1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. ブラのハミ肉は「肩甲骨の位置」次第!タオル1枚でオバさん背中を解消する方法

ブラのハミ肉は「肩甲骨の位置」次第!タオル1枚でオバさん背中を解消する方法

  • 2019.6.8
  • 1849 views

ファッションが軽快になる季節。カットソーやTシャツを着ると、背中のもたつき、脇の下のはみ出し肉が気になる人も多いのではないでしょうか?これは太ったことが原因ではなく、肩甲骨のズレが大きく関与しています。

肩甲骨は筋肉にのっているものなので、実はしっかりと固定されておらず、宙ぶらりん状態。肩甲骨を寄せる筋肉「菱形筋(りょうけいきん)」の働きが弱いと肩甲骨は簡単に外にズレてしまうのです。そうすると背中や脇に余計な肉がたまり、もったりと丸くなる、ブラのハミ肉が起こる…ということに。

そこで「菱形筋」にアプローチして、肩甲骨を正しい位置に戻すのが村木さんのメソッドが有効。タオル1本で、もったりとしたおばさん背中がすっきりして、後ろ姿に自信が持てます!

村木宏衣さん
アンチエイジングデザイナー
((むらきひろい)大手ステティックサロン、整体院、美容医療クリニックでの勤務経験を経て、小顔、リフトアップ、むくみ、ボディメイキングなど女性の悩みに対して、独自の「村木式 整筋」美容メソッドを確立。現在は「クリニックF」内「Amazing♡ beauty」を開設。著書に『一生劣化せず今すぐ若返る 整筋・顔体大全』(日経BP社)など多数あり。

体験者:山本みらいさん
読者モデル(38歳・会社経営)
「肩甲骨をそれほど意識したことがなかったのですが、ここを動かすとすごく気持ちがよくて、背中のハリや肩こりまで解消できそう。タオルさえあれば簡単にできるので、ストレッチ感覚でこまめにやりたいですね」

肩甲骨を正しい位置に戻し、ブラのハミ肉を解消!すっきり美背中をつくるメソッド

■Step1:タオルを後ろ手に持ち、脇を締める

足は腰幅を開いて立ち、親指を内側にしてタオルを後ろ手で掴む。肘はしっかりと伸ばして、脇はしっかりと締めた状態を維持しましょう。

タオルを後ろ手に持った女性
脇を締めないと腕の力だけでやってしまうことになり、肩甲骨をしっかりと動かせないので、しっかりと意識しましょう。
■Step2:二の腕を返すようにして、肩甲骨を中央に寄せる

脇を締めたまま、内側に入った肩を開くように、二の腕を外側にグリンと返して肩甲骨を寄せる。これを20回繰り返す。

タオルを後ろ手に持った女性 二の腕を外旋させている
肩甲骨は、背骨から指3本くらい外側の位置が理想。この動作を行う際に、お腹は軽く凹ますようにして、引き締めておくこと。
タオルを後ろ手に持った女性を横から見た様子 二の腕を外旋させている
タオルのサポートがあることで、二の腕が外旋しやすくなり、意識しにくい「菱形筋」の動きを引き出して柔軟にします。

【まとめ|ブラのハミ肉を解消!すっきり美背中をつくるメソッド4か条】
1.太ったわけではないのに、ブラのハミ肉がきになるのは肩甲骨のズレが原因。
2.肩甲骨は主に筋肉が支えていて、いわば宙ぶらりん状態なので、外にズレやすいことを認識すべき。
3.肩甲骨を寄せる筋肉「菱形筋」を刺激して柔軟にすることで、肩甲骨が正しい位置に戻る。
4.タオルを使って行うことで、二の腕を外旋するストレッチがしやすくなり、菱形筋&肩甲骨をしっかりと動かせる。

以上、ブラのハミ肉を解消!すっきり美背中をつくるメソッドを教えていただきました。

セルフケアは続けることが大事。「誰でも簡単に効果テキメン」のアンチエイジングメソッドに限定して、毎週土曜日にテーマを変えてお届けします。

6月のテーマは、年齢とともにゆるんだフェイス&ボディの「引き締め」で、次回は6月15日の更新です。お楽しみに!

オリジナルサイトで読む