1. トップ
  2. 榮倉奈々、念願のアンパンマン声優に歓喜!「うれしさと緊張と責任が…」

榮倉奈々、念願のアンパンマン声優に歓喜!「うれしさと緊張と責任が…」

  • 2019.6.17
  • 1108 views
【写真を見る】完成披露試写会に榮倉奈々&戸田恵子が登壇
(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTB (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019

【写真を見る】完成披露試写会に榮倉奈々&戸田恵子が登壇

6月28日(金)に公開する映画「それいけ!アンパンマンきらめけ!アイスの国のバニラ姫」の完成披露親子試写会が、6月16日にユナイテッドシネマ豊洲で行われた。

試写会では、アンパンマン役の戸田恵子とばいきんまん役の中尾隆聖をはじめ、ゲスト声優として出演している榮倉奈々とお笑い芸人・ANZEN漫才の2人やテーマ曲を担当したドリーミングが登壇し、映画についての思いを語った。

今回、アイスの国のお姫さま・バニラ姫役を演じた榮倉は「本当にうれしいです!(今回お声がけいただいた際に)マネージャーさんから『相談なんですけど、アンパ…』と聞き終わる前に『やりたいです!』って言ったくらい本当にうれしくて。家に2歳の子どもがいるんですけど、ここ一年くらい毎日アンパンマンって言っていて、うちのヒーローはアンパンマンとばいきんまんなんです。うれしさと緊張と責任感が入り混じってます」と思いを明かす。

続けて「昔、コキンちゃんが『ママだーいすき』って言う回があってそのセリフを(子供が)言ってくれた時は涙が出るほどうれしかったです」と子供とのエピソードも明かした。

アンパンマンに支えられ、MCを務めるANZEN漫才みやぞん
(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTB (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019

一方、バニラ姫の教育係・ジェラート大臣役を演じたANZEN漫才のみやぞんは、「アンパンマンファミリーに加わっていいんですか?って思うくらいうれしいですね。よく僕らのことをアンパンマンとやや響きがよく似ているから“あんまん”と呼んでいただけることがあるんです」とコメント。

バイキンアイスロボ役を演じた相方のあらぽんは、「みやぞんとは 2歳くらいからの親友なんですけど、昔アンパンマンの劇をやることがあってみやぞんはカレーパンマン、僕はおむすびまんを演じたんですけど、あの頃の自分におむすびまんじゃなくて最強ロボだぞ!と伝えたいですね」とアンパンマンとの縁を感じるエピソードを告白した。

その一方で「ロボットなので重厚感を出そうと思ったのですが、台本を見るとセリフがなくて“~~”ばっかりで。フリースタイルでやってくださいと言われました(笑)」と衝撃の裏話も飛び出した。

榮倉奈々「親の立場から見てもグッとくる」

さらに、一児の母でもある榮倉は「親の立場から見てもグッとくるせりふが多く、バニラ姫とコキンちゃんの友情関係は見どころです。映画を見て親子で笑顔になってもらいたいなと思います」と見どころをアピール。

また、本作が、アンパンマン作者・やなせたかし氏の生誕 100 周年記念作品ということにちなみ、やなせ氏との思い出について聞かれた戸田は「東日本大震災以降、先生とは密接に話すことが増えたんですけど、“人生は喜ばせごっこ“という言葉が印象に残っていて、これからも子どもたちが喜んでもらえるように番組をやっていきます」と感動のエピソードを明かした。(ザテレビジョン)

元記事で読む