1. トップ
  2. ファッション
  3. ダッフィーたちと素敵な夏を。東京ディズニーシー【ダッフィーのサニーファン】徹底ガイド

ダッフィーたちと素敵な夏を。東京ディズニーシー【ダッフィーのサニーファン】徹底ガイド

  • 2019.6.14
  • 1462 views

いま東京ディズニーシー(R)では夏をテーマにしたダッフィー&フレンズの新しいプログラム「ダッフィーのサニーファン」が開催されています。

▶︎スペシャルな催したっぷり。東京ディズニーリゾート【ディズニー七夕デイズ 2019】見どころ✓

それではダッフィー&フレンズらしい、デコレーションやグッズ、メニューなどワクワクする世界観を見どころたっぷりに紹介します。

夏を楽しむキュートなフォトロケーションが新登場

ケープコッドにはカラフルなビーチパラソルの下でドリンクやアイスクリームを美味しそうに食べたり、水着に着替えて砂浜で遊んだりするダッフィーたちと一緒に写真を撮れるフォトロケーションが3つ新登場。

ダッフィーたちと素敵な夏を。東京ディズニーシー【ダッフィーのサニーファン】徹底ガイド

▲「ヴィレッジ・グリーティングプレイス」横には砂浜で遊んだ足跡も可愛いフォトスポット

ダッフィーたちと素敵な夏を。東京ディズニーシー【ダッフィーのサニーファン】徹底ガイド

▲「アーント・ペグズ・ヴィレッジストア」前にはカラフルなピーチパラソルが目を惹くポップなフォトスポット

この他にも「ケープコッド・クックオフ」前には水辺をバックに撮影できるフォトスポットも設置されています。夏を満喫するダッフィー&フレンズと一緒に、ぜひ思い出の1枚を撮影してくださいね。

限定のスペシャルグッズも要チェック

ダッフィー&フレンズと楽しく過ごすことができる限定のスペシャルグッズも約40種類登場。パークでもデイリーにも使いたい完売必至のスペシャルグッズは要チェックです。

ダッフィーたちと素敵な夏を。東京ディズニーシー【ダッフィーのサニーファン】徹底ガイド

▲マリンテイストの爽やかなデザインのぬいぐるみコスチューム(各¥4,800)※ぬいぐるみ(S)はいずれも別売

ダッフィーたちと素敵な夏を。東京ディズニーシー【ダッフィーのサニーファン】徹底ガイド

▲夏らしさ全開のぬいぐるみストラップ(各¥1,800)

ダッフィーたちと素敵な夏を。東京ディズニーシー【ダッフィーのサニーファン】徹底ガイド

▲ダッフィーが持っているパーツの裏はパスケース。後ろには小物も入れることができるポケット付です(¥3,400)

ダッフィーたちと素敵な夏を。東京ディズニーシー【ダッフィーのサニーファン】徹底ガイド

▲ダッフィーがモチーフになったキュートなファッション用サングラス(¥2,000)

ダッフィーたちと素敵な夏を。東京ディズニーシー【ダッフィーのサニーファン】徹底ガイド

▲ハンドジェル<ミント、シャボン、ラベンダー、ローズ>4個セット(¥1,800)

ダッフィーたちと素敵な夏を。東京ディズニーシー【ダッフィーのサニーファン】徹底ガイド

▲携帯用はもちろん置き型としても使える実用的なファン。風量は2段階調節可能(¥2,300)

その他にも自分用に欲しいふかふかのクッション、キャップやTシャツなどのファッションアイテム、お土産に最適なお菓子の詰め合わせなどなど様々な限定グッズが登場しているので、余すことなくチェックしてみてくださいね。

限定メニューはもちろんリゾートラインもダッフィー仕様に

夏の日差しで火照った身体にも嬉しいのがケープコッド・コンフェクションで販売されている「アイスキャラメルミルクティー」。ドリンクにはめて使える浮き輪型のスーベニアコースター付(¥1,000)またはスーベニアドリンクボトル付(¥1,400)で販売されています。

ダッフィーたちと素敵な夏を。東京ディズニーシー【ダッフィーのサニーファン】徹底ガイド

▲スーベニアコースターはプールサイドのお供にも使えそうな可愛さ ※一度の会計で3個まで購入可能

また、ディズニーリゾートラインではダッフィーのラッピングモノレールやフォトロケーションが登場。

ダッフィーたちと素敵な夏を。東京ディズニーシー【ダッフィーのサニーファン】徹底ガイド
ダッフィーたちと素敵な夏を。東京ディズニーシー【ダッフィーのサニーファン】徹底ガイド

▲ディズニーリゾートライン「東京ディズニーシー・ステーション駅」のフォトロケーション

さらに「ダッフィーのサニーファン」をイメージしたデザインのフリーきっぷも各駅の自動券売機で販売しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

ダッフィー&フレンズのむじゃきな夏遊びの姿やワクワクする世界観を楽しめるのはこのスペシャルイベントだけ。ぜひ足を運んで、ダッフィーたちと一緒に最高の夏の思い出を作ってくださいね。<text:Chami photo:beauty news tokyo編集部>

元記事で読む