ヨックモック公認!夢の“シガール・ストロー”でドリンクを飲んでみた

バターを使った生地をクルッと巻いて焼き上げた棒状の焼き菓子「シガール」でお馴染みの洋菓子店「ヨックモック」が、設立50年を迎えた。それを記念した企画の一環として、“食べられるストロー”「シガール・ストロー」なるものを制作したという。そこで、気になる記者は、実際に「シガール・ストロー」を体験してきた!

【写真】「シガール・ストロー」でドリンクを飲む様子

“食べられるストロー”として新たに開発された「シガール・ストロー」付きドリンク
KADOKAWA

6月5日の「世界環境デー」に合わせ、ヨックモックは、運営する全ての飲食店の提供ストローを環境に優しい紙素材に一斉変更。そんななか、6月6日(木)から6月30日(日)までの期間、「ヨックモック青山本店 BLUE BRICK LOUNGE」(東京・港区)では、“食べられるストロー”として新たに開発した「シガール・ストロー」付きのドリンクメニューも用意する(各税込864円/アイスコーヒー、アイスティー、牛乳より1種チョイス ※各日限定数)。

子供の頃、シガールを食べながら誰しもが考えたであろう「シガールをストロー代わりにする」というこのアイデア。期待に胸を膨らませた記者は、早速、青山本店を訪れ、アイスコーヒーを選んでオーダーした。

「シガール・ストロー」は、ラングドシャ生地の内側にホワイトチョコレートがコーティングされていた。これについて開発担当者は、「通常のシガールは、空気を多く含んだ生地なので、非常に軽い食感なのが特徴なのですが、気泡があってなかなか飲み物を吸い上げることができないのです。ですので、飲み物を飲みやすくするためにホワイトチョコレートをコーティングしました」と説明。さらに、飲みやすさを考え、通常のシガールより、ほんの少し口径が大きい「シガール オゥ ショコラ」の生地を使用しているという。

「シガール・ストロー」の内側はホワイトチョコレートでコーティング
KADOKAWA

実際に「シガール・ストロー」を使ってみると、思ったより太めに感じ、普段使用しているストローとは異なる体験に、テンションはアップ!ホワイトチョココーティングのおかげでドリンクも飲めたが、お菓子のストローでドリンクを飲むことが新感覚で「友達や家族とワイワイ盛り上がりながら試してみたいな」と思えた。

水分を含むとどんどん柔らかくなってしまうため、ゆっくり会話に興じながら飲む…ということはできないが、それでも結構な耐久性。柔らかくなる前にちょっとかじってみたいという衝動に駆られ、それを我慢するのに苦労した(もちろん自分の好みのタイミングで食べてよい)。

ヨックモックの50周年記念スローガンは、「50年間の感謝を胸に、これからも私たちのお菓子にできること」。「ヨックモックのクッキーが気持ちに寄り添い、人と人とをつないできたように、これから先の50年もお菓子のチカラ、お菓子の可能性を信じ、皆さまに感謝し、おいしさと笑顔が共にある未来を創り続けます」と意気込みを語っている。今回の「シガール・ストロー」も、ユーザーの笑顔を引き出す素敵なツールになるのではないだろうか。(東京ウォーカー(全国版)・Raira)

元記事を読む
提供元: ウォーカープラスの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。