1. トップ
  2. スキンケア
  3. 脱・乾燥肌!おすすめのクレンジングクリームと正しい使い方!

脱・乾燥肌!おすすめのクレンジングクリームと正しい使い方!

  • 2019.6.19
  • 1742 views

クレンジングクリームの正しい使い方

クレンジング
出典:GODMake.
1. 乾いた手で使う

クレンジングクリームは、オイルに比べると洗浄力は控えめです。そのため、濡れた手で使用するのではなく、乾いた手で使用するようにしましょう。(濡れた手で使用できるものでも、乾いた手で使うことをおすすめします。)

2. 広い頬からなじませる

クレンジングクリームを適量とったら、面積の広い頬からなじませていきましょう。メイクの濃い目元や口元を先にクレンジングしてしまうと、浮き上がった汚れを広げてしまうことになるのです。

そうならないために、まずは頬や額、鼻筋のメイクを落としてから、目元や口元をなじませていきます。

3. クリームが重たくなっても辞めない

くるくると円を描くようにメイクとなじませていると、途中でクリームが重たくなってくる瞬間があります。ここで、クレンジングをなじませるのを辞めてしまうと、きっちりと汚れを落とせずに終わってしまいます。

なので、なじませている途中にクリームが重たくなり滑りが悪くなっても、辞めずになじませ続けるのがポイント!続けていると、すっと軽くなる瞬間がくるので、そうなればメイクがしっかりと馴染んだ証拠です。

この時に、強い力で擦るのはNG。優しい力でなじませるように意識することが大切です。初めは感覚が掴みにくいかもしれませんが、メイク落ちのサインを見逃さないようにしましょう。

4. ぬるま湯で乳化してから流す

クリームタイプのクレンジングは、必ず「乳化」をしてから洗い流しましょう。

乳化というのは、普通は混ざり合うことのない水と油を、しっかりと混ざり合わせることをいいます。この工程をやらずに流してしまうと、肌にメイク汚れが残ってしまうことがあるのです。

クレンジングが終了したら、手をぬるま湯で濡らし、少しずつ足しながらクレンジングをなじませましょう。透明になっていたクリームが、白い液体に変わったら、乳化完了です。

5. しっかりとぬるま湯で流す

クレンジングと乳化が完了したら、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。生え際やフェイスラインは、クレンジングが残りやすいので、念入りにすすぎましょう。

この時に、シャワーを直接顔に当てないように注意してください。肌はとてもデリケートなので、シャワーの刺激を受けてしまいます。乾燥肌の原因にもなるので、必ず流水を手ですくって洗いましょう。

おすすめのクレンジングクリーム

クレンジングクリームの正しい使い方を紹介しました。ここからは、おすすめのクレンジングクリームを紹介します!

ポンズ クリアフェイス クリームクレンジング
ポンズ クリアフェイス クリームクレンジング
出典:GODMake.

ポンズ クリアフェイス クリームクレンジングです。このクレンジングクリームは、クレンジングとリフトアップ、スキンケアが同時にできるという優れもの。比較的濃いメイクでもしっかりと落としてくれます。

美容クリーム生まれのクレンジングクリームです。4種の韓植物エキス(保湿成分)を配合しているので、乾燥肌対策におすすめです。

このクレンジングクリームを使用した後は、くすみがパッと明るくなり、しっとりとした洗い上がりになりますよ!大容量でコスパも最高です。

ちふれ ウォッシャブル コールド クリーム

この投稿をInstagramで見る

CHIFUREさん(@chifure_official)がシェアした投稿

続いては、ちふれのウォッシャブル コールド クリームです。こちらはポンズよりもさらにプチプラになります。ちふれのウォッシャブル コールド クリームは、クレンジングとしてはもちろん、マッサージクリームとしても使用できるアイテムです。

メイクとのなじみがとてもよく、落ちにくい汚れもしっかりと落とすことができます。

この商品も、洗い上がりはつっぱることがなく、潤いを残した洗い上がりです。乾燥肌の方にもおすすめですが、毛穴が気になる方にもおすすめです。毛穴の汚れもキャッチして落とすことができますよ!

終わりに

クレンジングクリームは、乾燥肌対策にもってこいのアイテムです。くすみや毛穴対策にもなるので、気になる方は、クレンジングクリームを使ってみてはいかがでしょうか?

正しく使用して、健康なお肌を手に入れましょう!

元記事で読む
の記事をもっとみる