1. トップ
  2. グルメ
  3. 〈東京ステーションホテル〉の「SHIKI ORIORI Summer」で優雅な大人の夏休みを。

〈東京ステーションホテル〉の「SHIKI ORIORI Summer」で優雅な大人の夏休みを。

  • 2019.6.28
  • 950 views

東京丸の内駅舎の中に位置する〈東京ステーションホテル〉では、夏限定のアフタヌーンティーセット「SHIKI ORIORI Summer」を7月25日(木)~8月12日(月祝)の期間限定で発売します。旬のフルーツをふんだんに使ったアフタヌーンティーは、なんと1日10食限定!ひと足お先に味わってきたので、詳しくレポートします!

ヨーロピアン・クラシックの気品漂うロビーラウンジ。

undefined
Hanako 編集部

アフタヌーンティーを提供するのは、〈東京ステーションホテル〉のロビーラウンジ。2012年の同ホテル再開業時に誕生し、高い天井や縦長窓など英国式ヨーロピアン・クラシックの内装が、優雅なひとときを演出します。

こちらでは、今春から新しくアフタヌーンティーセットの提供をスタートしました。その名も、春夏秋冬を意味する「SHIKI ORIORI」。ネーミングの通り、季節ごとに年4回スイーツの内容が変わります。

フレッシュフルーツが盛りだくさん!季節感を大切にした「SHIKI ORIORI Summer」。

undefined
Hanako 編集部

今回いただいた「SHIKI ORIORI Summer」は、メロンや桃・ベリーなど季節のフルーツがたっぷりと盛り込まれており、フルーツが多めなので食べやすいのも特徴です。「スイーツをしっかり味わってほしい」というシェフの思いから、一つひとつのスイーツが大きめなのも魅力的。

シェアして食べてもちょうどいい量ですが、贅沢に独り占めするのもおすすめですよ!

上段は涼しさ感じる3種のスイーツ。

undefined
Hanako 編集部

上段は、爽やかなマスカット味のジュレにフルーツがたっぷり入った「フルーツジュレ」や、ふわふわのエスプーマとコンポート、チョコレートに包まれたクッキーのさくさく食感が楽しい「桃のティラミス」、フレッシュなメロンとアプリコットソースの相性がぴったりな「ココナッツブランマンジェ アプリコットソース」というラインアップ。

私のお気に入りは、見た目もかわいい「桃のティラミス」。全体の赤い色は、フランス産の“赤い桃”を使って出しているそうです!

中段はしっかり味わえるスイーツ2種。

undefined
Hanako 編集部

そして中段は鮮やかな黄色が美しい「レモンのガトー」とベリーがたっぷりとのった「カスタードのプリン」。レモンのガトーは2層になっていて、上層のレモンクリームと下層のバニラクリームとの酸味と甘みのバランスが絶妙にマッチします。

プリンは、同ホテル内にあるバー&カフェ〈カメリア〉の人気メニューをアレンジしたもの。濃厚なプリンとほろ苦いカラメルが絡み合うクラシカルな美味しさです。

下段は旬の食材をふんだんに使ったセイボリー。

undefined
Hanako 編集部

セイボリーは、竹炭の黒色が映える、ギリシャのタラモサラダのミニバージョン「竹炭パンのタラモオープンサンドウィッチ」や、オーガニックのトマトに国産レモンで風味を出し、さっぱりと味わえる「こだわりトマトの冷製スープ レモン風味」、長州牛のローストビーフを贅沢に使った「和牛ローストビーフのタルティーヌ ワサビ豆乳クリームソース」など、個性豊かな一品が並びます。

どれも本当に美味しくて、一度伸ばした手が止まりません!

夏限定の「ティーソーダ」など爽やかなドリンクも。

undefined
Hanako 編集部

また、セットのドリンクは夏限定の「ティーソーダ」をはじめ、オリジナルフレーバーティー、ハーブティー、紅茶等15種類から、おかわり・種類変更が自由!スイーツとお好みのドリンクを合わせて、ゆったりとご堪能ください。

この夏は、気品あふれる東京駅舎のラウンジで、優雅な大人の夏休みを満喫してみてはいかがでしょうか?

「SHIKI ORIORI Summer」
2019年7月25日(木)~8月12日(月祝)
4,280円/5,980円(グラスシャンパーニュ1杯付)
※税込・サ別
東京ステーションホテル1F ロビーラウンジ
11:00提供開始(10食なくなり次第終了)
※予約不可(先着順)
※2時間制(ドリンク30分前LO)

〈東京ステーションホテル〉
東京都千代田区丸の内1-9-1
03-5220-1111
公式サイト

元記事を読む