1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 全室が富士山ビュー!河口湖の魅力を全身で味わえる贅沢リゾート「ふふ 河口湖」

全室が富士山ビュー!河口湖の魅力を全身で味わえる贅沢リゾート「ふふ 河口湖」

  • 2019.6.11
  • 6271 views

まるで熱帯植物園のような緑あふれるロビーは、正面に泰然とそびえる富士山と対峙しています。河口湖の森と緩やかに溶け合ったリゾート「ふふ 河口湖」は、自然に寄り添った滞在が味わえます。

富士山が正面に見える景色のテラス
ロビー前のテラスは周囲の緑と一体に。正面には富士山が

このリゾートが産声を上げたのは2018年10月。館内に飾られた写真は、カメラマンの千房 輝(ちふさ こう)さんが、建設が始まる3年以上前から、この森の四季を通じて撮影したもの。

そして、バーのカウンターやベンチなどのケヤキ材、外壁や柱に組まれた石など、もともとはこの土地にあったものが、建物やインテリアに使われています。“木々や石はまたこの地に戻る”。このコンセプトのもと、森の木々や石たちは再び息を吹き込まれ、ふふ 河口湖で生かされています。

熱帯植物園のようなテラス
ロビーはまるで熱帯植物園のよう。かつてこの地に生えていたケヤキの木が形を変えて再生されています
一枚板のカウンターがあるロビー
バーの一枚板のカウンターもケヤキ材。富士山の銘水を使った水割りが人気です

すべての部屋に暖炉と天然温泉、そして富士山ビュー!

ロビーのあるメイン棟から渡り廊下で結ばれた4階建ての宿泊棟に入ると、ほのかに森の香りに包まれます。シグネチャーフレグランスの“グリーンフォレスト”。この香りはバスアメニティーにも使われ、肌に優しいオーガニック素材は保湿力も高いと評判も上々です。

客室は6タイプ32ルーム、広さ60平方メートル以上(木漏れ日スタイリッシュスイートの場合 1泊¥91,800 税サ込、入湯税別)。すべての部屋が富士山ビューです。そして全室に富士山の溶岩を敷いた天然温泉の露天風呂を用意。

そして、“インテリアバルコニー”という、室内と仕切れるセミオープンなバルコニーに、自然に配慮した暖炉を設置。炎をぼんやり見つめながら、その先に霊峰富士を眺めることができるのです。

暖炉がセットされたテラス
各部屋の環境に配慮した暖炉をセット。食事の間にセットしてもらうこともOK

ちなみに、ベッドもシモンズ社との共同開発から生まれた、寝心地を追求したもの。起き上がったときに富士山を見るのにベストな高さなど、こだわりがちりばめられています。

ふふ ラグジュアリー プレミアスイート
最上階のコーナールーム「ふふ ラグジュアリー プレミアスイート」。隣の森との距離が近い!

ハイエンドのお部屋は「ふふ ラグジュアリー プレミアスイート」(1泊¥270,300 税サ込、入湯税別)。4階のコーナールームで広さは135平方メートル、大きな窓から森の息吹が感じられるロケーションにあります。

リビングを囲むようなL字型のバルコニーにはデイベッドに加え、ハンモックも設置。この部屋には天然温泉の露天風呂と、室内に溶岩を敷き詰めた岩盤浴があり、河口湖の恵みを全身で享受しているかのようです。

「ふふ ラグジュアリー プレミアスイート」のベッドルーム
「ふふ ラグジュアリー プレミアスイート」のベッドルーム
富士山の溶岩を使った天然温泉
富士山の溶岩を敷き詰めた天然温泉が全室に

この土地で生まれたものをとことん使い、味わう食

日本料理「山のは」も、溶岩を岩盤焼きに、薪を火力に使い、地元河口湖の食材を生かした、この土地の力を結集したお料理の数々を供します。

ある日の夕食では、ほろりとほぐれる「溶岩石焦がしバター醤油焼き 富士桜ポーク ベリーソース」や、薪で焼いた石でフランベする「山梨牛の香草焼き」、山梨県産の武川こしひかりを使用した「蟹と黄韮の釜焚き御飯」など、ひと皿ごとに思わず歓声が漏れてしまいます。

溶岩石焦がしバター醤油焼き 富士桜ポーク ベリーソース
溶岩石焦がしバター醤油焼き 富士桜ポーク ベリーソース
山梨牛の香草焼き
山梨牛の香草焼き
蟹と黄韮の釜焚き御飯
蟹と黄韮の釜焚き御飯

気持ちよく目覚めた翌日の朝食も、富士の銘水ゼリーの「おめざ」から、地元の老舗「せんだい屋」の納豆と豆腐のグラタン、武川米の炊き立ての麦飯にとろろ、地元野菜のおばんざいなどが、富士五湖を彷彿させるお皿の配置で並びます。富士五湖が目と舌で感じられ、もちろん美味。

焚火の揺らぎに、じんわりと癒される

リゾート前のガーデンで焚き火を行う様子
4つのブースが点在した、リゾート前のレストラン。焚火のリクエストもできます

サンセットを終えた後には、お待ちかねの焚火の時間。ロビー前のテラスのファイヤーピットに火が灯ります。月夜は湖に月光が反射し、富士山のシルエットがぼんやりと浮かび上がる日も。霊峰・富士の神秘的な姿に、心洗われるようです。

問い合わせ先

  • ふふ 河口湖
    TEL:0555-73-9573
  • 住所/山梨県南都留郡富士河口湖町河口字水口2211-1
元記事を読む