1. トップ
  2. 恋愛
  3. 職場での好感度がグンと上がる、デキる女になりたいのなら、心して守るべき鉄則

職場での好感度がグンと上がる、デキる女になりたいのなら、心して守るべき鉄則

  • 2015.3.23
  • 1319 views

仕事をうまく進めていく秘訣は、職場仲間から信頼されることです。「この人なら大丈夫」と安心して仕事を任されたり、信用されることで仲間から親しまれる存在になれるでしょう。そんな素敵な女性になるためにも、これから挙げる5つのポイントを意識しておきたいところ。誰からも好印象を抱いてもらえる、デキる女性を目指しましょう。

■丁寧に会話をする

簡単なようで意外と難しいのが、相手との会話。勤続年数が長くなればなるほど、仲間への言葉遣いはラフになっていきます。普段友達と会話しているような感覚で話してしまうこともあるでしょう。しかし、仕事とプライベートは分けて考えておいた方が賢明。なるべく丁寧な言葉遣いと態度を心がけましょう。

■相手の目を見て会話する

また、会話をする際には、相手の目を見て話すことも大切。目線の位置によって、相手に与える印象はガラリと変わります。目を背けて話をすると、相手に「話を聞いていない」「真剣さが感じられない」と思われてしまうことも。デスクに向かっている場合でも、話しかけられたら、上体ごと相手の方へ向けて、しっかりと相手と目を合わせて会話をしましょう。

■メモにさり気ないひと言を添えて

時には仕事のやり取りで、職場仲間に書類と一緒にメモを添えることもあると思います。そういうときに、仕事上のやり取りだけでなく、気の利いたひと言を添えれば、あなたの印象は大きく跳ね上がるでしょう。

たとえば、部下へのメモであれば「いつもお疲れ様」「いつでも相談に乗るからね」などと、相手のことを見守っているよ、という言葉を添えてあげるといいですね。メモを見た部下は、自分の存在意義を実感することができるので、今まで以上に高い意識を持って仕事に取り組み、あなたに対しても「頼れる上司」という印象を抱くことになるでしょう。

■職場仲間の陰口はいわない

どの職場でも、どうしても馬が合わない人はいるものです。ただ、そういった私情を仕事に持ち込んでしまわないように気をつけないといけません。職場仲間の陰口をいってしまうと、一気にあなたの印象は悪くなってしまうでしょう。「秘密だからね」と念を押したとしても、狭い世界のことなので、すぐに周りに知られてしまいます。

賢く生き抜くためにも、どんなに苦手な人がいても、職場内では絶対に陰口はいわないこと。仕事と全く関係のない家族や友人に愚痴を聞いてもらう程度に収めて、自らの評価を下げるような言動はとらないように注意しましょう。

■オンオフの区別をハッキリとつける

オンとオフの区別がついていないと、だらしない印象を与えてしまいがちです。恋愛がうまくいかないからといって、職場仲間に八つ当たりをしたり、不機嫌な態度で全仕事に臨んだりしていませんか? プライベートと仕事はきっちりと分けて考えて、オンオフのスイッチをきちんと切り替えるよう心がけましょう。

以上の5つのポイントを押さえておけば、同僚や部下だけでなく、上司からも一目置かれる存在になれるはず。順調に出世コースを歩める可能性も高まるので、ぜひ明日からトライしてみてくださいね!

(RUREI)