1. トップ
  2. <セブンルール>「やりたい仕事は全て続ける」つけ麺&クレープ店を両立する女性に密着!

<セブンルール>「やりたい仕事は全て続ける」つけ麺&クレープ店を両立する女性に密着!

  • 2019.6.11
  • 946 views
つけ麺&クレープ店の店主・矢野尚美さんのセブンルールに迫る!
(C)カンテレ

【写真を見る】店舗だけではなく、かわいらしいキッチンカーでもクレープを販売する矢野尚美さん

6月11日(火)放送の「セブンルール」(毎週火曜夜11:00-11:30、フジテレビ系)は、東京・新宿御苑にあるつけ麺専門店「小麦と肉 桃の木」と、クレープ店「たつろうカフェ」を経営する矢野尚美さん(36歳)に密着する。

つけ麺専門店「小麦と肉 桃の木」は、2月に開店したばかり。さらに、朝11時~昼2時というランチ時のわずか3時間のみの営業だが、近くで働く会社員からの人気は高い。

そんなつけ麺専門店は、閉店からわずか1時間後、クレープ店「たつろうカフェ」へと姿を変える。

「人や場所に縛られず働きたい」

【写真を見る】店舗だけではなく、かわいらしいキッチンカーでもクレープを販売する矢野尚美さん
(C)カンテレ

短大卒業後、夢だった飲食業界に就職した彼女。同僚との結婚・妊娠を機に退職するが、息子が1歳の時に離婚。

その後生活が苦しくなり、安定した職を探していた時、高校時代の友人の紹介でラーメン業界に足を踏み入れた。その後、わずか半年で店長に抜てきされるなど、周囲から期待されていたが、共に働いていた上司と再婚し、再び退職することに。

しかし、“働かない選択肢はない”と考え、母が洋菓子店を営んでいたことや、人や場所に縛られず働きたいという思いから、クレープの移動販売を始める。

「食べたことがない」YOU&本谷有希子がつけ麺を試食!

6月11日(火)放送「セブンルール」より
(C)カンテレ

クレープの移動販売が軌道に乗り始めた頃、かつて店長を務めていたラーメン店を買い取らないかという相談が舞い込む。

「やりたい仕事は全て続ける」という考えの下、彼女は店舗を買い取り、2月につけ麺店とクレープ店を同じ場所でオープンさせた。

週に5日は店舗で働き、定休日にはキッチンカーでクレープの移動販売を続けているため休みはない。それでも、自宅では中学2年生の息子と夫への気遣いも忘れない。今回は、そんな彼女のセブンルールに迫る。

6月11日(火)放送「セブンルール」より
(C)カンテレ

スタジオでは、YOUが「つけ麺を食べたことがない」と言い、本谷有希子の口からは「食べたいという気持ちがない」と、“つけ麺否定発言”が飛び出す。しかし、そこへ試食のつけ麺が登場。つけ麺を食べた本谷の反応を見たYOUや若林正恭が、一斉に本谷をいじり倒していく。(ザテレビジョン)

元記事で読む