1. トップ
  2. ファッション
  3. 磯山さやかがお手本!薄着になる春の「着やせ」テク6

磯山さやかがお手本!薄着になる春の「着やせ」テク6

  • 2015.3.23
  • 22727 views

「もうすぐ春ですね~♪」なんて浮かれていますが、よくよく考えると薄着の季節の始まりでもあります。

そう、それは今まで厚着の下に隠していたボディが露わになる季節

さらにさらに、パステルカラーにゆるパンツなど、ぷに子にとってハードルの高いものが多いのが今シーズン。これはなんとか先手を打たなくては!

というわけで、今や着やせの女王としてその名を馳せる磯山さやかさんの、春の着こなしテクニックを『AneCan』4月号よりお届けします!

 

1. スカートは落ち感のある素材&ひざギリギリの丈

いくら流行しているからといっても、ミディ丈はNG。かといって短すぎないひざギリギリの丈がベスト。ウエスト周りはきゅっと、そこからすとんと落ちるようなシルエットのものを選ぶとさらにスタイルUP。

 

2. レイヤード風トップスでヒップを賢く隠す

今シーズン豊作のレイヤード風トップスは、ウエストや腰回りをカモフラージュしてくれる、ちょい”ぷに”女子にとっては救世主のようなアイテムです。デザインも豊富だし、膨張色である単色もこのデザインなら安心してトライできます。

3. トレンドのデニムは、Gジャンで取り入れる

下半身がコンプレックスの女子にとってデニムはなかなか勇気のいるもの。でもはおりものとしてのGジャンは、二の腕隠しにも使える優秀アイテム。ワンピースの上などにはおって。

 

4. パステルカラーはラインを意識して攻略

基本ちょい”ぷに”女子には締め色をおすすめしますが、とはいえトレンドだしかわいいから着たい! そんなときはVネックにタイトボトムなど、全体が膨張して見えないようライン作りを意識すると◎。

5. オールインワンも、ダークトーンならOK

黒や紺など、引き締め効果のある色なら、全身まとうとそれだけでやせて見えるはず。腕がほっそり見えるように、首元のすっきりしたはおりものを忘れずに。

 

 

6. ボーダーは細ピッチ&鎖骨見せで程よく抜け感を出す

細めのラインと首元の開いたデザインなら、ボーダーでも細く見せてくれます。深めのVネックは小顔効果もあるのでおすすめのデザイン。ニットは体がちょっと泳ぐくらいの、ちょいゆるシルエットを選ぶのもポイント。

★その他磯山さやかの記事一覧はコチラ

磯山さんの着こなしを見ていると、ちょ”ぷに”ってむしろセクシーの代名詞なんじゃないか……とさえ思えてきますよね! この春も着やせをマスターして、イイ女に磨きをかけましょう!(五十嵐ミワ)

(『AneCan』2015年4月号)