1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 企画展「構造展 -構造家のデザインと思考-」東京・品川で、国立競技場など名建築の構造模型を展示

企画展「構造展 -構造家のデザインと思考-」東京・品川で、国立競技場など名建築の構造模型を展示

  • 2019.6.21
  • 872 views

企画展「構造展 -構造家のデザインと思考-」東京・品川で、国立競技場など名建築の構造模型を展示

企画展「構造展 -構造家のデザインと思考-」が、東京・品川の建築倉庫ミュージアムにて、2019年7月20日(土)から10月14日(月・祝)までの期間で開催される。

undefined
www.fashion-press.net

“構造家”とは、建築家のイメージする空間を実現すべく構造システムを検討し、技術を応用しながら、思想を持って構造をデザインする人物のこと。日本の有名建築は必ず“構造家”と建築家の協業によって竣工し、その存在は大きい。

本展では、坪井善勝、佐々木睦朗らをはじめとする50名の“構造家”の思考とデザインに焦点を当て、60作品70点以上の構造システム、構造デザインにまつわる模型や図面、プロセスや思考が分かるスケッチや映像などを展示。1950年代から現代まで、日本の構造家が築いてきた多様な美学や感性を体感できる今までにない展示構成となる。

「国立代々木競技場」をはじめ、大阪万博「お祭り広場」「富士グループ・パビリオン」、長野冬季オリンピックスピードスケート競技場「エムウェーブ」といった日本を代表する名建築の構造模型は必見。また、構造解析映像、構造システムやディテールが分かる現物モックアップなどの様々な展示物で、建築の“構造”について知見を深めることが出来る。

さらに会期中は、出展者によるギャラリートーク、“構造家×建築家”をテーマにした様々なイベントも開催予定。是非この機会に会場に足を運んでみてはいかがだろうか。

【詳細】
企画展「構造展 -構造家のデザインと思考-」
会期:2019年7月20日(土)~10月14日(日)
開館時間:11:00~19:00(最終入館18:00)
会場:建築倉庫ミュージアム 展示室A
住所:東京都品川区東品川2-6-10
入場料:一般 3,000円、大学/専門学生 2,000円、高校生以下 1,000円
※月曜休館、祝日の場合翌火曜休館

<出展構造家例>
坪井善勝、斎藤公男、中田捷夫、梅沢良三、佐々木睦朗、山辺 豊彦、金箱温春、徐光、稲山正弘、多田脩二、金田充弘、小西泰孝、名和研二、満田衛資、山田憲明、大野博文、森部康司、萩生田秀之、金田泰裕など

オリジナルサイトで読む