1. トップ
  2. 中居正広「金スマ」史上最も楽に痩せる食事術に感心

中居正広「金スマ」史上最も楽に痩せる食事術に感心

  • 2019.6.23
  • 5711 views
中居正広が杉田かおるとあらぽんのダイエットを見守った
KADOKAWA

6月21日に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で、杉田かおる、ANZEN漫才・あらぽんが、金スマ史上最も楽に痩せるという食事術に挑戦した。

【写真を見る】中居正広が司会を務める「音楽の日 2019」に嵐が初登場

大ヒット本検証と題して、発売1カ月で4万部を突破した健康本「内臓脂肪がストン!と落ちる食事術」を紹介。カロリー、マヨネーズ、酒、外食など、従来のダイエットではタブーとされていたものが全てOK。運動をしなくても、満腹になるまで食べてもいいのだとか。

著者は、糖質制限を世に広めた第一人者、高雄病院理事長の江部康二医師。「誰でも簡単に2週間で3kg痩せます」と太鼓判を押した。

中居正広は「どたなたでもですか?この食事術を身につけると」と質問すると、「どなたでもです」と江部医師。「怪しいなぁ」と疑った様子の中居だが、江部医師自ら運動なしで、半年かけて10kg痩せた経験があるという。

中居が「内臓脂肪ってなんですか?」と質問すると、「体脂肪の中に皮下脂肪と内臓脂肪とがあります。内臓脂肪が悪いホルモンを出します」と江部医師。内臓脂肪は生活習慣の元凶で、蓄積すると動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中などを招くことがあるという。

内臓脂肪がストンと落ちる食事術のルールはたったの二つ。朝食を抜いた1日2食の半日断食を行う、昼と夜は糖質制限をするというもの。

昼食は普通に食べ、飲み物も水などを普通に飲んでいいという。夕食は夜7時までに食べ終える。すると寝ている間に内臓脂肪が燃えるという。

まずは体重測定。杉田は現在66.1kg。夫からもらったTシャツが着られなくなってしまったという。あらぽんの体重は122.2kg。18歳から痛風で、最近は膝を痛めたと明かした。

糖質制限のために、杉田は糖質0g麺を用いた焼きそばを、あらぽんは相方・みやぞん特製のカリフラワーライスでチャーハンを食べた。糖質制限メニューを選べば外食もOKだという。

スタジオではファストフードで食べられる糖質制限メニューを試食。ハンバーガーのバンズを抜き、パティでサンドしたハンバーガーを試食した中居は「これはうまいわ」と喜んでいたが、「パン(バンズ)は欲しい」と率直な感想を語っていた。

「糖質が肥満の元凶」と江部医師。「糖質がないものを食べれば少々カロリーはあっても痩せやすい」とアドバイス。カルビも1人前100gで糖質は0.3gで、パスタ1本分の糖質量にも満たないレベルと紹介。

2週間後、再び体重測定を行うと、杉田は62.1kgでマイナス4kgの減量に成功。体脂肪も1.8%落ちていた。「本当に落ちるんですね」と杉田。ウエスト周りは5.8cmマイナスと成果が出ていた。当初パツパツだったTシャツもゆとりをもって着られた。一方、1週間だけ食事を変えたあらぽんは、117.3kgと5kgの減量に成功していた。

SNS上では「今度こそチャレンジしてみようかな」「外食もいいなら続けられそう」などの反響が寄せられた。次回の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」は、6月28日(金)夜8時54分から2時間SPで放送予定。(ザテレビジョン)

元記事を読む