開脚しやすくなる裏技ワーク|「関連部位」の刺激で体が変わる!?シリーズ⑤

undefined
Cover image by Photo by Shoko Matsuhashi

習慣的に内腿をストレッチしてみて!焦らずに毎日続けることが大切

開脚に必要なのは、腿の内側にある内転筋の柔軟性です。日常で脚を開く動作は少なく筋肉は使わないと硬くなるため、お風呂上りなど筋肉がほぐれているときに開脚を習慣的に行うと徐々に柔らかくなります。即効性を求めて無理をすると股関節を痛めるので、焦らずに毎日続けることが大切。

今回ご紹介する龍村式メソッドは、足の薬指を刺激&手の親指・小指を開くワーク。開脚ポーズの前に行うと変化を実感でき、苦手意識を払拭できるはず。(鈴木伸枝先生)

足の薬指を刺激するワーク

やり方

1. 楽な姿勢で座り、片脚の膝を曲げて反対側の腿に乗せる。

裏技
Photo by Shoko Matsuhashi

2. 片手で足の甲を持って安定させ、薬指の爪の辺りを5~10回もみほぐす。次に薬指の根元を持って引っ張り、爪の辺りまで来たら大きく10回回し、逆回しも同様に。最後に、薬指の根元から指先まで引っ張る&パッと離すを3回行う。反対側の足も同様に行う。

裏技
Photo by Shoko Matsuhashi
動画で見てみよう

手の親指と小指を開くワーク

やり方

1.椅子の座面などに親指を置き、反対の手で小指を引っ張って広げる。呼吸を止めずに行うこと。

裏技
Photo by Shoko Matsuhashi

ワーク前後の変化は?

BEFORE

「開脚しようとすると左膝裏がこわばり、それ以上は怖くて開けず…」

裏技
Photo by Shoko Matsuhashi
AFTER

「脚を開いていく過程でいつも感じていた痛み、こわばりが消えました。『自分はこんなに柔らかかったんだ!』と嬉しくなりました」

裏技
Photo by Shoko Matsuhashi

即効性のあるワークなので、皆さんもぜひトライして柔軟性の変化を体感してみてください! ヨガクラス前の準備ワークとしてとりいれるのもおすすめですよ。

体の柔軟性を高めるには、『普段の心掛け』がとても大事。例えば、日頃から肩などに余計な力が入らないように意識してニュートラルな状態を維持しましょう。また、毎日ヨガの練習をするのが難しい人は、トイレに立ったときなどに前屈・後屈・側屈・ねじり・開脚の動作を行い、バランスよく体をストレッチする習慣を身に付けて。それが柔軟性を高める第一歩であり、何よりの近道です。(鈴木伸枝先生)

教えてくれたのは…鈴木伸枝さん
指導者養成の講師としても活躍し、1000人以上のインストラクターを輩出。講師育成や、全国のイベント出演、雑誌監修など、活動は多岐にわたる。鈴木伸枝パーソナルヨガスタジオ-Release Space-主宰。instagram@nobue.styleにてヨガの教えをポップな形で日々お届けする、「ヨガモジ365」を配信中。

photos by Shoko Matsuhashi
text by Ai kitabayashi

元記事を読む
提供元: Yoga Journal Onlineの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。