1. トップ
  2. 恋愛
  3. なんか、グッとくるわ…。言葉より、あえてLINEのほうが愛が深まるメッセージ

なんか、グッとくるわ…。言葉より、あえてLINEのほうが愛が深まるメッセージ

  • 2019.6.26
  • 55129 views

どうもあかりです。


「LINEよりも直接伝えるべき」
みたいなアドバイスがよくあるけど、これはLINEやメールでのメッセージが、口頭で直接伝えるコミュニケーションの劣化版にすぎないことを前提にしたアドバイスだと思うんです。


だけど実際には、
・直接より、LINEのほうが伝えやすいこと
・そもそも直接だと勇気がでなくてうまく伝えられないこと


というのが恋愛には数多くあって、「伝えたいことを何でも直接伝えられるんだったら、それはたぶん「好き」じゃないんじゃないかな?」とすら思うわけです。


今回は、これまで私がお話を伺ってきた男子の意見から、「LINEでいいから、ぜひどしどし伝えていこうよ」と思うメッセージについてご紹介してみたいと思います。

■「好き」の気持ち

「彼女は会っているときには正直あまり『好き』とか伝えてくれないんだけど、代わりにLINEしてるときには、さみしいせいか、結構そういうのをちゃんと伝えてくれている気がするので、これはこれでひとつの在り方かなと思う」(メーカー/25才)


「好き」という愛情表現は、伝えられるだけ伝えるべきというのはその通りだと思いますし、よく「ちゃんと『好き』って伝えましょう」みたいな教科書的なアドバイスを目にします。


これは全くもって正論なのですけど、これほどいろんなところでたくさん「ちゃんと『好き』って伝えましょう」と言われているってことは、裏を返せば、「なかなか思うように伝えられない感情」ということなんですよね。「好き」って気持ちが。


であれば、より簡単に、少し奥手な人でも伝えられる非対面のLINEというツールを使う意味がまさにここにあるんじゃないかなと思うわけです。

■デートで伝えそびれたこと

「彼女がデートが終わった後で、『さっき、本当は伝えようと思って伝えられなかったけれども、あのとき、めっちゃ優しくてかっこいいって思った! ありがとう~』みたいなフォローアップLINEをくれることがあって、そういうのもらえると嬉しい」(出版/26才)


また、会っている最中に伝えようと思っても伝えそびれてしまったという気持ちだってあるはずです。例えば私なら、「あ、そういえばさっきごちそうしてもらったけど、ちゃんと『ごちそうさまでした』って言いそびれた・・・・・・。彼に失礼なヤツだなって思われてないかしら・・・・・・」とふと帰り道で急に不安になってしまうこととかってよくあります。あとは、この男子が話しているみたいに、「かっこいい・・・・・・」とデート中に感じたけど、そのときはキュンキュンするのに必死で、それを言葉にする余裕なんてなかったみたいなことだってありますね。


そういった気持ち的、あるいはタイミング的にうまく伝えられなかった思いを、デートの後でもきちんと言語化するというのは、すごく大切なこと。たいていこういうのって、彼のほうも「あのとき、なんか言ってほしかったな・・・・・・」と引っ掛かりを感じたままになってしまっているケースって多いです。


気持ちを伝えるのに、「今更だよね・・・・・・」なんてことはないのよ。

■会っていないからこその気持ち

「『さみしいよ』的な気持ちはLINEで伝えるのは普通なのでは? だって、会っていないときだからこそそういう気持ちが生まれるわけだし」(大学院生/23才)


「LINEよりも直接伝えるべき」というアドバイスを前提にしても、「会っているときには生まれない気持ち」を直接伝えようというのは難しいことです。


例えば「会えなくてさみしい」という気持ちは、彼とデートをしている最中というのは会えた嬉しさやドキドキでどこかに消え去ってしまうもので、「またね」をして一人きりになったときを狙って、むくむくっと生まれてきてしまうものだから。

■「真面目な話」も、冷静に伝えることが大切ならば

「ケンカとか、そういう超重要な話も、基本的には直接話し合うことが大切だと思う。だけど人によっては、会って話すと熱くなりすぎて議論にならなかったりすることってあるから、そういうときにはあえて距離を置いて、お互い冷静になって話すことは大いにアリだと思う。というかそうすべきと思う」(フリーター/24才)


こんな経験はないでしょうか。
「会って、この問題についてお互いに納得がいくまで話し合おう」と思っていても、いざ会ったら「大好きだし、もうなんでもいいや~。大好きだから、なんとかなるっしょ!」っていう気持ちに流されてしまって、全然ちゃんと話せなかった、みたいな。また、会って話すと(とくに彼氏が)熱くなりすぎて、大きな声を出すから、ちゃんと話し合えないというパターンもあるかもしれません。


そういうパターンに陥りがちなカップルにとっては、どれだけ一般論としては「絶対に直接話すべき」マターであっても、特例的に「LINEで話す」ほうが得策ということはありえる。そういうカップルにとって、「直接」にこだわることはメリットがないばかりか、デメリットですらあります。

■おわりに

結局、「絶対に直接話すべき」なんてこだわる必要なんてどこにもなくて(そんな法律もないんだし)、「伝えるべきこと」に対して、
1.どっちのほうが素直に気持ちを伝えやすいか、
2.どっちのほうが正確に伝わるか、
という2点から、そのときそのときで相応しいほうを選んでいくことに尽きるんだと思います。


だから大切なのは「普通」「常識」よりも、自分と彼にとってどっちがベターか。そういう見方で、より適切なコミュニケーションの方法を考えていっていただけたら幸いです。(遣水あかり/ライター)


(ハウコレ編集部)



オリジナルサイトで読む