1. トップ
  2. レシピ
  3. スーパーフード注目度ナンバー1!「チアシード」を食べるべき理由4つ

スーパーフード注目度ナンバー1!「チアシード」を食べるべき理由4つ

  • 2015.3.23
  • 1307 views

大手メーカーからも商品が開発されるなど、注目度の高い『チアシード』。海外セレブも御用達で、食べない理由が見つからないほど、女子に嬉しいスーパーフードなのに、まだ、食べていないのですか?

■『チアシード』とは?

チアシードとは、シソ科の植物の実で、水を含むとゼリー状になる不思議な食べもの。40%が食物繊維という低カロリーなうえ、必須アミノ酸、オメガ3系脂肪酸、ミネラル、ビタミンを含み、少量でも栄養価の高い食べ物なのです。

■『チアシード』を食べるべき理由4つ

(1)心も身体も美しく!?

チアシードには、体内で生成することのできないオメガ3系脂肪酸「α-リノレン酸」が豊富に含まれています。血液をサラサラに保つ働きや、抗アレルギー作用、また、ストレスを和らげ気持ちを落ち着かせる働きがあることがわかっていますから、こころと身体の健康のために、積極的に摂りたい脂肪酸なのです。

厚生労働省では1日に2g以上のオメガ3系油の摂取を推奨していますが、チアシードなら、わずか10gで2g以上の「α-リノレン酸」を摂ることができます。

(2)ダイエットや腸内環境美化に最適!

チアシードの40%は食物繊維。なんとチアシード25gを食べると、ゴボウ125g分の食物繊維を摂る事ができるのです。チアシードは水を10~20倍に含みますので、少し食べるだけでも満腹感が得やすく、ダイエットのサポートにもおすすめ。

(3)PMS対策にも!?

チアシードは、ミネラルも豊富。その中の一つ「ボロン」には、エストロゲンの分泌を活性化させる働きがあるそう。また、体内の水分バランスを保つカリウムはバナナの2倍、食物繊維もたっぷりですから、PMSによるむくみや便秘予防にもおすすめ。

(4)植物性タンパク質がスゴイ!

チアシードは、9種類の必須アミノ酸全てを含む優秀なタンパク源。植物性たんぱく質は、納豆よりも多くの含んでいます。

■『チアシード』の食べ方

チアシードは、無味無臭ですのでお料理にもデザートにも使えます。

★そのまま使う場合

サラダやアサイーボウルにトッピングしたり、スムージーに入れたり、ゴマのようにすりおろして使うこともできます。

通常「α-リノレン酸」は加熱に弱い成分ですのが、チアシードの種子に含まれる「α-リノレン酸」は熱を加えても壊れにくいため、加熱調理にも使えます。

★水に戻して使う場合

水に戻すとゼリー状になります。ココナッツウォーターやココナッツミルクに一晩入れておけば、翌朝にはチアシードプディング風に! もしくは、ドレッシングやポン酢に加えジュレを作り、カルパッチョや海鮮丼の付け合せにしても◎。水で戻す時には、チアシードを良く混ぜると均一になりますよ。

小さな粒にビューティー成分が沢山詰まったチアシード。最近では、更に栄養価の高い白いチアシードやチアシード入りドリンクも販売されていますから、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

(岩田麻奈未)