1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 「鉄道を楽しむ」鳴門市ドイツ館恒例イベント!徳島県鳴門市で「ドイツ館の鉄道会」開催

「鉄道を楽しむ」鳴門市ドイツ館恒例イベント!徳島県鳴門市で「ドイツ館の鉄道会」開催

  • 2019.6.6
  • 755 views

徳島県鳴門市の鳴門市ドイツ館で6月29日(土)・30日(日)の2日間、「第9回 ドイツ館の鉄道会」が開催される。

【写真を見る】大人も子どもも乗車可能な「こども鉄道」(写真は昨年の様子)

鉄道模型運転会の様子(写真は昨年)
写真は主催者提供

「鉄道を楽しむ」ことを目的とした、鳴門市ドイツ館の恒例イベント。1階大ホールには、鉄道友の会四国支部徳島サークルの協力の下、Nゲージ(レールの間隔が9ミリで、縮尺1/148~1/160のもの)や、HOゲージ(レールの間隔が16.5ミリで、縮尺1/87のもの)といった本格的な鉄道模型が登場し、「鉄道模型運転会」を実施する。

【写真を見る】大人も子どもも乗車可能な「こども鉄道」(写真は昨年の様子)
写真は主催者提供

担当者は「鉄道友の会 四国支部徳島サークルをはじめとした鉄道愛好団体の協力のもと、JR四国の車両など地域で親しまれる鉄道からドイツの車両まで、本格的な鉄道模型がたくさん登場します。また、実際に大人も乗れるミニ列車『こども鉄道』も運行します(無料)。ほかに連動イベントとして、2階企画展示室では『鉄道写真展~高徳本線無煙化後の50年』を開催(6月29日~7月21日・大人=400円、小中学生=100円)します。29日・30日の2日間は、『こども無料開放デー』のため、小中学生は無料でご覧いただけます。ぜひお気軽にお越しください」と来館を呼びかける。

鉄道ファンはもちろん子どもから大人まで楽しめるイベント。鉄道の楽しさを味わいに、ぜひ訪れよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

元記事を読む