1. トップ
  2. レシピ
  3. 今日の夕飯はコレで決まり!簡単なのに手抜きに見えない時短レシピ5選

今日の夕飯はコレで決まり!簡単なのに手抜きに見えない時短レシピ5選

  • 2019.6.19
  • 76450 views

毎朝、早く起きて朝食の準備や子どもの登園・登校準備をし、昼間は仕事をする。夕方は急いで帰ってきて子どものお迎えや夕飯づくり……そんな忙しい共働きの家庭では、いかに素早く夕飯を作るかが毎日の課題ですよね。

料理はなるべく簡単に時短で済ませたい。でも、あまりにもさみしいご飯にはしたくない!そんな方にオススメの、簡単だけど手抜きに見えないレシピをご紹介します。今日の晩ご飯から使えます!

※材料はすべて4人分です

■簡単ポークストロガノフ

名前だけ聞くとなんだか手の込んだ料理に感じますが、実はフライパンでたった15分でできるお料理。難しい材料は必要なく、家にあるものだけを使って簡単にできる本格的な味ですよ。

《作り方》
  1. フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、食べやすく切った豚薄切り肉300gを炒める。続いてスライスした玉ねぎ1/2個と、ばらしたしめじ1/2株も入れて炒める。
  2. 肉の色が変わったら、小麦粉大さじ2を振り入れて絡め、少し炒める。粉っぽさがなくなったら、水300ccと固形コンソメ1個を加え、全体を混ぜる。
  3. 煮立ったらケチャップ大さじ4、ウスターソース大さじ1と1/2を加え、5分程煮る。
  4. 最後に醤油小さじ1、牛乳大さじ4と溶けるスライスチーズ1枚をちぎりながら加えて、ひと混ぜする。塩、こしょうで味を調え、パセリを散らしたご飯にそえれば完成!

■鶏もも肉と玉ねぎのトロトロ煮

短時間煮るだけで鶏肉がやわらかに。玉ねぎの甘味で簡単にコクのある味付けになります。丼にするのもオススメ。

《作り方》
  1. フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、スライスした玉ねぎ2個を焦げないように中火でざっと炒める。ほんのり色づけばOK。
  2. 鶏もも肉2~3枚は皮を下にして玉ねぎの上にのせ、ふたをして弱火で10分程焼く。玉ねぎと肉から水分が出て、蒸し焼き状態に。
  3. 酒60cc、醤油40ccを回しかけ、玉ねぎが焦げないように混ぜる。ふたをとったまま中火で5分煮て、肉を裏返して汁を煮詰める。
  4. 肉を取り出して食べやすい大きさに切り、玉ねぎを汁ごとかけ、あれば刻みネギを散らす。

■塩鮭とたっぷりキャベツのバター蒸し

塩鮭がおしゃれに変身する一品。材料を鍋にセットして冷蔵庫に入れておけば、帰宅後は火にかけるだけ!

《作り方》
  1. キャベツ小1/2玉程度を大きめにちぎり、芯は薄切りにする。エリンギ2本を手でさく。玉ねぎ1/2個、人参1/2本を薄切りにし、耐熱容器に入れて2分程レンジにかける。
  2. 鍋にキャベツ→エリンギ→塩鮭4切れ→玉ねぎ、人参の順に入れる。
  3. さいころ状に小さく切ったバター40gをのせ、酒大さじ2を振り、クッキングシートなどで落としぶたをしてから、ふたをして中火にかける。煮立ったら弱火にして5分程蒸し煮にする。
  4. みりん、醤油各大さじ2を入れ、弱火で5~10分程煮る。途中ふたをあけ、煮汁が少なすぎて焦げそうなら、水100cc程足す。鮭に火が通り、キャベツの芯が柔らかくなったらできあがり。最後に塩、こしょうで味を調える。

■彩り豚しゃぶとスープ

お肉をサッとゆでて、彩りよく野菜と盛り合わせるだけ!ゆで汁を利用して美味しいスープも作れますよ。

《作り方》
  1. お湯600ccを沸騰させ、酒大さじ2、塩2つまみを加えたら、火を弱めて沸騰直前の状態にして、豚しゃぶしゃぶ肉300gを少量ずつ入れる。
  2. 肉全体の色が変わったらザルにあげる。水にはさらさず冷ます。
  3. 好きな野菜(例:レタス、キャベツ、水菜、ゆでもやしなど)の上に肉をのせる。さらに彩り野菜(例:きゅうり、プチトマト、パプリカ、オクラ、みょうがなど)を飾るのが、手抜きに見えないポイント。ポン酢、ゴマだれ、焼き肉のたれなど、お好みのドレッシングをかける。
  4. 肉のゆで汁はきれいにあくを取り、スープを作る。オススメは、顆粒こんぶだし、油揚げ、わかめ、ネギを使った和風スープ。もちろん鶏がらスープやコンソメなど、お好きな味付けと具材でもOK。

■市販のソース+αで豪華に見えるパスタ

レシピというよりは、ひと工夫ですが、これが意外と大事。市販のソースを絡めただけのパスタも、+αのトッピングでグッと豪華になります。

《トッピング例》
  • バジルソース:市販のサラダチキン、プチトマト、モッツァレラチーズなど
  • ミートソース:ボイルしたソーセージ、ゆで卵、炒めたナスなど
  • カルボナーラ:カリカリベーコン、ゆでたアスパラやほうれん草など
  • 明太子ソース:生クリーム、ゆでたしめじ、大葉など

数種類を大皿のまま食卓に出してみんなで取り分ければ、さらに時短にもなり、パーティー気分も楽しめます。

時短レシピで、ゆっくり食事を実現しよう

今回ご紹介したものはどれも簡単な材料で、しかも時短で作れるものばかり。さらに手の込んだように見えるレシピは気持ち的にも上がりますよね。

また、簡単な料理でも、盛り付けや少し食材を足すだけで、とても華やかに。毎日、「夕飯、何にしよう」と頭を抱えているみなさん、賢いレシピ選びとちょっとした工夫で、時短でハッピーな食卓を目指していきましょう。そうすればきっと家族も自分自身も毎日快適に過ごしていけるはずですよ。

監修:福田信厳(家事代行サービスCaSy・お料理研修講師)

photo/PIXTA

オリジナルサイトで読む