1. トップ
  2. レシピ
  3. 恋愛運UPに効く! 春に食べたい桜色のスイーツレシピ

恋愛運UPに効く! 春に食べたい桜色のスイーツレシピ

  • 2015.3.23
  • 2967 views

恋愛運UPに効く! 春に食べたい桜色のスイーツレシピ

少しずつ暖かい日が増え、確実に春の訪れを感じる今日この頃。こんな時期には、桜をイメージさせるピンク色のスイーツで、新しい季節の始まりを楽しみませんか? ピンク色には恋愛運をアップさせる効果も! 手作りの桜色スイーツで、おいしく開運しちゃいましょう。

●シュワッと炭酸がさわやか!「ピンクグレープフルーツのソーダ寒天」

ビタミンCたっぷりで、食欲抑制効果や脂肪燃焼効果が期待できるグレープフルーツは、キレイになりたい女子にぴったりの食材。ピンクグレープフルーツは、普通のグレープフルーツよりも甘みがあり、見た目もキュートに。寒天に炭酸水を混ぜて作るので、シュワシュワした食感が楽しめます。ダイエット中の人はもちろん、おうち女子会の締めスイーツとしてもオススメです。

<材料>(4人分)

・ピンクグレープフルーツ…1個

・粉寒天…4g

・水…300ml

・グラニュー糖…大さじ3

・炭酸水(無糖)…200ml

<作り方>

(1)ピンクグレープフルーツを横半分に切り、半分は果汁を絞り、残りはスプーンなどで果肉を取り出す。

(2)粉寒天と水を鍋に入れ火にかける。よくかき混ぜながら温め、沸騰したら吹きこぼれに気をつけながら、1~2分加熱する。

(3)グラニュー糖を加え、さらによく混ぜる。

(4)グラニュー糖が溶けたら鍋の火を止め、1の果汁と果肉を加えて手早く混ぜる。

(5)最後に炭酸水を鍋に加え、軽く混ぜて型に流し入れる。冷蔵庫でよく冷やしたら完成。

炭酸水を入れてからはスピード勝負! かき混ぜすぎると炭酸が抜けてしまうので、ササッと混ぜたらすぐ型に流してくださいね。

●朝食にもおやつにもピッタリ! 簡単かわいい「ジャム蒸しパン」

イチゴジャムとホットケーキミックスでできる、お手軽蒸しパン。混ぜるところから10分弱でできちゃいます。ラップで包めば時間が経っても柔らかいままなので、持ち歩きにも◎。おやつタイムに食べれば、素朴なピンク色に癒やされます。

<材料>(マフィン型5~6個分)

・卵…1個

・砂糖…大さじ2

・サラダ油…大さじ2

・牛乳…120ml

・ホットケーキミックス…150g

・イチゴジャム…大さじ2~3

<作り方>

(1)卵1個をボウルに割り入れて泡立て器でほぐし、砂糖、サラダ油、牛乳を順に加えてよく混ぜる。

(2)ホットケーキミックスを加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜ、最後にイチゴジャムを加えてさっくり混ぜる。

(3)マフィン型やマグカップなど、電子レンジOKの型に5~6分目くらいまで生地を流し込み、500Wの電子レンジで1分~1分30秒加熱すれば完成。

加熱しすぎると固くなるので、加熱時間は様子を見ながら調整しましょう。生地が倍くらいにふくらんだらOKです。

●ほんのりしょっぱいアクセントが絶妙「梅入り白玉だんごの春色フルーツあんみつ」

あんみつは、寒天とフルーツがメインのヘルシーな和スイーツ。ほんのりしょっぱい白玉だんごが、甘~いあんみつのほどよいアクセントに。ふた付きの小さなカップに入れれば、お花見にも持っていけます。春色の和スイーツで、日本の美しい四季をさらに堪能しちゃいましょう。気になる彼と一緒に食べれば、恋愛モードになれるかも!?

<材料>(2人分)

・白玉粉…50g

・水…40ml

・梅干…1個(中サイズ)

・イチゴ…2~3個

・フルーツミックス缶…適量

・ピンクグレープフルーツのソーダ寒天…適量

・ゆで小豆…大さじ2

・黒みつ…適量

<作り方>

(1)水40mlを半分に分け、片方に種を取り出した梅干しを入れ、軽くほぐす。

(2)白玉粉に梅肉をほぐした水を入れて、混ぜる。

(3)様子を見ながら残りの水を混ぜ、生地が耳たぶくらいの柔らかさになったら丸めて好みのサイズに。

(4)鍋にたっぷりの湯(分量外)を沸かし、沸騰したら(3)の白玉だんごを入れる。

(5)白玉だんごが浮いてきて1~2分たったら、冷水に入れて冷ます。

(6)イチゴやその他のフルーツ、寒天を一口サイズに切り、器に盛る。

(7)白玉だんごとゆで小豆を加え、黒みつを回しかければ完成。

このレシピでは、フルーツミックス缶と、ピンクグレープフルーツのソーダ寒天を使っていますが、市販の寒天入りフルーツ缶を使ってもOK。黒みつがない場合は、黒砂糖と水を3:2の割合で混ぜて耐熱容器に入れ、500Wの電子レンジに2~3分(1分ごとに取り出して混ぜる)加熱すれば、自分で作ることもできます。

桜色のスイーツで春の気分を盛り上げながら、恋愛運を呼び込みましょう!

<文/市川裕子>