やるべきことは3つだけ!【貯金30万円→1,000万円への道】

皆さんこんにちは、新米エディターのNです。前回、ザ・浪費家タイプでしかもズボラなわたしも「富女子」の仲間入りをすべく、勝手に不定期連載をスタート。その名も「貯金30万円→1,000万円への道」。
今回も引き続き、『「不安なのにな~んにもしてない」女子のお金入門』の著者であるファイナンシャルプランナーの荒木千秋さんにお話を伺いました。

まずはふるさと納税で、税金を身近に感じて

undefined
Licensed by Getty Images

――貯金が少ない私でも早速始められる資産形成として「ふるさと納税」と「iDeCo」「NISA」を挙げていただきました。正直、どれも聞いたことはあるけど、どんなものなのかよくわかっていません・・・。

この3つはどれも、税金の仕組みを使って、お金の不安を解消する方法と言えます。特に「iDeCo」と「NISA」は、節税効果だけでも年間数万円はトクできるんですよ! なぜ、まずこの3つをやるべきかというと、いずれも国が私たちのために作った制度であり、誰でもカンタンに利用できるようになっているからです。

――「iDeCo」とか「NISA」とか、難しそうなイメージがありましたが、本当に簡単なのでしょうか・・・。まず「ふるさと納税」について、地方の特産品などをもらえるのは知っていますが、どういう仕組みなのですか?

ふるさと納税は、自分が選んだ自治体に寄付をすると、そのぶんの金額が税金(所得税と住民税)から還付されるというものです。金額の面では、プラスマイナスゼロに見えますが、寄付した先の各自治体から豪華な返礼品が届くことで、トクをするということになります。
より具体的に言えば、¥2,000は自己負担金するので、金額面では少しだけマイナスですが・・・それでも、返礼品の価格を考えれば断然おトク。

――なるほど、そういう仕組みだったんですね! でも正直、¥2,000払うことと手続きの手間を考えたら、返礼品があるとしてもそんなにトクした感がないような・・・?

確かに返礼品という現物が手に入るだけなので、お金を殖やしている実感にはつながらないかと思いますが、実はふるさと納税の魅力はそれだけではないんです。私が思うに、一番の魅力は、税金の制度を自分で使ってみることで自信がつき、世界がぐんと広がること。寄付先の自治体から返礼品や、お手紙が届くと、実は税金ってそんなに難しいものではないんだな、と実感できるはずです。寄付する先の自治体は、自分の故郷でなくても好きな場所を選べるので、思い入れのある土地を応援できるというメリットもあります。

――なるほど。いわゆる「やりながら勉強する」ってやつですね。まず勉強から入ると挫折してしまう私みたいなタイプにとっては、税金のことを知るいい機会になるのかも。

ネットショッピングするような感覚で、欲しい返礼品を選べるので楽しいですよ。最近では、届いた返礼品を写真に撮って、インスタグラムに上げている人も多いです。堅実に生活できているという表現のひとつになって、お金への意識が高まるはず。ふるさと納税をきっかけに、マネーの勉強を始めたという人もたくさんいますよ! お金が苦手な人にほど、まずはトライしてもらいたい制度です。

――決めました。私ふるさと納税やってみます!・・・って、あれ、まずはどうしたらいいんでしょう?

総務省や民間企業が運営しているポータルサイトを使います。たくさんの返礼品のなかから寄付先を選び、実際に必要事項を入力して申し込むところまでが簡単にできます。ね、ネットショッピングと同じでしょう(笑)? 寄付金額の上限が年収で決まるので、ご自身の源泉徴収票を用意して、アクセスしてみてくださいね。詳しくは私の著書『「不安なのにな~んにもしてない」女子のお金入門』でもご紹介しています。

老後資金の準備はiDeCoが断然おトク!

undefined
Licensed by Getty Images

――次に、iDeCoですよね。これも最近よく聞く気がしますが、何のことやらさっぱり・・・。

個人型確定拠出年金、と聞くと難しそうに思えますが、意味は漢字そのまま。皆さんが加入している公的年金だけでなく、個人で確定した金額を積み立てて、将来年金として受け取る制度のことです。積み立てたお金は、定期預金や投資信託などで運用され、運用効果によって将来もらえる年金額が決まります

――ふーん、じゃあ普通に貯金しているよりも、利息で稼げるということですね!

実はそれだけではなくて、iDeCoが注目されているのは節税効果がとても大きいからなんです。所得や積み立てている金額にもよりますが、年間数万円も税金が控除されるんですよ! 60歳になるまでは引き出せない、という点は貯金よりも不便に感じるかもしれませんが、例えば5万円×約30年間と考えると、150万円もの金額を節約できることになりますよね。

――そんなに違ってくるんですね! でも60歳まで下ろせないなんて・・・想像がつきません。

でもNさんが最初に言っていた「不安」のひとつが老後資金なら、いずれにせよ働いているうちは使わず貯金していくお金が出てくるわけですよね。どうせ使わないでとっておくなら、節税できたほうがおトクだと思いませんか?

――確かに、貯金するだけだともったいないのかも。

節税って、お金を殖やすという意味では一番結果が出やすい方法なんです。株式などの投資のリターンは不確実性が高いけど、iDeCoの還付は見込んだ額が必ず返ってきます。60歳まで解約することはできませんが、前回ちらっとお話ししたように。積み立て金額を変えたり、休止したりすることはできるので、そんなに不安に思う必要はありません。堅実にお金を貯めていきたい人にとっては、本当にメリットが大きい制度なんです。

――運やセンスがなくても、誰でもお金を殖やせるっていうことなんですね。私はどれくらい節税できるのか、気になってきました・・・!

iDeCo公式サイトの「かんたん税制優遇シミュレーション」で、試算することができますよ! 具体的にこんなにおトク、ということがわかればやる気もアップすると思うので、ぜひやってみてくださいね。

NISAで投資の利益を最大限に!

undefined
Licensed by Getty Images

――最後に、NISAですよね。これも、節税になるんですか?

その通りです。Nさんは、投資ってどういうものか、なんとなくイメージがつきますか?

――えっと、株式や物件を、買ったときよりも高い値段で売って利益を出す・・・というイメージです。

ざっくり言えば、その通りですね。では、実はその投資の「利益」にも、税金がかかるということは知っていますか?

――そうなんですか!?

例えば株式投資で5万円の利益が出たら、20%に相当する1万円を税金として納めなくてはなりません

――けっこうな金額ですね。せっかく利益がでても、そんなに払わないといけないなんて・・・。

それを0円にしてくれるのが、NISAという制度なんです。株式や投資信託など、対象となる金融商品は限られていますが、投資初心者にとってはそれで十分。

――投資ですか・・・でも正直、まだ全然その段階じゃないというか。

前回お伝えしたとおり、これからはただ貯めておくだけでは資産が目減りしてしまう時代です。投資で「稼ごう」と思うと大変ですが、少しずつ利益を出すことによって自分の資産を「維持する」と思えば、やらないよりはやったほうがいいような気がしませんか? NISA(少額投資非課税制度)はその名の通り、少額の投資をする人にうれしい制度なので、使わない手はありません。

――投資ってお金がかかるイメージですが、少額投資、っていうのもアリなんですね。よく「つみたてNISA」という言葉を聞きますが、それは普通のNISAとは違うのですか?

NISAには「一般NISA」と「つみたてNISA」の2種類があります。前者は年間120万円までの購入金額に対する利益が5年間、後者は年間40万円までの購入金額に対する利益が20年間、非課税になります。
つまり、その都度金額を決めて、購入する金融商品を選んで投資したい人は「一般NISA」、定期的に積み立て投資信託などで少額を積み立てていきたい人には「つみたてNISA」が向いているといえます。

――投資初心者は、どっちを選べばよいのでしょう?

おすすめは「つみたてNISA」です。積み立て投資信託とは、毎月積み立てたお金をプロが運用してくれる仕組みのことで、株式投資のように自分で買いどきや売りどきを見極める必要がありません。毎月同じ額を積み立てると、価格が低いときには自動的にたくさんの金融商品を購入でき、価格が上がるとあまり購入できなくなるのはわかりますよね? これが、買いすぎや買い逃しの抑止力になるので、初心者でも利益を出しやすいんです。

――なるほど、そういう仕組みだったんですね。「つみたて」なら、貯金のような感覚で気軽にやれそうです。

もちろん、プロが運用しているとはいえ一時的に損失が出ることもあるんですよ。でも、価格が下がった時期にたくさん買えるということは、そのうち価格が上がったときにいっそう利益が大きくなる、ということ。長い目でみたときに利益を出しやすいのが投資信託の魅力で、その利益を最大限に享受するためにNISAを使うということになりますね。

――勉強になりました。まずはふるさと納税でお金への意識を高めて、iDeCoとNISAでトクしながら貯める・・・なんだかただ貯金しなきゃと思っていたときよりも、わくわくする気がします。

楽しい気がしてきたでしょう? この3つを知っておくことによって、これから10年後、30年後の人生が変わってきます。そのわくわくした気持ちが続いているうちに、早速始めてみてください。

⇒前回の記事はこちら!

*教えていただいたのは・・・

undefined
©GINGERweb

ファイナンシャルプランナー 荒木千秋先生

undefined
©GINGERweb

『「不安なのにな~んにもしてない」女子のお金入門』
荒木千秋 著/講談社

⇒Amazonで購入する
⇒楽天ブックスで購入する

元記事を読む
提供元: GINGERwebの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理