1. トップ
  2. 夏菜の竿にかかった“予想外の大物”に騒然

夏菜の竿にかかった“予想外の大物”に騒然

  • 2019.6.17
  • 5353 views
大量釣果に挑むたんぽぽ・川村エミコ、オードリー・春日俊彰、夏菜(写真左から)
(C)テレビ新広島

【写真を見る】人生初の船釣りで大物・アオチビキを釣り上げた川村エミコ&夏菜

日本ならではの釣りの魅力に迫る人気シリーズ最新版「ニッポンを釣りたい! オオウナギVS巨大マグロ 芸能人全力対決」(昼4:05-5:20、フジテレビ系)が、6月30日(日)に放送されることが分かった。

今回、舞台となるのは沖縄本島から南西に400メートルほど離れた石垣島と西表島。2つの舞台で2チームの芸能人による釣りバトルが繰り広げられる。

対決内容は、それぞれのチームが“釣った魚の重さ”と“メンバーの体重”を合わせた総重量で競う“異種総重量バトル”。

【写真を見る】人生初の船釣りで大物・アオチビキを釣り上げた川村エミコ&夏菜
(C)テレビ新広島

どうしても勝ちたい3人

西表島へやってきたのは、オードリー・春日俊彰、たんぽぽ・川村エミコ、夏菜。3人で“オオウナギ”を狙う。

オオウナギは警戒心が強く深夜に獲物を探す習性があるため、餌を仕掛けて深夜に回収することに。しかし、確認すると仕掛けた竿に反応はなかった。

翌日、どうしても勝ちたい3人は春日、夏菜&川村の二手に分かれることに。釣り経験がほとんどない夏菜と川村は慣れない船の揺れと日差しの強さに体力を奪われる。

そんな中、夏菜の竿に真下に吸い込まれるくらいの強い引きが。リールを巻き、海面に現れた“予想外の大物”に船内は騒然となる。

キハダマグロを手に喜ぶFUJIWARA・原西孝幸、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE・山下健二郎
(C)テレビ新広島

一方、石垣島へやってきたのは釣り好き芸能人としての一面も持つ、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE・山下健二郎と、プライベートの釣り仲間としても山下と親交のあるFUJIWARA・原西孝幸。

“釣り好き芸能人”の作戦とは?

石垣島チームが狙うのは、釣り人に人気のあるキハダマグロ。今回は疑似餌を使い、回数多く挑戦できる方法で大量釣果を目指す。

早速釣りを開始するとすぐに反応が。そして釣り上げたのは、いきなりお目当てのキハダマグロだった。

狙い通りのものが釣れて大興奮の2人。しかし、その後次々と竿にかかるものの2~3kgの子魚ばかり。果たして人数が少ないハンデをひっくり返すことはできるのか。

<出演者コメント>

山下健二郎 (三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)

マグロ釣りは初挑戦でしたが、楽し過ぎました。かかったときの竿の重さと、魚が逃げてファイトしている感じが“闘っているな”と。

原西さんとのチームワークは、ばっちりでした。釣りを全く知らない人でも、生き物や自然と闘っている姿を見て楽しめる番組だと思います。

原西孝幸 (FUJIWARA)

釣りをやってないと、絶対に“三代目”との接点なんてないですよね。ロケ中も“隣に山下くんおるやん”って笑えてきて。釣りをやってきて良かったです。48歳のおじさんが2日間なぜこんなにフルテンションではしゃげるのかを、番組を見て検証していただきたいです。

春日俊彰 (オードリー)

僕らは出会った瞬間からチームになっていましたね。途中までジャングルにいるので“釣り?”という感じですが、女子チームがなんとか帳尻を合わせているので、クレームはご容赦願いたいです。

この番組の長い歴史の中で、新しいロケの形を提案した回になるのではないでしょうか。

夏菜

オオウナギは本当に気持ち悪かった。弾力があまりなくて、ムニュっとしていました。魚が釣れた瞬間は“これこれ!”って感じで、覚醒しました。女子2人が大海原で奮闘するところを見てほしいです。

川村エミコ (たんぽぽ)

オオウナギは綱引きの綱より力強くて、すごかったです。西表の大自然や、チームが力を合わせてウナギを獲るところが見どころですね。

海釣りは初挑戦でしたが、みんなが釣りにハマる理由が分かりました。釣れた時は「きてくれた!」ってすごくうれしかったです。(ザテレビジョン)

元記事を読む