佐藤栞のAKB48卒業に「どこに行っても成功する」と鈴木拓が太鼓判【しおり様&拓ちゃん対談・後編】

鈴木拓と佐藤栞に「エイトポーズ」をリクエストするも、鈴木は逆の手でお金のポーズも取ってしまう
KADOKAWA

【写真を見る】「―バッチこーい!」最後の収録を終えた佐藤栞をメンバーたちが囲んで記念撮影

AKB48を卒業するチーム8新潟県代表(チームB兼任)の佐藤栞が、チーム8関東メンバーによる番組「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」(毎月2回日曜夜11:30-0:00、チバテレ)も6月9日(日)の放送を最後に卒業する。

「しおり様」と呼ぶMC・鈴木拓(ドランクドラゴン)からのえこひいきなど、二人の息の合った連係は番組を盛り上げる一つの柱にもなっていた。

「―バッチこーい!」最終収録直後に実施した佐藤と鈴木による対談の後編は、佐藤のAKB48卒業後について語り合ってもらった。“社会人の先輩”鈴木が送る最後のメッセージとは?

【前編から続く】

コミュニケーション能力が高い

――卒業後のことは?

佐藤:何も決めてないですね。「芸能界(での活動)はしない」って言っちゃっていますけど…。

鈴木:え~もったいない。

佐藤:ははは(笑)。

鈴木:こんな言い方をするとあれですけど、うち(人力舎)のアンジャッシュの渡部(建)さんがやっていそうな土曜昼あたりの番組(「王様のブランチ」TBS系)に出れば、すぐにパーンっていきそうですけどね。

――あちらの番組には佐藤栞里さんがいるので(笑)。

佐藤:でも、(芸能界でも)ご縁があれば何かとは思いますが。

出演予定のなかった佐藤栞は一日ADとして雑用をこなしたが、鈴木拓はこの日のお立ち台メンバー(最も活躍したと思われるメンバー)に佐藤を選んでしまう(2018年3月4日放送)
KADOKAWA

鈴木:せっかくこの世界にいるんですから。歩合制だったらお金になりますしね。ぜひ、続けた方が。でも、本当にどこに行っても成功する人だと思うんですよね。

佐藤:それ、いろんな人に言われるんですよ。ファンの人からも、どの大人の方と話をしても言われるんです。本当にうれしい。

鈴木:どこに行っても、何をやっても成功すると思うんですよ。頭の回転の速さ、花もありますし、あとは人心掌握術。頭がいいだけじゃ駄目じゃないですか。IQが高くてもコミュニケーション能力が低かったりしたら無理。でも、コミュニケーション能力も高いですから。

佐藤:へ~うれしい。

鈴木:海外に行って英語を覚えても、それでも成功するでしょうし、本当にどこに行っても大丈夫だと思います。

卒業後のことは「何も決めてない」と言う佐藤栞
KADOKAWA

――これは自信になりますね。

佐藤:はい! “根拠のない自信”しかないですけど(笑)。

鈴木:ははは(笑)。

佐藤:でも、いろいろな自信を貼っていただいて、大コケしたら笑いものですね(笑)。頑張れそうです。

「これから視聴者として番組を見るのが楽しみ」という佐藤栞は「拓さんに全てお任せ」と期待した
KADOKAWA

視聴者として番組を見るのが楽しみ

――では、改めて鈴木さんから佐藤さんへメッセージをお願いします。

鈴木:そうですね、もうファンになっていますので。苦渋の決断だったと思います。年齢もまだお若いうちに卒業を決めたので、いろいろ悩んだんでしょうけど、僕らファンはついていくだけなので。

佐藤:ふふふ(笑)。

鈴木:あとは、何をやっても応援するということですよね。元々ポンコツぞろいの中で唯一秀でていたので、また違う形で大輪の花を咲かせていただきたいですね。どこに行っても花を咲かせられるでしょうから、次のステージでの美しさ、花の彩りとか、咲きっぷりというのをまた見られる日が楽しみです。

佐藤:ありがとうございます。(拓さんには)純粋に関東メンバーのこと、よろしくお願いしますということだけです。関東エリアって最初の頃は注目されていなくて、(チーム8の中でも)他のエリアの方が人気だったんですよ。(エリアで)9人って人数は多い方なんですけど、みんなで「やばいね」って話はしていたんです。

ここ数年でゆいゆい(小栗有以)がセンターになったり、りんちゃん(岡部麟)が選抜に入ったり、急成長して、「今一番勢いがあるエリアだよね」って言ってもらえるようになって。そんな中で番組を持たせていただいたのはすごく大きな出来事だったと思います。でも、(メンバーには)足りない部分もあるじゃないですか。

鈴木:そうですね、足りないもの“しか”ないですね(笑)。

【写真を見る】「―バッチこーい!」最後の収録を終えた佐藤栞をメンバーたちが囲んで記念撮影
KADOKAWA

佐藤:なので、アイドルとしては良くてもバラエティーとかに出ると違ってくると思うので、そこに関しては拓さんに全てお任せして、どうにかしていただいて。私がいなくなっても、また別の「KANTO白書」を作り出してくださると思うので。

鈴木:いえいえいえ。僕は一定の距離はしっかりと保とうと思っていますので。みんながうまく立ち回っていただければ。怖いですね、あのポンコツたちがどうするのかなって。

佐藤:でも、個性はありますよね?

鈴木:個性しかないですね。

佐藤:だから、いじりようによってはどうにでもなると思うし、面白いと思うので、そこにフォーカスしていただいたら、また輝く子もいると思うので。

鈴木:あの荒れ果てた…(笑)。

佐藤:そんな(笑)。でも、これから視聴者として番組を見るのが楽しみです。

――では、番組のファンへのメッセージもお願いします。

佐藤:本当に「バッチこーい!」を見ている方が多くて、遠くに住んでいる方でも握手会で千葉に来て「やっと見られた」という方もいるし、関心を持ってもらえている番組なんですね。番組を見て「好きになったよ」って方や興味を持ってくれた方もいたので、この番組のおかげでファンがどんどん増えたと言っても過言ではないです。

しかも、今までいたファンの方も(拓さんが作ってくださった)キャラに乗ってくれるんですよ。それを良いように盛って、拡散していただいて、良い連鎖が続いていって、本当にいい評判をたくさんいただいています。もう感謝しかないし、私が出なくなってもあり続けていただきたい番組だと思います。これからもぜひ応援してください。よろしくお願いします。

最後の収録を終えた佐藤栞は、他のメンバーが控室に戻った後にこの日観覧に訪れたファンにあいさつ
KADOKAWA

(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。