1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 丸い顔がコンプレックス、スッと通った鼻に憧れる! エステティシャンが教えるマッサージ法

丸い顔がコンプレックス、スッと通った鼻に憧れる! エステティシャンが教えるマッサージ法

  • 2019.6.23
  • 16875 views
フェイスラインを包み込むように持ち上げる

コンプレックスはどこ?「なりたい顔」に近づくコツ

鏡を見ている女性

顔の基本構造は骨、筋肉、脂肪、皮膚組織によって造られていますよね。しかし、人によって骨格の形や幅、筋肉のつき方や表情筋のクセ、脂肪の量、皮膚の質に違いがありさまざまです。もちろん目や口、鼻のパーツの大きさや形も違います。

骨格の形やパーツの大きさは手術をしなければいけませんが、あなたのコンプレックスが筋肉のつき方や表情筋のクセ、脂肪の量などによるものであれば日々の習慣によって改善できる場合もあります!

特に丸い顔やフェイスラインのもたつきが気になっているという場合は骨格ではなく脂肪量や老廃物の蓄積、筋肉のたるみによるものかもしれません。

鼻が低く見える、小鼻が埋もれているという場合はほおの筋肉が低下していたり、老廃物が蓄積していることで、ほおの丸みが強調され鼻が隠れて見えているかもしれません。

マッサージをすることで筋肉をしなやかにし、表情筋のこりをほぐし、蓄積した老廃物を流すと一気にスッキリとしたフェイスラインや鼻にすることができますよ。

丸い顔をスッキリ、スッと通った鼻すじに近づけるマッサージ法

ここからはコンプレックスを解消して「なりたい顔」に近づくマッサージ法をお伝えしていきます。

(1)顔全体にマッサージオイルもしくはマッサージクリームをなじませましょう。

フェイスラインを手のひらで流している

(2)あご~耳の下に向かって流し、手のひらのつけ根で耳下腺(じかせん)を5秒おさえましょう。これを5回くり返します。

フェイスライン~ほおを流している

(3)指の第二関節と指の面を使いながら以下の手順をくり返します。
1.あご~耳の下に向かって
2.口角~耳のつけ根に向かって
3.小鼻~こめかみに向かって
1~3をゆっくりと5回くり返しましょう。

フェイスライン~ほおをくるくるほぐす

(4)同じ手のまま、同じ場所をクルクルと筋肉をほぐすように(3)の手順1~3をくり返して5回マッサージしましょう。

鼻の付け根から外側に縦にマッサージ

(5)人さし指の第二関節と指の面を使いながらゆっくりと鼻のつけ根の部分を往復しながら縦に30秒、横に30秒マッサージしましょう。

あご裏からじかせんを流している

(6)少し顔をあげて、あご裏に親指を置き「イー」と言いながら親指をゆっくりと耳下腺に向かって流しましょう。これを5回くり返します。

顔の中心~外側に向かって流す

(7)指の側面で目頭の下~あごをおさえ、ゆっくりと顔の中心~外側に向かって流しましょう。これを5回くり返します。

眉毛の筋肉を持ち上げてプッシュ

(8)眉頭の下、眉下の筋肉を持ち上げるように少しずつ動かしながら3秒ずつ押しましょう。

フェイスラインを包み込むように持ち上げる

(9)最後に手のひらで顔を包み込むようにあごからフェイスラインを5回持ち上げましょう。

日ごろからパソコンやスマートフォンばかり見ていると、表情筋を使わない生活が続き、口の周りにある口輪筋やほおにある表情筋が衰えてしまいます。筋肉が衰えるとたるみにつながり、ほおの毛穴やほうれい線が目立ち、フェイスラインが丸くもたついてきます。

筋肉を動かすと血行がよくなり、表情が明るくなります。リンパの流れもよくなるので老廃物が流れスッキリとした顔に! 筋肉が引き締まるとグッとシャープな印象になります。

2、3日に一度のペースで入浴中や入浴後など体が温まっている間やメイク前のスキンケアのついでに、フェイスラインや鼻の周りを中心としたマッサージをとり入れてみてはいかがですか? 丸い顔がスッキリしますよ。

オリジナルサイトで読む