していますが、市販のものを使ってもよいでしょう。ご飯だけではなく、パンにも合うマリネです。

■焼きノリの風味がアクセント! サッパリ枝豆入りつくね



夏と言えば「枝豆」。ビールのおつまみにもピッタリですよね。そんな枝豆入りのつくねも、サッパリしていて絶品です。つくねのタネに入れる焼きノリがアクセントとなった香ばしさが魅力。大根おろしとショウガをのせ、ポン酢しょうゆをかけ、お好みで貝われ菜を散らしてからいただきましょう。

焼いたシシトウを添えたり、貝われ菜の代わりに刻みネギを散らしてもいいですね。鶏ひき肉ではなく、鶏むね肉を粗みじんにすると食感がさらに良くなります。ご飯が進む、満足度の高い一品です。お酒のおつまみにもピッタリ!

■彩りが美しい、サッパリとした口当たりのトマトスープ



スープにトマトを入れることで、よりサッパリとした味わいになります。こちらのスープには、トマトと溶き卵、ワカメ、ベーコンを入れるので、具だくさんで彩り鮮やか。このスープとパンもしくはご飯だけで立派な朝食になります。お好みでドライパセリを散らしたり、具材に玉ねぎやキャベツを加えるのもいいでしょう。

サッパリとした飽きのこない味のスープなので、そのときどきで追加する具材(季節の野菜など)を変えるのもアリ。スープは時間を置いてから食べても、具材に味がしみ込んで美味しいですよ。

■お箸が止まらない美味しさ! ズッキーニのさっぱりマリネ



夏の野菜のひとつ、ズッキーニを使って作れるのが、こちらの簡単マリネです。マリネ液にしょうゆを入れるので、少し和風な味わいがポイント。サッパリとしていて食べやすく、一度食べ始めると、お箸が止まりません。

作り方は、フライパンにオリーブ油を強火で熱し、ズッキーニに塩コショウしてから、両面に焼き色がつくまで焼きます。ズッキーニが熱いうちにマリネ液に漬け、食べる直前まで冷蔵庫で冷やしましょう。食べるタイミングで器に盛ればオッケーです。サンドイッチの具材やワインのおつまみとしても活躍してくれそうですね。

程よい酸味が効いたサッパリとしたおかず。夏に食べると、爽やかな気分になりますよね。「暑くて重い料理は食べたくない」「梅雨のジメジメを吹き飛ばしたい」と思ったら、今回ご紹介したレシピをぜひご活用くださいね!

(木下あやみ)

オリジナルサイトで読む