1. トップ
  2. グルメ
  3. 今、最も食べるべき一杯!鶏白湯にこだわった、愛知の絶品つけ麺

今、最も食べるべき一杯!鶏白湯にこだわった、愛知の絶品つけ麺

  • 2019.6.30
  • 5232 views

「らーめん つけ麺 喜竹(きたけ)」(愛知県岡崎市)は「肉汁つけうどん 喜竹」が手掛ける、鶏白湯にこだわったラーメン店。高火力で炊き込む濃厚な鶏スープは、1日分ずつを丁寧に仕込んでいる。

【写真を見る】鶏の旨味が凝縮され、奥深い味わいの「ぱいたんつけ麺 並盛」(800円)

鶏白湯にこだわったラーメン店「らーめん つけ麺 喜竹」
KADOKAWA

なかでも注目したいのが、濃厚かつ奥行きのある味として話題の「ぱいたんつけ麺 並盛」(800円)だ。つけ汁のスープは丸鶏がメイン。若鶏、親鶏、ボンジリの3種類が使われるが、素材によって脂や旨味が異なるため、季節ごとに配合を変えているのだそう。さらに、寸胴に魚介節、野菜、豚肉などを追加することで旨味を抽出するのだとか。強烈な鶏の旨味と共に、それぞれの素材の味も感じられる。

【写真を見る】鶏の旨味が凝縮され、奥深い味わいの「ぱいたんつけ麺 並盛」(800円)
KADOKAWA

店長がおすすめするトッピングは、オリジナル調味料の「うま辛」(120円)。途中で加えると味がガラリと変わるので、ぜひお試しあれ。

また6月から、夏を意識したピリ辛味の「まぜそば」(820円)がスタート。こちらも見逃せない!

スープの配合は、季節によって調整される
KADOKAWA

■らーめん つけ麺 喜竹 / 住所:愛知県岡崎市西本郷町社口39-3 / 電話:0564-32-3139 / 時間:11:30~14:00、18:00~21:00 / 休み:月曜(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

元記事で読む